『どこ? どうぶつたちと さがしもの』の読者の声

さがしたくなる! みつけたくなる! とまらなくなる!
家族みんなで遊べる山形明美の「どこ?」シリーズより、今回は『どこ? どうぶつたちと さがしもの』に寄せられたメッセージをご紹介します。

  • どうぶつたちがくらす、ふしぎなマンション。
    かんりにんは、ペンギンおやこ。

    音楽家のりす、料理人のうさぎ、絵描きのぞう……。
    マンションにはすてきなおへやばかり。
    さあ、さいごになにがおきるでしょう?

    山形明美/作

  • ワクワクしつつ、癒されます

    「どこ?」シリーズ大好きで、全てもってます。
    子供といっしょに楽しめて、とてもうれしいです。
    どのページもかわいくて、その時その時に「○○はどこにある?」etc見つけて親子で問題を出し合います。
    どの本もページを開くと不思議の国への扉を開くようで、ワクワクしつつ、癒されます。
    続編楽しみにしています
    (女性)

  • どうぶつはとにかく可愛い

    「どこ?」シリーズ全巻購入しており、(『どこ? どうぶつたちとさがしもの』と『どこ? めいろでさがしもの』はたまたま目にとまり購入)15才の息子の幼いころ~小学生と長い間、親子で楽しんできました。
    今回、赤ちゃんを授かり、また「どこ?」シリーズを見ながら育児にと思っています。
    ストーリーになっているのがとても気に入っています。
    どうぶつはとにかく可愛い。
    ステキな創作絵本、ありがとう!!
    (40代・女性)

  • みつけるのに夢中です

    どうぶつ好きの娘はとても「うれしい」とのコトです。
    また、最近は数を数えるのが楽しい時期だというコトもあり、1~10までをみつけるのに夢中です。
    30ページ(15見開き)とかなり多彩なページ構成で、どのページもジーっと見ているのが楽しいようです。
    私(母)も一緒にみつけたいのですが、一人で見たいらしく、「ママは大丈夫」と(笑)。
    字は読めないので、見るだけで良いのでしょう。
    シリーズの他の本も探して購入してみたいです。
    (3才の女の子のお母さん)

  • ずっと手元においておきたい本

    絵本の中の世界ひとつひとつがかわいらしい、そこが魅力。
    ずっと手元においておきたい本です。
    絵として飾っておきたいというのか。

    小物がもっともっとぎっしりつまっていたらもっと私好みですが、難度が増しますね、作り手も捜し手も。
    次回も楽しみにしています。
    (50代・女性)

  • 大人もいっしょに楽しめるのがいい

    子どもが数字に興味をもっていたので、数字探しはとても楽しそうでした。 大人もいっしょに楽しめるのがいいです。 のりものバージョンもあったらうれしいです。 (30代・男性)

  • とても楽しく子供と読んでます

    かわいらしく、とても楽しく子供と読んでます。 (40代・男性)

  • ミニチュアならではの世界観にひきこまれる

    毎回細かい所まで作りこまれていてみていてあきない。 また全ページに数・風船・『どこ?』の本があるなどのお楽しみつき。 まずはじっくりさがすか、ストーリーを楽しむか…。 ミニチュアならではの世界観にひきこまれる。 (女性)

  • 親から見ても楽しめる本だと思います

    プレゼントでいただいたのですが、その方のお孫さんが大好きだそうで、息子もまちがいさがしなどが大好きでとても喜んで見ています。 出てくる動物たちも可愛くて、親から見ても楽しめる本だと思います。 (30代・女性)

  • きょうみをもちながら見ていました

    子供が字をよみながら興味をもちながら見ていました。 (30代・男性)

  • 子供の想像力を広げてくれる本

    今は4冊持っています。他の本も今後購入予定です。 答えがのっておらず、自分でも○○はどこ?と考えられるので、子供の想像力を広げてくれる本です。 (30代・女性)

  • 何度もさがしてます!!

    「どこ?」シリーズを図書館でみつけかりてみると、4才と3才(当時2才)の子でもできるし、数字も覚えられるし、仲良くさがせたので大変気に入りました。 そのことを知った友人が、下の子の3才のおたんじょうびプレゼントにくれました。 とってもよろこんで、何度もさがしてます!! (4才の女の子のお母さん)

  • とてもみやすいです

    子供といっしょに、さがしっこしながら見られる絵本。 とても楽しく、1枚1枚丈夫な紙でできているのでとてもみやすいです。 (40代・女性)

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本