『こちょこちょさん』の読者の声

親と赤ちゃんのスキンシップの楽しさと大切さを伝えたいという願いがこめられてた「あかちゃんえほん」シリーズの3作目。おててをテーマにこちょこちょと赤ちゃんをこちょがして遊ぶことができる絵本の読者のみなさまの声をご紹介します。

  • こちょこちょさん

    講談社の幼児えほん

    作者の子育て体験から生まれた、「あかちゃんとのあそびえほん」シリーズです。親とあかちゃんがスキンシップしながら楽しめます。

    おーなり由子/文 はたこうしろう/絵

  • 1日に何度も読んでほしいと持ってきます

    表紙がとてもかわいくて大好きです。息子は1日に何度も読んでほしいと私のところに「こちょこちょさん」を持ってきます。1歳の子のお気に入りの本です。親子共に楽しみな時間ができてうれしいです。
    (30代・女性)

  • 2才の子が大喜びでした

    2才5か月と0才3か月の子がいるので購入。優しい絵柄が特徴的で、内容もほんわかとしたもので大変良かったです。
    読みながらこちょこちょすると、2才の子が大喜びでした。
    (20代・女性)

  • 読みきかせと同時にスキンシップをはかれる仕組みになっているのが良いです

    大きさがコンパクトで持ち歩きやすく、文章が少ないので読むのも苦でなく、イラストもとてもあたたかみがあってかわいくて良い絵本だと思いました。
    2年前も産院で『ぶう ぶう ぶう』をいただきましたが、同じテイストで気に入っています。
    読みきかせと同時にスキンシップをはかれる仕組みになっているのが尚良いです。
    (30代・女性)

  • First Bookです!!

    “あかちゃんとのあそびえほん”という紹介に、絵本を開く前、ふと頭に浮かんだのが、“あかちゃんとのふれ合い=スキンシップ”です。シンプルな内容の中に、くり返されるあかちゃんとの楽しい時間が描かれていて、とっても気に入りました。現在妊娠8か月目。まだ見ぬあかちゃんですが、早くこの絵本を読んであげたい、こちょこちょしたいです。First Bookです!!
    (30代・女性)

  • くすぐってあげると声をだして喜んでいました

    この本を何度か読み聞かせているうちに“こちょこちょさん”を理解してきたみたいで、実際に手をひろげて「こちょこちょさんがきたぞーこちょこちょーー!」っとくすぐってあげると、「キャー!」と声をだして喜んでいました。 (30代・女性)

  • 表紙から笑顔で見て開いています

    絵など色も含めて子どもが大好きです! 表紙から笑顔で見て開いています。 (20代・女性)

  • 絵本はたくさん持っていましたが、出産祝いで頂き嬉しかったです

    絵がほんわか可愛いです。元保育士(幼稚園教諭)で絵本はたくさん持っていましたが、出産祝いで頂き嬉しかったです。 (30代・女性)

おすすめの絵本

  • たなばたまつり

    たなばたまつり

    松成 真理子/作

    願いは、きっとかなう
    七夕の夜、短冊に書かれた願いの言葉たちは、夜の空へとのぼっていって……。
    心あたたまる七夕のおはなし
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • おじいちゃんちの たうえ

    おじいちゃんちの たうえ

    作:さこ ももみ

    今日は「田植え」の日! 
    一家総出で行う田植えのようすと、春の田んぼの気持ちよさを描きます。

  • いちねんせいの1年間 さんかんびに おめでとう!

    いちねんせいの1年間 さんかんびに おめでとう!

    くすのき しげのり/作 つがね ちかこ/絵

    きょうは、初めての参観日。授業が始まる前、みんなドキドキして後ろを向いています。
    でも、あすかちゃんのお父さんはなかなか来てくれません。とうとう授業は始まってしまいました。お父さんは「参観に行けるかどうかは分からない」と言っていたけど……。期待と不安でいっぱいになりながら、何度も後ろを振り返るあすかちゃん。そのとき!

  • いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん!

    いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん!

    くすのき しげのり/作 宮澤ナツ/絵

    いつもは不安げな転校生のなみちゃん。でもプールの授業でのすばらしい泳ぎに、みんなはびっくり。夏を通したなみちゃんの成長物語。

  • いちねんせいの1年間 はしれ、ゴールの むこうまで!

    いちねんせいの1年間 はしれ、ゴールの むこうまで!

    くすのき しげのり/作 稲葉 卓也/絵

    小学校行事の運動会をテーマにした絵本です。走るのが苦手な主人公の男の子をエネルギッシュな校長先生が奮闘し、ゴールを走り抜ける爽快感を伝えます。

季節の絵本