藤城清治の絵本

今年の4月には90歳になられる藤城清治さんですが、そのエネルギーは輝きを増すばかり。
光と影の魔術師として世界的に高く評価されている、藤城清治さんの美しい絵本をご紹介します!

  • 藤城清治が「絵本木馬」に連載していたお話が絵本になりました。
    捨て猫だったブーちゃんが拾われて、飼い主が変わったり、ほかの家に入り込んだり。波瀾万丈の人生が猫目線で描かれます。

    藤城清治/絵・文

  • 少年ジョバンニは、親友カンパネルラにさそわれて《銀河のお祭り》へ。銀河鉄道に乗ることになった少年たちはどこへむかう……。スケールの大きな、幻想世界の中で、美しくも、せつないストーリーが展開していきます。

    藤城清治/影絵
    宮沢賢治/原作

  • しまりすのぷっちんとあらいぐまのちゃっぷん。ぷっちんが作った気球に乗って、大空を大冒険。わくわく、どきどきがいっぱいつまった絵本です。

    藤城清治/絵
    舟崎克彦/文

  • 処女絵本として選んだアンデルセン童話を、オールカラーで、再絵本化。60年間の経験と技術のすべて込めたという本作は傑作の一語につきます。すべてのページのあらゆるディティールがみごとに生きています。
    ぶどう酒びんの旅が、人生の万感を醸し出す、光と影の一大交響曲。

    藤城清治/影絵
    H.C.アンデルセン/原作
    町田 仁/訳

  • いつの時代の、どこの国の話かはわからない。その日、場末のオリオン劇場には、入りきれないほどの観客がつめかけていた。だれも、かれも目的はただひとつ。魔人チカブーの芸、「マボロシの鳥」を見ること。ところが強欲支配人が客をつめこみすぎ、空気を入れようと天窓が開けてしまったせいで、マボロシの鳥は飛び去ってしまう……。新潮社より2010年に刊行された爆笑問題・太田光の短編小説集『マボロシの鳥』の表題作を、現代を代表する影絵作家、藤城清治が絵本化。ふたつのイマジネーションが共鳴しつつ高みへといたる、まさに奇跡のコラボレーション!

    藤城清治/影絵
    太田 光/原作・文

  • 藤城清治/影絵
    宮沢賢治/原作

    セロがうまく弾けないゴーシュの家に、ある晩、猫が演奏を頼みにきてからというもの、毎晩動物たちがやってきて……。藤城清治の影絵で賢治の世界を表現!

  • 藤城清治/影絵
    宮沢賢治/原作

    秋の風とともにやってきた転校生又三郎と少年たちのみずみずしい交流を描いた宮沢賢治の名作を、藤城清治の影絵が詩情豊かに表現。

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本