『ほしじいたけ ほしばあたけ』の読者の声

個性ゆたかに描かれたきのこたちの魅力満点の、ユーモアと驚きたっぷりの楽しいお話。
今回は、この作品によせられたお便りをご紹介します。

  • ほしじいたけ ほしばあたけ

    講談社の創作絵本

    タマゴタケやキヌガサダケ……いろいろなきのこが暮らすきのこ村は、いつもにぎやか。そんなみんなから敬愛されているのが、ほしじいたけと、ほしばあたけ。ある日、村の子どもが谷から落ちてしまい、それを聞いたほしじいたけは、体を張って助けようとするのですが……。

    石川基子/作

  • 最近一番のお気に入りです♪

    「ほししいたけ」を知っている子でも知らない子でも、大笑いしてしまうステキなユーモアたっぷりの絵本でした!
    小学校の読み聞かせでテッパンになりそうです。
    絵も丁寧で見やすくて、最近一番のお気に入りです♪
    (30代・女性)

  • 絵もすごくざんしんでカワイイ♪

    絵もすごくざんしんでカワイイ♪
    続きか、シリーズ化期待してます♪
    (20代・女性)

  • 本当にすてきでした!

    主人公が、お年寄り!
    ピンチの時には頼りになるスーパーマン!!
    それだけでも大満足なのに最後が元に戻れてヨカッタって、本当にすてきでした!!
    (50代・女性)

  • 年令を問わず楽しめそうです

    題材の扱い方がユニークなところがおもしろく、年令を問わず楽しめそうです。
    (60代・女性)

  • 森に生えているキノコのあざやかな色がとてもきれいでした

    山の樹木の色。 森に生えているキノコのあざやかな色がとてもきれいでした。 キノコの種類がこれほどあるんだなあとよくわかりました。 (50代・男性)

  • 久々に買った絵本でしたが良かったと思えた本でした

    幼稚園年少の4才女の子と年長の6才女の子、二人共孫ですが読んだら「又読んで」と何回も何回もせがまれ、二人に興味津々。 ほのぼのとした物語で久々に買った絵本でしたが良かったと思えた本でした。 (60代・女性)

  • イラストがかわいく、ストーリーが面白い

    イラストがかわいく、ストーリーが面白い。 じさまとばさまがかっこよく、70くらいの私の父も母もおもしろいと言って読んでいました。 (40代・男性)

  • 大人も子どもも楽しめる本

    大人も子どもも楽しめる本。 小学校の読み聞かせのボランティアで読んでみたら全員楽しんでくれた。 (40代・女性)

  • 何度も「よんで!」と持ってきます

    4歳の娘がとてもきにいっていて、何度も「よんで!」と持ってきます。 (自分一人のときもよんでいます) きのこたちの名前をおぼえて、中に出てくる小さい黄色のきのこも「かわいい」とおきにいりです。 (40代・女性)

  • とても素晴らしいと思いました

    帯にも多くの新人賞作品がのせられていて、いいなぁと思いました。 感想は、ぬれるのが嫌いなのに頑張る姿と、若返った姿がとても素晴らしいと思いました。 (30代・女性)

おすすめの絵本

  • パンダ なりきりたいそう

    パンダ なりきりたいそう

    いりやまさとし/作

    「パンダなりきりたいそう はじめ!」
    何かになりきるのって、たのしい!
    さあ、絵本を見ながら、パンダといっしょに、おもいっきり体をうごかそう!

  • くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    講談社/編
    久保田 競/監

    巻頭口絵の100項目のチェックシートにしたがって、すこしずつトレーニングを積んでいきましょう。しぜんと手先が器用になり、脳がきたえられる一冊です。

  • もったいないばあさんかるた

    もったいないばあさんかるた

    真珠 まりこ/著

    生活の中のいろいろな「もったいない」を題材とした読み札・絵札46組。楽しく遊びながら、「もったいない」を感じる心が自然にそだちます。

  • 遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    シゲタ サヤカ/作・絵

    「あつぎで シロコロ 食べてみた」
    「いせはらの とうふのおいしさ つたえたい」
    神奈川県のジモト民ならおなじみのネタや意外な話題が盛りだくさん。横浜、川崎、相模原から三浦半島、湘南、箱根まで、ジモト自慢が満載です。神奈川県の地理を遊びながら学べる、ジモト愛100パーセントのかるた!

  • 決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    あきやま かぜさぶろう/作

    もののかたちをとらえ、○、△、□などかんたんな形をつかって、いろいろな絵が描ける、魔法のメソッドを1日10分でたのしもう!

  • くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    講談社/編
    久保田競・久保田カヨ子/監修

    直線や曲線、ジグザグ、らせんなどの線を書く「運筆」の訓練をつづけると、文字を書くときに、手指をやわららかく 思いどおりに動かせるようになります。 100のトレーニングを積んでいけば、しぜんと「ひらがな」を書けるようになり、脳がきたえられます。

  • どこ? もりの なかの さがしもの

    どこ? もりの なかの さがしもの

    山形 明美/作
    大畑 俊男/撮影

    1冊の本がつれていってくれたのは、不思議なさがしものの森。動物たちの歓迎会、妖精のピクニック、洞窟の先の奇妙な屋敷。さあ、さがして見つけて追いかけて!

季節の絵本