『パンダ なりきりたいそう』の読者の声

読みながら思わず体が動いてしまうと話題の絵本『パンダ なりきりたいそう』。
読み聞かせももりあがること間違いなしのこの絵本。読者のみなさまの声をご紹介します。

  • 「パンダなりきりたいそう はじめ!」
    何かになりきるのって、たのしい!
    さあ、絵本を見ながら、パンダといっしょに、おもいっきり体をうごかしましょう!

    いりやまさとし/作

  • 娘が一生懸命マネをして楽しく読んでおります

    パンダが大好きな娘のために買いました。1さいの娘が一生懸命パンダのたいそうのマネをして楽しく読んでおります。
    (1歳の女の子の親御さん)

  • お父さんもコレなら一緒にやってくれました!

    パンダ好きの娘のために。
    表紙で一目ぼれ! 中身も可愛くて親子で一緒に楽しめそうなので購入しました。
    まだ絵本と同じ動きはできませんが、マネっこしようとしている姿がかわいい♥
    さいごの「ぎゅっ!」でにっこり!
    絵本の読みきかせが得意じゃないお父さんも、これなら一緒にやってくれました!
    「たいそうの歌」作ってほしいです!!
    (30代・女性)

  • 癒やされる本です

    とにかく、パンダの動きが、とても可愛いです。
    ずっと見ていても飽きない、癒やされる本です。
    (20代・女性・幼稚園教諭)

  • 大人も子どもも楽しめるのでいい本だと思いました

    読んでみて、はまっていきました。
    おはなし隊の講座で『パンダともだちたいそう』の紹介を聞いて、本コーナーを見たらこの本があったので買いました。
    大人も子どもも、楽しめるので私的にとてもいい本だと思いました。
    (10歳・女の子)

  • 子どもたちと楽しく体操が出来そう

    体操の時間に(保育園)子どもたちと楽しく体操が出来そうでしたので買ってみました。 (40代・女性・保育士)

  • 孫にプレゼントしました

    1才の孫と一緒に読みたいと思い購入し、プレゼントしました。 (50代・女性)

  • 次が何になるのか、わくわくしました

    パンダがたいそうをすると、こんなふうになるんだ! と発見。 次が何になるのが、わくわくしました。 最後の赤ちゃんパンダがでてくるときは、一緒によいしょよいしょと応援をしていました。 仕事で、是非、子どもたちに読んであげたいです。 (50代・女性)

  • 大人も楽しめる

    子供に読むのに大人も楽しめる (20代・女性)

おすすめの絵本

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

  • おじいちゃんちの たうえ

    おじいちゃんちの たうえ

    作:さこ ももみ

    今日は「田植え」の日! 
    一家総出で行う田植えのようすと、春の田んぼの気持ちよさを描きます。

季節の絵本