『ピカゴロウ』の読者の声

第37回講談社絵本新人賞受賞作、『ピカゴロウ』。
空から落ちてきたカミナリ様のピカゴロウと、ひなちゃんが可愛らしくて印象に残るお話です。
今回は、この作品に届いたみなさまからのおたよりを、一部ご紹介いたします。

  • ひなちゃんの元に落ちて来た、小さなカミナリさまの「ピカゴロウ」。
    さあ、雲の上のおうちに帰れるかな?

    ひろただいさく ひろたみどり/作

  • 絵のタッチが優しくとても色使いが良い

    絵のタッチが優しくとても色使いが良く、好きです。
    (ピカゴロウが可愛くて好きとの事)
    ピカゴロウが雲の上から、ひなちゃんの家が見える街をのぞいている頁は、とても細かいところまで描かれて驚かされました(色々なお店や車両など)。
    雲を呼び寄せる時の、くもこい、くもこいとたいこをドドドンと鳴らす音が、リズムがあるので読んでいると喜んで聞いています。
    (2歳の女の子の親御さん)

  • 大人が見ても面白かった

    プレゼントで頂いたものでしたが、大人が見ても面白かったです。
    ひなちゃんの表情や、アングルと躍動感が絵本にない世界観がありました。
    お話も名前を考えてあげたり、一緒にくもを読んであげたりと、現実にはありえない話を子供がいかにもやりそうな事をまじえるだけで、ぐっと身近に感じられるお話でした。
    次のお二人の作品は、自分達で買いたいと思います。
    (30代・女性)

  • やりとりがとても可愛らしかった

    ひなちゃんとピカゴロウのやりとりが、とても可愛らしかったです。
    子供もお気に入りで、ひなちゃんのポーズのまねをしたり、「くもこいくもこい」の台詞を一緒に言っています。
    絵も細部までとても丁寧に描き込まれていて見応えがあります。
    (30代・女性)

  • 登場キャラがかわいい

    登場キャラがかわいいし、絵がていねいで大人が見ても絵を楽しめます。
    孫(6歳)用に購入しましたが、年齢的には少し大きいようですが、それでも全ページじっくり見ていました。
    同じようなキャラクターで、又、違うストーリーの絵本もいいように思いました。
    (60代・男性)

  • ひなちゃんの勇姿にひとめぼれ!

    「ちょっとまってて」 パンツ一丁で、ケロケロの風呂おけと棒タワシを持って「ふたりなら、できるもん」! と、すっくり立ったひなちゃんの勇姿にひとめぼれ! 気風がいいですねえー! 元気一杯の孫娘(3歳)に見せたくて図書館で借り、読んでやると大受け! さっそく購入しました! (50代・女性)

  • 言葉と文字の使い方もワクワクします

    絵本の読み聞かせの勉強をしています。書店で手にとり、絵と内容の素晴らしさに心がひかれました。 最後まで絵の温かさとそれにマッチした内容に感動しました。 黄色をベースにした色目が「ピカゴロウ」をイキイキとさせ、立体感のある絵本になっています。 「くもこい」の言葉と文字の使い方もワクワクします。 練習をして、ぜひ子供達の前で読み、たくさんの子供達に感動を与えたいと思っています。 有難うございました。 (女性)

  • 子供のお気に入りです

    子供のお気に入りです。 わかりやすくてにぎやかな、面白いお話でした。 (30代・男性)

  • かわいくてほのぼの~

    早速購入。画も文も内容もかわいくてほのぼの~ うちの子(3人)並んで「くもこいくもこいくもこいこ~い!」ってずっとやってます。 (3歳の女の子の親御さん)

おすすめの絵本

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

季節の絵本