『ほしじいたけ ほしばあたけ』の読者の声

個性ゆたかに描かれたきのこたちの魅力満点の、ユーモアと驚きたっぷりの楽しいお話。
今回は、この作品によせられたお便りをご紹介します。

  • ほしじいたけ ほしばあたけ

    講談社の創作絵本

    タマゴタケやキヌガサダケ……いろいろなきのこが暮らすきのこ村は、いつもにぎやか。そんなみんなから敬愛されているのが、ほしじいたけと、ほしばあたけ。ある日、村の子どもが谷から落ちてしまい、それを聞いたほしじいたけは、体を張って助けようとするのですが……。

    石川基子/作

  • 最近一番のお気に入りです♪

    「ほししいたけ」を知っている子でも知らない子でも、大笑いしてしまうステキなユーモアたっぷりの絵本でした!
    小学校の読み聞かせでテッパンになりそうです。
    絵も丁寧で見やすくて、最近一番のお気に入りです♪
    (30代・女性)

  • 絵もすごくざんしんでカワイイ♪

    絵もすごくざんしんでカワイイ♪
    続きか、シリーズ化期待してます♪
    (20代・女性)

  • 本当にすてきでした!

    主人公が、お年寄り!
    ピンチの時には頼りになるスーパーマン!!
    それだけでも大満足なのに最後が元に戻れてヨカッタって、本当にすてきでした!!
    (50代・女性)

  • 年令を問わず楽しめそうです

    題材の扱い方がユニークなところがおもしろく、年令を問わず楽しめそうです。
    (60代・女性)

  • 森に生えているキノコのあざやかな色がとてもきれいでした

    山の樹木の色。 森に生えているキノコのあざやかな色がとてもきれいでした。 キノコの種類がこれほどあるんだなあとよくわかりました。 (50代・男性)

  • 久々に買った絵本でしたが良かったと思えた本でした

    幼稚園年少の4才女の子と年長の6才女の子、二人共孫ですが読んだら「又読んで」と何回も何回もせがまれ、二人に興味津々。 ほのぼのとした物語で久々に買った絵本でしたが良かったと思えた本でした。 (60代・女性)

  • イラストがかわいく、ストーリーが面白い

    イラストがかわいく、ストーリーが面白い。 じさまとばさまがかっこよく、70くらいの私の父も母もおもしろいと言って読んでいました。 (40代・男性)

  • 大人も子どもも楽しめる本

    大人も子どもも楽しめる本。 小学校の読み聞かせのボランティアで読んでみたら全員楽しんでくれた。 (40代・女性)

  • 何度も「よんで!」と持ってきます

    4歳の娘がとてもきにいっていて、何度も「よんで!」と持ってきます。 (自分一人のときもよんでいます) きのこたちの名前をおぼえて、中に出てくる小さい黄色のきのこも「かわいい」とおきにいりです。 (40代・女性)

  • とても素晴らしいと思いました

    帯にも多くの新人賞作品がのせられていて、いいなぁと思いました。 感想は、ぬれるのが嫌いなのに頑張る姿と、若返った姿がとても素晴らしいと思いました。 (30代・女性)

おやすみなさいの絵本

  • ゆうくんの くまパジャマ

    ゆうくんの くまパジャマ

    中谷靖彦/絵
    カザ敬子/作

    ある日、ゆうくんに、素敵な「くまパジャマ」が届きました。さっそく着がえたゆうくんは、「ぼく、くまだぞー」とおおはしゃぎ。ところが、その後、ゆうくんに不思議なことがおこります。心温まる、おやすみ絵本の新定番。

  • ねんねん どっち?

    ねんねん どっち?

    宮野聡子/作

    どっち? という楽しい質問につぎつぎ答えていくうちに、自然に眠りの世界へといざなっていきます。おやすみ前のひととき、「どっちあそび」で親子の豊かな時間をすごしませんか?

  • ねんね

    ねんね

    さこももみ/作

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

  • ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。親子の愛情を感じさせる一冊。手に取りやすいミニサイズの年少版もおすすめです。

  • 0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    前橋明/監修

    おふとんみたいに表紙がふわふわ! しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

  • おやすみなさいの おと

    おやすみなさいの おと

    いりやまさとし/作

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

  • おやすみ のらちゃん

    おやすみ のらちゃん

    よねづゆうすけ/作

    猫ののらちゃんは、そろそろねるじかん。 きがえは? トイレは? はみがきは? おやすみ前にぴったりの、とっておき仕掛け絵本。

あかちゃん絵本