『こちょこちょさん』の読者の声

親と赤ちゃんのスキンシップの楽しさと大切さを伝えたいという願いがこめられてた「あかちゃんえほん」シリーズの3作目。おててをテーマにこちょこちょと赤ちゃんをこちょがして遊ぶことができる絵本の読者のみなさまの声をご紹介します。

  • こちょこちょさん

    講談社の幼児えほん

    作者の子育て体験から生まれた、「あかちゃんとのあそびえほん」シリーズです。親とあかちゃんがスキンシップしながら楽しめます。

    おーなり由子/文 はたこうしろう/絵

  • 1日に何度も読んでほしいと持ってきます

    表紙がとてもかわいくて大好きです。息子は1日に何度も読んでほしいと私のところに「こちょこちょさん」を持ってきます。1歳の子のお気に入りの本です。親子共に楽しみな時間ができてうれしいです。
    (30代・女性)

  • 2才の子が大喜びでした

    2才5か月と0才3か月の子がいるので購入。優しい絵柄が特徴的で、内容もほんわかとしたもので大変良かったです。
    読みながらこちょこちょすると、2才の子が大喜びでした。
    (20代・女性)

  • 読みきかせと同時にスキンシップをはかれる仕組みになっているのが良いです

    大きさがコンパクトで持ち歩きやすく、文章が少ないので読むのも苦でなく、イラストもとてもあたたかみがあってかわいくて良い絵本だと思いました。
    2年前も産院で『ぶう ぶう ぶう』をいただきましたが、同じテイストで気に入っています。
    読みきかせと同時にスキンシップをはかれる仕組みになっているのが尚良いです。
    (30代・女性)

  • First Bookです!!

    “あかちゃんとのあそびえほん”という紹介に、絵本を開く前、ふと頭に浮かんだのが、“あかちゃんとのふれ合い=スキンシップ”です。シンプルな内容の中に、くり返されるあかちゃんとの楽しい時間が描かれていて、とっても気に入りました。現在妊娠8か月目。まだ見ぬあかちゃんですが、早くこの絵本を読んであげたい、こちょこちょしたいです。First Bookです!!
    (30代・女性)

  • くすぐってあげると声をだして喜んでいました

    この本を何度か読み聞かせているうちに“こちょこちょさん”を理解してきたみたいで、実際に手をひろげて「こちょこちょさんがきたぞーこちょこちょーー!」っとくすぐってあげると、「キャー!」と声をだして喜んでいました。 (30代・女性)

  • 表紙から笑顔で見て開いています

    絵など色も含めて子どもが大好きです! 表紙から笑顔で見て開いています。 (20代・女性)

  • 絵本はたくさん持っていましたが、出産祝いで頂き嬉しかったです

    絵がほんわか可愛いです。元保育士(幼稚園教諭)で絵本はたくさん持っていましたが、出産祝いで頂き嬉しかったです。 (30代・女性)

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

季節の絵本