『パンダ なりきりたいそう』の読者の声

読みながら思わず体が動いてしまうと話題の絵本『パンダ なりきりたいそう』。
読み聞かせももりあがること間違いなしのこの絵本。読者のみなさまの声をご紹介します。

  • 「パンダなりきりたいそう はじめ!」
    何かになりきるのって、たのしい!
    さあ、絵本を見ながら、パンダといっしょに、おもいっきり体をうごかしましょう!

    いりやまさとし/作

  • 娘が一生懸命マネをして楽しく読んでおります

    パンダが大好きな娘のために買いました。1さいの娘が一生懸命パンダのたいそうのマネをして楽しく読んでおります。
    (1歳の女の子の親御さん)

  • お父さんもコレなら一緒にやってくれました!

    パンダ好きの娘のために。
    表紙で一目ぼれ! 中身も可愛くて親子で一緒に楽しめそうなので購入しました。
    まだ絵本と同じ動きはできませんが、マネっこしようとしている姿がかわいい♥
    さいごの「ぎゅっ!」でにっこり!
    絵本の読みきかせが得意じゃないお父さんも、これなら一緒にやってくれました!
    「たいそうの歌」作ってほしいです!!
    (30代・女性)

  • 癒やされる本です

    とにかく、パンダの動きが、とても可愛いです。
    ずっと見ていても飽きない、癒やされる本です。
    (20代・女性・幼稚園教諭)

  • 大人も子どもも楽しめるのでいい本だと思いました

    読んでみて、はまっていきました。
    おはなし隊の講座で『パンダともだちたいそう』の紹介を聞いて、本コーナーを見たらこの本があったので買いました。
    大人も子どもも、楽しめるので私的にとてもいい本だと思いました。
    (10歳・女の子)

  • 子どもたちと楽しく体操が出来そう

    体操の時間に(保育園)子どもたちと楽しく体操が出来そうでしたので買ってみました。 (40代・女性・保育士)

  • 孫にプレゼントしました

    1才の孫と一緒に読みたいと思い購入し、プレゼントしました。 (50代・女性)

  • 次が何になるのか、わくわくしました

    パンダがたいそうをすると、こんなふうになるんだ! と発見。 次が何になるのが、わくわくしました。 最後の赤ちゃんパンダがでてくるときは、一緒によいしょよいしょと応援をしていました。 仕事で、是非、子どもたちに読んであげたいです。 (50代・女性)

  • 大人も楽しめる

    子供に読むのに大人も楽しめる (20代・女性)

たべものの絵本

  • うどん対ラーメン

    うどん対ラーメン

    田中六大/作

    日本人なら、誰もがなじみのある国民食の「うどん」と「ラーメン」。
    どちらがおいしいのか、ついに決着がつくのか、それともつかないのか!?
    「バカバカしさ」を骨の髄まで追求した、ユーモア絵本です。

  • いもいも ほりほり

    いもいも ほりほり

    西村敏雄/作

    秋の行楽のいちばん人気は、なんといっても、いもほり!
    「あの くも いもに みえるぞ~。」
    ぶたのきょうだいは、はりきっていもほりに出かけます。さあ、どんなおいもが ほれたかな?

  • もったいないばあさんの いただきます

    もったいないばあさんの いただきます

    真珠まりこ/作・絵

    好ききらいをしていたら、もったいないばあさんがやってきた。いろいろな食べ物の役割を、楽しく教えてくれるよ。

  • いただきますの おつきさま

    いただきますの おつきさま

    鈴木真実/作

    ある夜、お月さまが落ちてきた! たいへん、たいへん、とうさぎがみんなを集めて落ちたところに向かうと……。そこには大きな○○○が! あま~いにおいのする○○○につられて、うっかりみんなで食べてしまいました。今夜の月はどうなるの?

  • スープに なりました

    スープに なりました

    彦坂有紀・もりといずみ/作

    にんじんが、スープになりました。ごくん。
    じゃがいもが、とろんとろんのスープになりました。ごくごく。
    親子の食卓が楽しくなる、野菜とスープの、おいしい木版画絵本。

  • まないたに りょうりを あげないこと

    まないたに りょうりを あげないこと

    シゲタサヤカ/作

    「ぼく、このレストランの料理をたべてみたいな~」食いしんぼのまな板に、気のやさしいコックはこっそり料理をあげます。まな板がしゃべる楽しい絵本。

季節の絵本