『こちょこちょさん』の読者の声

親と赤ちゃんのスキンシップの楽しさと大切さを伝えたいという願いがこめられてた「あかちゃんえほん」シリーズの3作目。おててをテーマにこちょこちょと赤ちゃんをこちょがして遊ぶことができる絵本の読者のみなさまの声をご紹介します。

  • こちょこちょさん

    講談社の幼児えほん

    作者の子育て体験から生まれた、「あかちゃんとのあそびえほん」シリーズです。親とあかちゃんがスキンシップしながら楽しめます。

    おーなり由子/文 はたこうしろう/絵

  • 1日に何度も読んでほしいと持ってきます

    表紙がとてもかわいくて大好きです。息子は1日に何度も読んでほしいと私のところに「こちょこちょさん」を持ってきます。1歳の子のお気に入りの本です。親子共に楽しみな時間ができてうれしいです。
    (30代・女性)

  • 2才の子が大喜びでした

    2才5か月と0才3か月の子がいるので購入。優しい絵柄が特徴的で、内容もほんわかとしたもので大変良かったです。
    読みながらこちょこちょすると、2才の子が大喜びでした。
    (20代・女性)

  • 読みきかせと同時にスキンシップをはかれる仕組みになっているのが良いです

    大きさがコンパクトで持ち歩きやすく、文章が少ないので読むのも苦でなく、イラストもとてもあたたかみがあってかわいくて良い絵本だと思いました。
    2年前も産院で『ぶう ぶう ぶう』をいただきましたが、同じテイストで気に入っています。
    読みきかせと同時にスキンシップをはかれる仕組みになっているのが尚良いです。
    (30代・女性)

  • First Bookです!!

    “あかちゃんとのあそびえほん”という紹介に、絵本を開く前、ふと頭に浮かんだのが、“あかちゃんとのふれ合い=スキンシップ”です。シンプルな内容の中に、くり返されるあかちゃんとの楽しい時間が描かれていて、とっても気に入りました。現在妊娠8か月目。まだ見ぬあかちゃんですが、早くこの絵本を読んであげたい、こちょこちょしたいです。First Bookです!!
    (30代・女性)

  • くすぐってあげると声をだして喜んでいました

    この本を何度か読み聞かせているうちに“こちょこちょさん”を理解してきたみたいで、実際に手をひろげて「こちょこちょさんがきたぞーこちょこちょーー!」っとくすぐってあげると、「キャー!」と声をだして喜んでいました。 (30代・女性)

  • 表紙から笑顔で見て開いています

    絵など色も含めて子どもが大好きです! 表紙から笑顔で見て開いています。 (20代・女性)

  • 絵本はたくさん持っていましたが、出産祝いで頂き嬉しかったです

    絵がほんわか可愛いです。元保育士(幼稚園教諭)で絵本はたくさん持っていましたが、出産祝いで頂き嬉しかったです。 (30代・女性)

おすすめの絵本

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

季節の絵本