『ほしじいたけ ほしばあたけ』の読者の声

個性ゆたかに描かれたきのこたちの魅力満点の、ユーモアと驚きたっぷりの楽しいお話。
今回は、この作品によせられたお便りをご紹介します。

  • ほしじいたけ ほしばあたけ

    講談社の創作絵本

    タマゴタケやキヌガサダケ……いろいろなきのこが暮らすきのこ村は、いつもにぎやか。そんなみんなから敬愛されているのが、ほしじいたけと、ほしばあたけ。ある日、村の子どもが谷から落ちてしまい、それを聞いたほしじいたけは、体を張って助けようとするのですが……。

    石川基子/作

  • 最近一番のお気に入りです♪

    「ほししいたけ」を知っている子でも知らない子でも、大笑いしてしまうステキなユーモアたっぷりの絵本でした!
    小学校の読み聞かせでテッパンになりそうです。
    絵も丁寧で見やすくて、最近一番のお気に入りです♪
    (30代・女性)

  • 絵もすごくざんしんでカワイイ♪

    絵もすごくざんしんでカワイイ♪
    続きか、シリーズ化期待してます♪
    (20代・女性)

  • 本当にすてきでした!

    主人公が、お年寄り!
    ピンチの時には頼りになるスーパーマン!!
    それだけでも大満足なのに最後が元に戻れてヨカッタって、本当にすてきでした!!
    (50代・女性)

  • 年令を問わず楽しめそうです

    題材の扱い方がユニークなところがおもしろく、年令を問わず楽しめそうです。
    (60代・女性)

  • 森に生えているキノコのあざやかな色がとてもきれいでした

    山の樹木の色。 森に生えているキノコのあざやかな色がとてもきれいでした。 キノコの種類がこれほどあるんだなあとよくわかりました。 (50代・男性)

  • 久々に買った絵本でしたが良かったと思えた本でした

    幼稚園年少の4才女の子と年長の6才女の子、二人共孫ですが読んだら「又読んで」と何回も何回もせがまれ、二人に興味津々。 ほのぼのとした物語で久々に買った絵本でしたが良かったと思えた本でした。 (60代・女性)

  • イラストがかわいく、ストーリーが面白い

    イラストがかわいく、ストーリーが面白い。 じさまとばさまがかっこよく、70くらいの私の父も母もおもしろいと言って読んでいました。 (40代・男性)

  • 大人も子どもも楽しめる本

    大人も子どもも楽しめる本。 小学校の読み聞かせのボランティアで読んでみたら全員楽しんでくれた。 (40代・女性)

  • 何度も「よんで!」と持ってきます

    4歳の娘がとてもきにいっていて、何度も「よんで!」と持ってきます。 (自分一人のときもよんでいます) きのこたちの名前をおぼえて、中に出てくる小さい黄色のきのこも「かわいい」とおきにいりです。 (40代・女性)

  • とても素晴らしいと思いました

    帯にも多くの新人賞作品がのせられていて、いいなぁと思いました。 感想は、ぬれるのが嫌いなのに頑張る姿と、若返った姿がとても素晴らしいと思いました。 (30代・女性)

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本