講談社の年齢で選ぶ知育絵本(えほん百科)

「これなあに?」から「どうして?」へ。年齢ごとに変化していく子どもの知識欲にきめ細かく対応します。

  • 「あそぼうよ」
    親子のふれあいがたいせつな時期。1歳児が発達していくのにかかせない内容を、楽しい写真とイラストで構成。
    ・内容例)いないいないばあ、手遊びうた(げんこつやまのたぬきさん他)、動物のうた、おおきい・ちいさい、など。

    子どもは、話しことばはたどたどしくとも、聞いて理解する力を、それとは別に、もっているものです。公園で見た犬と、本の中の犬を比べるなど、この本をひとつの材料として、いろいろなお話をしましょう。

  • 「これ、なあに?」
    飛躍的に言葉を獲得する年ごろ。「ものの名前と認識」を軸に、子どもの「これ、なあに?」にこたえる1冊。
    ・内容例)動物、乗り物、あいさつ、からだの名前、家族のよび名、食べ物、虫、花、色と形、トイレのおはなし、など。

    たくさんの疑問が、この百科から生まれるはずです。これらについて、大人の側からの説明もたいせつですが、それらを端緒にして、親子の対話が発展していくことをより、たいせつにしましょう。

  • 「ひとりで、できるよ」
    「集団生活への準備」を始めたい時期。基本的な社会常識、ルールを身につけることをめざし、「しつけ」のページを多数掲載。
    ・内容例)あいさつ、きがえ、はみがき、かたづけ、交通安全、はたらく乗り物、犬・猫のひみつ、あいうえお、数、など。

    3歳児は「これ、なあに?」「どうして?」が得意です。言語的説明が、ある程度理解できるようになるため、それを自分から要求するようになるからでしょう。この百科を利用して、「なに?なぜ?」をうまくひきだしてあげましょう。

  • 「なぜ?どうして?」
    「入学までに出会っておきたい知識」の集大成。この時期にめばえる「なぜ?どうして?」に十二分にこたえる1冊。
    ・内容例)英語、工作、行事、動物、植物、乗り物の図解、しりとり、まちがいさがし、めいろ、時計のよみ方、など。

    ものごとを考え、判断する能力もしだいに発達していきます。知的好奇心もいっそう深まり、文字や数の世界にも、それなりの関心をもちはじめます。ただ数えこむのではなく、それらのもつ本当の意味や役割に注目させたいものです。

  • なぜ節分には豆をまくの?
    なぜ七夕には短冊を笹に結ぶの?
    なぜ七五三は7歳、5歳、3歳なの?
    なぜおおみそかにとしこしそばを食べるの?
    行事の意味と由来を、お子さまといっしょに楽しく学べる絵本。

    こどもに「なぜ?」と問われて親が答えに困ることがよくあります。
    そんなときに、本書をお子さまとともにひもとき、「ああ、こんな意味がこめられていたのか」と楽しみながら理解して、お子さまに伝えてください。なにげなく行っている年中行事にも、実は子どもの成長を願う親の熱い思いや、家族の安全と健康、幸せを祈る気持ち、人間の知恵がこめられています。四季の美しい日本には、楽しい、そして豊かな文化と伝統行事があることを再認識し、ぜひ次の世代にそれを伝えたいものです。

おすすめの絵本

  • パンダ なりきりたいそう

    パンダ なりきりたいそう

    いりやまさとし/作

    「パンダなりきりたいそう はじめ!」
    何かになりきるのって、たのしい!
    さあ、絵本を見ながら、パンダといっしょに、おもいっきり体をうごかそう!

  • くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    講談社/編
    久保田 競/監

    巻頭口絵の100項目のチェックシートにしたがって、すこしずつトレーニングを積んでいきましょう。しぜんと手先が器用になり、脳がきたえられる一冊です。

  • もったいないばあさんかるた

    もったいないばあさんかるた

    真珠 まりこ/著

    生活の中のいろいろな「もったいない」を題材とした読み札・絵札46組。楽しく遊びながら、「もったいない」を感じる心が自然にそだちます。

  • 遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    シゲタ サヤカ/作・絵

    「あつぎで シロコロ 食べてみた」
    「いせはらの とうふのおいしさ つたえたい」
    神奈川県のジモト民ならおなじみのネタや意外な話題が盛りだくさん。横浜、川崎、相模原から三浦半島、湘南、箱根まで、ジモト自慢が満載です。神奈川県の地理を遊びながら学べる、ジモト愛100パーセントのかるた!

  • 決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    あきやま かぜさぶろう/作

    もののかたちをとらえ、○、△、□などかんたんな形をつかって、いろいろな絵が描ける、魔法のメソッドを1日10分でたのしもう!

  • くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    講談社/編
    久保田競・久保田カヨ子/監修

    直線や曲線、ジグザグ、らせんなどの線を書く「運筆」の訓練をつづけると、文字を書くときに、手指をやわららかく 思いどおりに動かせるようになります。 100のトレーニングを積んでいけば、しぜんと「ひらがな」を書けるようになり、脳がきたえられます。

  • どこ? もりの なかの さがしもの

    どこ? もりの なかの さがしもの

    山形 明美/作
    大畑 俊男/撮影

    1冊の本がつれていってくれたのは、不思議なさがしものの森。動物たちの歓迎会、妖精のピクニック、洞窟の先の奇妙な屋敷。さあ、さがして見つけて追いかけて!

季節の絵本