講談社の年齢で選ぶ知育絵本(えほん百科)

「これなあに?」から「どうして?」へ。年齢ごとに変化していく子どもの知識欲にきめ細かく対応します。

  • 「あそぼうよ」
    親子のふれあいがたいせつな時期。1歳児が発達していくのにかかせない内容を、楽しい写真とイラストで構成。
    ・内容例)いないいないばあ、手遊びうた(げんこつやまのたぬきさん他)、動物のうた、おおきい・ちいさい、など。

    子どもは、話しことばはたどたどしくとも、聞いて理解する力を、それとは別に、もっているものです。公園で見た犬と、本の中の犬を比べるなど、この本をひとつの材料として、いろいろなお話をしましょう。

  • 「これ、なあに?」
    飛躍的に言葉を獲得する年ごろ。「ものの名前と認識」を軸に、子どもの「これ、なあに?」にこたえる1冊。
    ・内容例)動物、乗り物、あいさつ、からだの名前、家族のよび名、食べ物、虫、花、色と形、トイレのおはなし、など。

    たくさんの疑問が、この百科から生まれるはずです。これらについて、大人の側からの説明もたいせつですが、それらを端緒にして、親子の対話が発展していくことをより、たいせつにしましょう。

  • 「ひとりで、できるよ」
    「集団生活への準備」を始めたい時期。基本的な社会常識、ルールを身につけることをめざし、「しつけ」のページを多数掲載。
    ・内容例)あいさつ、きがえ、はみがき、かたづけ、交通安全、はたらく乗り物、犬・猫のひみつ、あいうえお、数、など。

    3歳児は「これ、なあに?」「どうして?」が得意です。言語的説明が、ある程度理解できるようになるため、それを自分から要求するようになるからでしょう。この百科を利用して、「なに?なぜ?」をうまくひきだしてあげましょう。

  • 「なぜ?どうして?」
    「入学までに出会っておきたい知識」の集大成。この時期にめばえる「なぜ?どうして?」に十二分にこたえる1冊。
    ・内容例)英語、工作、行事、動物、植物、乗り物の図解、しりとり、まちがいさがし、めいろ、時計のよみ方、など。

    ものごとを考え、判断する能力もしだいに発達していきます。知的好奇心もいっそう深まり、文字や数の世界にも、それなりの関心をもちはじめます。ただ数えこむのではなく、それらのもつ本当の意味や役割に注目させたいものです。

  • 入学準備に、入学祝いに、入学後もずっと使える、知育絵本!
    小学校って、どんなところ?何をべんきょうするの?
    学校、学習への興味・意欲を深めるきっかけがいっぱいつまった絵本百科です。

  • なぜ節分には豆をまくの? なぜ七夕には短冊を笹に結ぶの? なぜ七五三は7歳、5歳、3歳なの? なぜおおみそかにとしこしそばを食べるの? 行事の意味と由来を、お子さまといっしょに楽しく学べる絵本。 こどもに「なぜ?」と問われて親が答えに困ることがよくあります。 そんなときに、本書をお子さまとともにひもとき、「ああ、こんな意味がこめられていたのか」と楽しみながら理解して、お子さまに伝えてください。なにげなく行っている年中行事にも、実は子どもの成長を願う親の熱い思いや、家族の安全と健康、幸せを祈る気持ち、人間の知恵がこめられています。四季の美しい日本には、楽しい、そして豊かな文化と伝統行事があることを再認識し、ぜひ次の世代にそれを伝えたいものです。

母の日・父の日におすすめの絵本

  • おかあちゃんがつくったる

    おかあちゃんがつくったる

    長谷川義史/作

    ぼくが欲しいものは、なんでもミシンで作ってしまうお母ちゃん。でも、ちょっとかっこわるい。ある日ぼくは……。すべての“おかあちゃん”と、その子どもたちへおくる温かい親子の物語。

  • てんごくの おとうちゃん

    てんごくの おとうちゃん

    長谷川義史/作

    天国のおとうちゃん、元気にしてますか。 幼いころに亡くした父との、少ないけれど大切な思い出。人気絵本作家、長谷川義史が描く、温かいユーモアで包み込まれた父と子の交流が、心にしみ渡る一冊です。

  • ずーっといっしょ

    ずーっといっしょ

    マリアン・クシマノ/文
    市川里美/絵
    森山 京/訳

    おおきな父親くまの、おおきな愛情につつまれて、のびのびと遊ぶ小さな子どもくまの一日のお話。何気ない日常のしあわせを気づかせてくれる、パパと一緒に読んでもらいたい絵本です!

あかちゃん絵本