『講談社アニメ絵本 ルドルフとイッパイアッテナ』の読者の声

時を超え、児童文学の名作が帰ってきました。
映画も大好評公開中の、『ルドルフとイッパイアッテナ』。
早くも読者の方々から、メッセージが届いています。

  • 魚屋のおじさんに追われて飛び込んだ長距離トラックで、大都会東京に運ばれてしまった子猫のルドルフ。そこで出会ったのは、大きなボス猫・イッパイアッテナ。
    町でもっとも恐れられているイッパイアッテナは、ひとりぼっちのルドルフに、のら猫として生きていくすべを教えます。しかし、そのイッパイアッテナにもなにか秘密があるようで……。はたしてルドルフは大好きな飼い主の元に戻ることができるでしょうか!?

    斉藤洋/原作 
    小宮山みのり/構成、文

  • 真の友情からたくさんの事を学ばせてもらいました

    笑いあり、涙ありで久しぶりに感動する絵本に出会えました。
    ルドルフとイッパイアッテナの間に生まれた真の友情からたくさんの事を学ばせてもらいました。
    (4歳・女の子のお母さん)

  • 孫に読みきかせたい宝物

    児童文学の不朽の名作をうまくアニメ絵本にまとめられている。
    ぜひ、孫に読みきかせたい宝物になりました。
    映画も楽しみです。
    (60代・男性)

  • ものすごくいい物語

    ものすごくいい物語でした。
    学びざかりの子供たちにも向いていますし、私のような大人が読んでも学ばされるような、考えさせられるようなストーリーでとっても感動しました。
    (30代・女性)

  • 感動した

    イッパイアッテナが何も言わずルドルフにお肉を食べさせようと男らしさを見せたところとそれにこたえようとしたルドルフが感動した。
    (9歳・女の子)

  • えいがのないようがおもいだせていい

    えがたくさんあってえいがのないようがおもいだせていいです。 (9歳・男の子)

  • 映画も本もとても気に入っていました

    子供が映画をみて、たいへん感動し、本も読みたいと言ったので買いました。 映画も本も、とても気に入っていました。 (40代・女性)

  • キャラクターも個性豊かです

    ネコという身近な動物を題材にしてあり、ルドルフだけでなく他のキャラクターも個性豊かです。 ストーリーも光を求める楽しみがあり子どもにとってワクワクするようです。 (80代・女性)

  • イッパイアッテナといっしょにいるようになって楽しそう

    ルドルフがりえちゃんと会えてよかったけど また、イッパイアッテナといっしょにいるようになってたのしそう (10歳・女の子)

  • ルドルフがかっこよかった

    ルドルフとデビルが戦うところがあって その時のルドルフがかっこよかった。 (8歳・女の子)

  • 絵もとてもかわいく、読みやすかった

    絵もとてもかわいく、読みやすかった。 映画もみに行きたいと思った。 (7歳・男の子)

  • 読んでとてもよかった

    かわいくて、とてもおもしろくて、かわいそうな所もたくさんあったけど、 読んでとてもよかったです。 (9歳・女の子)

お月さまの絵本

  • どこ? つきよの ばんの さがしもの

    どこ? つきよの ばんの さがしもの

    山形明美/作

    のびる階段、プールのキッチン、お月さまの動物園……。満月の夜、猫のクロを追って始まった、さがしものの旅。

  • おつきさま、こんばんは!

    おつきさま、こんばんは!

    市川里美/作

    人形たちから、おつきさまへのメッセージ。
    おつきさまのやさしい光で目覚めた人形たち。マトリョーシカ、日本人形、テディベア……それぞれが、おつきさまとの思い出を語りはじめます。月夜におくるお話。

  • まんまるいけのおつきみ

    まんまるいけのおつきみ

    かとうまふみ/作

    ぽんたにとって、はじめてのお月見は……。
    かめじいさんからお月見の話をきいて、なまずのぽんたは興味しんしん。でも、池にはふしぎな言い伝えがあって……。さて、どうしたら無事にお月見ができるかな?

  • いただきますの おつきさま

    いただきますの おつきさま

    鈴木真実/作

    ある夜、お月さまが落ちてきた! たいへん、たいへん、とうさぎがみんなを集めて落ちたところに向かうと……。そこには大きな○○○が! あま~いにおいのする○○○につられて、うっかりみんなで食べてしまいました。今夜の月はどうなるの?

  • おつきさんのぼうし

    おつきさんのぼうし

    高木さんご/文
    黒井健/絵

    きょうのおつきさんは、どのぼうし?
    ぼうしをほしがったおつきさんの「満ち欠け」のおはなし。

  • どーんちーんかーん

    どーんちーんかーん

    武田美穂/作

    キツネをからかった、やまぶしさん。とつぜん日が暮れて、空には怪しい月が輝きます。なにかおかしな夜。なにかおこりそうな晩……。

季節の絵本