『こちょこちょさん』の読者の声

親と赤ちゃんのスキンシップの楽しさと大切さを伝えたいという願いがこめられてた「あかちゃんえほん」シリーズの3作目。おててをテーマにこちょこちょと赤ちゃんをこちょがして遊ぶことができる絵本の読者のみなさまの声をご紹介します。

  • こちょこちょさん

    講談社の幼児えほん

    作者の子育て体験から生まれた、「あかちゃんとのあそびえほん」シリーズです。親とあかちゃんがスキンシップしながら楽しめます。

    おーなり由子/文 はたこうしろう/絵

  • 1日に何度も読んでほしいと持ってきます

    表紙がとてもかわいくて大好きです。息子は1日に何度も読んでほしいと私のところに「こちょこちょさん」を持ってきます。1歳の子のお気に入りの本です。親子共に楽しみな時間ができてうれしいです。
    (30代・女性)

  • 2才の子が大喜びでした

    2才5か月と0才3か月の子がいるので購入。優しい絵柄が特徴的で、内容もほんわかとしたもので大変良かったです。
    読みながらこちょこちょすると、2才の子が大喜びでした。
    (20代・女性)

  • 読みきかせと同時にスキンシップをはかれる仕組みになっているのが良いです

    大きさがコンパクトで持ち歩きやすく、文章が少ないので読むのも苦でなく、イラストもとてもあたたかみがあってかわいくて良い絵本だと思いました。
    2年前も産院で『ぶう ぶう ぶう』をいただきましたが、同じテイストで気に入っています。
    読みきかせと同時にスキンシップをはかれる仕組みになっているのが尚良いです。
    (30代・女性)

  • First Bookです!!

    “あかちゃんとのあそびえほん”という紹介に、絵本を開く前、ふと頭に浮かんだのが、“あかちゃんとのふれ合い=スキンシップ”です。シンプルな内容の中に、くり返されるあかちゃんとの楽しい時間が描かれていて、とっても気に入りました。現在妊娠8か月目。まだ見ぬあかちゃんですが、早くこの絵本を読んであげたい、こちょこちょしたいです。First Bookです!!
    (30代・女性)

  • くすぐってあげると声をだして喜んでいました

    この本を何度か読み聞かせているうちに“こちょこちょさん”を理解してきたみたいで、実際に手をひろげて「こちょこちょさんがきたぞーこちょこちょーー!」っとくすぐってあげると、「キャー!」と声をだして喜んでいました。 (30代・女性)

  • 表紙から笑顔で見て開いています

    絵など色も含めて子どもが大好きです! 表紙から笑顔で見て開いています。 (20代・女性)

  • 絵本はたくさん持っていましたが、出産祝いで頂き嬉しかったです

    絵がほんわか可愛いです。元保育士(幼稚園教諭)で絵本はたくさん持っていましたが、出産祝いで頂き嬉しかったです。 (30代・女性)

おすすめの絵本

  • ねんねん どっち?

    ねんねん どっち?

    宮野聡子/作

    どっち? という楽しい質問につぎつぎ答えていくうちに、自然に眠りの世界へといざなっていきます。おやすみ前のひととき、「どっちあそび」で親子の豊かな時間をすごしませんか?

  • ねんね

    ねんね

    さこももみ/作

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

  • ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。親子の愛情を感じさせる一冊。手に取りやすいミニサイズの年少版もおすすめです。

  • 0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    前橋明/監修

    おふとんみたいに表紙がふわふわ! しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

  • おやすみなさいの おと

    おやすみなさいの おと

    いりやまさとし/作

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

季節の絵本