『パン どうぞ』の読者の声

今、注目を集めている新進気鋭の木版画家・彦坂有紀と、もりといずみが、子どもたちが大好きなパンそれぞれの特徴を見事に版画で表現した、おいしい絵本です。

  • パン どうぞ

    講談社の創作絵本

    木版画は、その時の気温や湿度によって色ののり方が変わります。パンも、その日の気温や湿度によって膨らみが変わります。 木版画特有の色ムラをおさえてなめらかに摺ると、しっとりとしたバターロールが現れ、木目を強調して摺ると、かりかりのフランスパンができあがります。
    木版画が、ここまでパンを描くのに適しているとは、これまで誰が気づいたことでしょう。
    本物以上にパンらしく、美味しそうなパンのオンパレードです。
    編集担当(り)

    彦坂有紀/作
    もりといずみ/作

  • 1ページずつ大切に読みたくなる本

    「木版画」ということと、表紙のやさしい雰囲気が気に入って購入しました。
    ひとつひとつのパンが、シンプルなようでとても丁寧に愛らしく描かれていて、子どもと一緒に笑顔になれます。
    1ページずつ大切に読みたくなる本ですね。
    素敵な本をありがとうございます!!
    (30代・女性)

  • 素敵すぎる木版画に、一瞬で心奪われてしまいました

    書店で、まずタイトルと表紙に目が止まりました。
    シンプルな内容と、素敵すぎる木版画(最初は絵だと思っていましたが)に、一瞬で心奪われてしまいました。
    その時は購入するまでいたらなかったのですが、ずっと心に残って気になっていました。
    先日、旅行中に本屋で再び巡り合った時にもう買うしかないと購入しました。
    自分のために絵本を買ったのは初めてです。
    (30代・女性)

  • にこにこ、声をあげて笑ってくれます

    何とも言えない色合いであたたかなパンを見事に表現しているなと思いました。
    1・2歳向けにと思って購入したのですが、「パクッ!」のところでにこにこ、声をあげて笑ってくれます。
    (20代・女性)

  • リアルなパンの絵で、大人も楽しめる

    パン好きの2才の息子が、パンの絵を見て妹や私に食べるまねをしてみせて、いちばん好物のクリームパンのページになると思わずかぶりつくまねをして大興奮。
    リアルなパンの絵で、大人も楽しめ、最後のオチは……。
    その日の我が家の食卓には、これが登場しました。
    (20代・女性)

  • 素朴な絵で飾っても素敵

    パン屋を営んでいる弟夫婦にプレゼントしました。 お店の雰囲気に合う素朴な絵で飾っても素敵でした。 内容もシンプルで作者の方のパン好きさが伝わってきます。 (40代・女性)

  • 風合いがとてもキレイ

    風合いがとてもキレイでよくて子どものためというより自分のために買ってしまった。 本当にステキな本です。 (30代・女性)

  • いろんなパンがでてきて楽しい

    いろんなパンがでてきて楽しいのとふんわりした絵の感じが好きです。 1歳5ヶ月の娘とパクッ! と食べるマネをしながら読んでいます。 (30代・女性)

  • とても楽しい本ですね!!

    絵はシンプルで美しく、言葉はわかりやすく、リズムがあってとても楽しい本ですね!!  孫のためにまよいなく買い求めました。 (70代・女性)

  • やさしいタッチで分かりやすい内容

    娘はパンが大好きなのでやさしいタッチでわかりやすい内容のこの本はとても気に入りました。 作者の展覧会でこの本を知り、野菜や和菓子などほかの食べ物もステキに作られていたので、ぜひ第2弾も作っていただきたいです。 (20代・女性)

  • パクッパクパクが子どもに心地良い

    くりかえしのパクッパクパクが子どもに心地良かったようです。 (30代・女性)

  • 心が和む一冊です

    自分がパン好きであること、2歳息子と5歳娘もパン好きであること、表紙のパンの絵がとてもおいしそうだったことから、この本の購入を決めました。 息子の誕生日プレゼントに絵本を、と思い書店に出かけ購入。ふたりとも気に入り、「○○パン、どうぞ」と読むと、手を出して「あむ、あむ」と食べます。優しい絵とシンプルな言葉に心が和む一冊です。 (30代・女性)

  • 大人がわくわくしながらページをひらいています

    パンがおいしそうで、大人がわくわくしながらページを開いています。 まだパンのおいしさは知らない娘ですが、これから食べる楽しさ、本を読む楽しさを味わっていきたいです。 (30代・女性)

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本