『講談社アニメ絵本 ルドルフとイッパイアッテナ』の読者の声

時を超え、児童文学の名作が帰ってきました。
映画も大好評公開中の、『ルドルフとイッパイアッテナ』。
早くも読者の方々から、メッセージが届いています。

  • 魚屋のおじさんに追われて飛び込んだ長距離トラックで、大都会東京に運ばれてしまった子猫のルドルフ。そこで出会ったのは、大きなボス猫・イッパイアッテナ。
    町でもっとも恐れられているイッパイアッテナは、ひとりぼっちのルドルフに、のら猫として生きていくすべを教えます。しかし、そのイッパイアッテナにもなにか秘密があるようで……。はたしてルドルフは大好きな飼い主の元に戻ることができるでしょうか!?

    斉藤洋/原作 
    小宮山みのり/構成、文

  • 真の友情からたくさんの事を学ばせてもらいました

    笑いあり、涙ありで久しぶりに感動する絵本に出会えました。
    ルドルフとイッパイアッテナの間に生まれた真の友情からたくさんの事を学ばせてもらいました。
    (4歳・女の子のお母さん)

  • 孫に読みきかせたい宝物

    児童文学の不朽の名作をうまくアニメ絵本にまとめられている。
    ぜひ、孫に読みきかせたい宝物になりました。
    映画も楽しみです。
    (60代・男性)

  • ものすごくいい物語

    ものすごくいい物語でした。
    学びざかりの子供たちにも向いていますし、私のような大人が読んでも学ばされるような、考えさせられるようなストーリーでとっても感動しました。
    (30代・女性)

  • 感動した

    イッパイアッテナが何も言わずルドルフにお肉を食べさせようと男らしさを見せたところとそれにこたえようとしたルドルフが感動した。
    (9歳・女の子)

  • えいがのないようがおもいだせていい

    えがたくさんあってえいがのないようがおもいだせていいです。 (9歳・男の子)

  • 映画も本もとても気に入っていました

    子供が映画をみて、たいへん感動し、本も読みたいと言ったので買いました。 映画も本も、とても気に入っていました。 (40代・女性)

  • キャラクターも個性豊かです

    ネコという身近な動物を題材にしてあり、ルドルフだけでなく他のキャラクターも個性豊かです。 ストーリーも光を求める楽しみがあり子どもにとってワクワクするようです。 (80代・女性)

  • イッパイアッテナといっしょにいるようになって楽しそう

    ルドルフがりえちゃんと会えてよかったけど また、イッパイアッテナといっしょにいるようになってたのしそう (10歳・女の子)

  • ルドルフがかっこよかった

    ルドルフとデビルが戦うところがあって その時のルドルフがかっこよかった。 (8歳・女の子)

  • 絵もとてもかわいく、読みやすかった

    絵もとてもかわいく、読みやすかった。 映画もみに行きたいと思った。 (7歳・男の子)

  • 読んでとてもよかった

    かわいくて、とてもおもしろくて、かわいそうな所もたくさんあったけど、 読んでとてもよかったです。 (9歳・女の子)

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

季節の絵本