『ピカゴロウ』の読者の声

第37回講談社絵本新人賞受賞作、『ピカゴロウ』。
空から落ちてきたカミナリ様のピカゴロウと、ひなちゃんが可愛らしくて印象に残るお話です。
今回は、この作品に届いたみなさまからのおたよりを、一部ご紹介いたします。

  • ひなちゃんの元に落ちて来た、小さなカミナリさまの「ピカゴロウ」。
    さあ、雲の上のおうちに帰れるかな?

    ひろただいさく ひろたみどり/作

  • 絵のタッチが優しくとても色使いが良い

    絵のタッチが優しくとても色使いが良く、好きです。
    (ピカゴロウが可愛くて好きとの事)
    ピカゴロウが雲の上から、ひなちゃんの家が見える街をのぞいている頁は、とても細かいところまで描かれて驚かされました(色々なお店や車両など)。
    雲を呼び寄せる時の、くもこい、くもこいとたいこをドドドンと鳴らす音が、リズムがあるので読んでいると喜んで聞いています。
    (2歳の女の子の親御さん)

  • 大人が見ても面白かった

    プレゼントで頂いたものでしたが、大人が見ても面白かったです。
    ひなちゃんの表情や、アングルと躍動感が絵本にない世界観がありました。
    お話も名前を考えてあげたり、一緒にくもを読んであげたりと、現実にはありえない話を子供がいかにもやりそうな事をまじえるだけで、ぐっと身近に感じられるお話でした。
    次のお二人の作品は、自分達で買いたいと思います。
    (30代・女性)

  • やりとりがとても可愛らしかった

    ひなちゃんとピカゴロウのやりとりが、とても可愛らしかったです。
    子供もお気に入りで、ひなちゃんのポーズのまねをしたり、「くもこいくもこい」の台詞を一緒に言っています。
    絵も細部までとても丁寧に描き込まれていて見応えがあります。
    (30代・女性)

  • 登場キャラがかわいい

    登場キャラがかわいいし、絵がていねいで大人が見ても絵を楽しめます。
    孫(6歳)用に購入しましたが、年齢的には少し大きいようですが、それでも全ページじっくり見ていました。
    同じようなキャラクターで、又、違うストーリーの絵本もいいように思いました。
    (60代・男性)

  • ひなちゃんの勇姿にひとめぼれ!

    「ちょっとまってて」 パンツ一丁で、ケロケロの風呂おけと棒タワシを持って「ふたりなら、できるもん」! と、すっくり立ったひなちゃんの勇姿にひとめぼれ! 気風がいいですねえー! 元気一杯の孫娘(3歳)に見せたくて図書館で借り、読んでやると大受け! さっそく購入しました! (50代・女性)

  • 言葉と文字の使い方もワクワクします

    絵本の読み聞かせの勉強をしています。書店で手にとり、絵と内容の素晴らしさに心がひかれました。 最後まで絵の温かさとそれにマッチした内容に感動しました。 黄色をベースにした色目が「ピカゴロウ」をイキイキとさせ、立体感のある絵本になっています。 「くもこい」の言葉と文字の使い方もワクワクします。 練習をして、ぜひ子供達の前で読み、たくさんの子供達に感動を与えたいと思っています。 有難うございました。 (女性)

  • 子供のお気に入りです

    子供のお気に入りです。 わかりやすくてにぎやかな、面白いお話でした。 (30代・男性)

  • かわいくてほのぼの~

    早速購入。画も文も内容もかわいくてほのぼの~ うちの子(3人)並んで「くもこいくもこいくもこいこ~い!」ってずっとやってます。 (3歳の女の子の親御さん)

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本