『パン どうぞ』の読者の声

今、注目を集めている新進気鋭の木版画家・彦坂有紀と、もりといずみが、子どもたちが大好きなパンそれぞれの特徴を見事に版画で表現した、おいしい絵本です。

  • パン どうぞ

    講談社の創作絵本

    木版画は、その時の気温や湿度によって色ののり方が変わります。パンも、その日の気温や湿度によって膨らみが変わります。 木版画特有の色ムラをおさえてなめらかに摺ると、しっとりとしたバターロールが現れ、木目を強調して摺ると、かりかりのフランスパンができあがります。
    木版画が、ここまでパンを描くのに適しているとは、これまで誰が気づいたことでしょう。
    本物以上にパンらしく、美味しそうなパンのオンパレードです。
    編集担当(り)

    彦坂有紀/作
    もりといずみ/作

  • 1ページずつ大切に読みたくなる本

    「木版画」ということと、表紙のやさしい雰囲気が気に入って購入しました。
    ひとつひとつのパンが、シンプルなようでとても丁寧に愛らしく描かれていて、子どもと一緒に笑顔になれます。
    1ページずつ大切に読みたくなる本ですね。
    素敵な本をありがとうございます!!
    (30代・女性)

  • 素敵すぎる木版画に、一瞬で心奪われてしまいました

    書店で、まずタイトルと表紙に目が止まりました。
    シンプルな内容と、素敵すぎる木版画(最初は絵だと思っていましたが)に、一瞬で心奪われてしまいました。
    その時は購入するまでいたらなかったのですが、ずっと心に残って気になっていました。
    先日、旅行中に本屋で再び巡り合った時にもう買うしかないと購入しました。
    自分のために絵本を買ったのは初めてです。
    (30代・女性)

  • にこにこ、声をあげて笑ってくれます

    何とも言えない色合いであたたかなパンを見事に表現しているなと思いました。
    1・2歳向けにと思って購入したのですが、「パクッ!」のところでにこにこ、声をあげて笑ってくれます。
    (20代・女性)

  • リアルなパンの絵で、大人も楽しめる

    パン好きの2才の息子が、パンの絵を見て妹や私に食べるまねをしてみせて、いちばん好物のクリームパンのページになると思わずかぶりつくまねをして大興奮。
    リアルなパンの絵で、大人も楽しめ、最後のオチは……。
    その日の我が家の食卓には、これが登場しました。
    (20代・女性)

  • 素朴な絵で飾っても素敵

    パン屋を営んでいる弟夫婦にプレゼントしました。 お店の雰囲気に合う素朴な絵で飾っても素敵でした。 内容もシンプルで作者の方のパン好きさが伝わってきます。 (40代・女性)

  • 風合いがとてもキレイ

    風合いがとてもキレイでよくて子どものためというより自分のために買ってしまった。 本当にステキな本です。 (30代・女性)

  • いろんなパンがでてきて楽しい

    いろんなパンがでてきて楽しいのとふんわりした絵の感じが好きです。 1歳5ヶ月の娘とパクッ! と食べるマネをしながら読んでいます。 (30代・女性)

  • とても楽しい本ですね!!

    絵はシンプルで美しく、言葉はわかりやすく、リズムがあってとても楽しい本ですね!!  孫のためにまよいなく買い求めました。 (70代・女性)

  • やさしいタッチで分かりやすい内容

    娘はパンが大好きなのでやさしいタッチでわかりやすい内容のこの本はとても気に入りました。 作者の展覧会でこの本を知り、野菜や和菓子などほかの食べ物もステキに作られていたので、ぜひ第2弾も作っていただきたいです。 (20代・女性)

  • パクッパクパクが子どもに心地良い

    くりかえしのパクッパクパクが子どもに心地良かったようです。 (30代・女性)

  • 心が和む一冊です

    自分がパン好きであること、2歳息子と5歳娘もパン好きであること、表紙のパンの絵がとてもおいしそうだったことから、この本の購入を決めました。 息子の誕生日プレゼントに絵本を、と思い書店に出かけ購入。ふたりとも気に入り、「○○パン、どうぞ」と読むと、手を出して「あむ、あむ」と食べます。優しい絵とシンプルな言葉に心が和む一冊です。 (30代・女性)

  • 大人がわくわくしながらページをひらいています

    パンがおいしそうで、大人がわくわくしながらページを開いています。 まだパンのおいしさは知らない娘ですが、これから食べる楽しさ、本を読む楽しさを味わっていきたいです。 (30代・女性)

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本