『はっきょい どーん』の読者の声

NHKの「あさイチ」でも、製作に取り組む著者が紹介され、注目を集めている、『はっきょい どーん』。
迫力ある画面構成で場所の臨場感もたっぷりのこの絵本に寄せられた、読者の方々からのおたよりをご紹介します。

  • はっきょい どーん

    講談社の創作絵本

    相撲の取り組みで優勝がかかった大一番。小兵の力士が大横綱の武留道山(ぶるどうざん)にいざ、勝負!

    やまもとななこ/作

  • 何回も読み聞かせをせがむほど気に入っています

    娘は始めてのごっこ遊びが相撲なくらいのお相撲好きです。
    明の海のかわいらしいお顔とはうらはらに、勝負事のひりつくような厳しさが描かれており、娘にはまだ難しいかな? と思いましたが、親の心配を余所に、娘は真剣な顔で絵本を眺め聞いています。
    一日に何回も読み聞かせをせがむほど気に入っています。
    (30代・女性)

  • 見合ったときの上からのアングルの絵が良かった

    白と黒そして赤のみの色使いが、迫力、真剣さをよく表せていた。
    見合ったときの上からのアングルの絵が良かった。
    土俵の円が見れた。
    どの絵もリアルですもう好きにとっては、かなり気に入りました。
    カラーも見てみたいかな。
    「あさイチ」でたまたま見て、絵本がほしかったので、発売されて手に取って見ることができ嬉しく思います。
    (30代・女性)

  • 感動をありがとう!

    まるで目の前で取り組みを見ているような気分になり、「明の海、頑張って」と声に出して応援したくなりました。
    顔の表情、手足の曲げ伸ばしの様子、まわしや髪が力闘の末、乱れかけた様子までリアルに描かれています。
    絵本を描く人は観察眼が鋭いのだな、と思いました。
    明の海、おめでとう!! 感動をありがとう!
    (50代・女性)

  • 何度も戦う姿に心ゆさぶられました

    明の海にとても感動した4才の息子!
    毎日湯上がりにパンツ一丁でお父さんと明の海ごっこを30分しています。
    「ぜったいに負けるもんか!!」と叫びながら何度も戦う姿に心ゆさぶられました。
    大相撲を絵本をかかえて見に行くのを楽しみにしています。
    (4才・男の子のお母さん)

  • 絵の流れに強弱があって好きです

    子供に読みきかせしやすく、絵の流れに強弱があって好きです。 (30代・女性)

  • 色づかいも良い

    子供から年寄までひき付ける何かがある。 色づかいも良い。 (70代・女性)

  • 強い力をいただきました

    大相撲の決まり手とか、禁じ手が解りやすくすごく勉強になった。 強い力をいただきました(ダイナミック)。 (70代・女性)

  • とっても楽しいです

    相撲好きなので、子供にも興味を持ってほしくて購入しました。 足がたわらにかかる! 等々、勝手に実況も付けて楽しんでいます。 子供(生後3ヶ月ですが)もじ~っと見てますよ~!! とっても楽しいです。 (30代・女性)

  • 表情もいい!

    相撲が好きで、テレビでよく観ています。 表情もいい! 「のこった のこった」って足が俵にのこっているページが感動です! (40代・女性)

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本