『せんそうしない』の読者の声

2015年、戦後70年の年に刊行されたこの絵本は、谷川俊太郎の言葉で語られる戦争への思い、江頭路子の絵の透明な生命力が融合して、ひとつの世界観を作り出しています。
シンプルながら、戦争とはなにか、平和とはなにかについて考えさせられる内容に、多くの読者の皆様より反響をいただきましたので、その声をご紹介します。

  • ちょうちょと ちょうちょは せんそうしない
    きんぎょと きんぎょも せんそうしない
    くじらと くじらは せんそうしない
    まつのき かしのき せんそうしない

    谷川俊太郎×江頭路子。初のコラボレーション。人間の知恵はどこにあるのかを、静かに問いかける絵本です。

    谷川俊太郎/文 江頭路子/絵

  • 宝物の絵本にします

    谷川さんのシンプルだけど心に訴えかけられる言葉に、江頭さんの優しいけど意志の強さを感じる絵。
    とても自然にマッチしていて、より一層素晴らしく感じました。
    宝物の絵本にします。
    (20代・女性)

  • “未来”がどうなっていくのか…改めて考えさせられました

    “せんそうを はじめるのは にんげんだけ”“それも おとなだけ”ホントですね。
    8月に孫が生まれて“未来”がどうなっていくのか…改めて考えさせられました。
    (50代・女性)

  • 戦後70年、いろんな人の語る思いをきちんとうけとめたいです。

    「せんそう」が描かれているのは見開き2ページのみですが、そのおそろしさを強く感じました。戦後70年、いろいろな人の語る思いをきちんとうけとめたいです。
    (50代・女性)

  • こんな詩が世の中にうみだされた幸福に感謝

    ぽつり、ぽつりとした言葉なのに、なぜこんなに心動かされるのか?
    平易な言葉で、とくにむずかしいことを言っているのではないのに、どうしてこんなに重く迫ってくるのか? と思いました。
    谷川さんという方が存在して、こんな詩を書いて下さるのだから、もうそれだけでいいじゃないか。
    こんな詩が世の中にうみだされた幸福に、谷川さんという詩人がいて下さる奇跡に、私は感謝するだけでいいじゃないか、と思いました。
    (女性)

  • 子ども達に読み聞かせたい本の一冊になりました

    戦争……せんそう…… せんそうしないと言う言葉を小さな大切な子ども達に伝える素晴らしい本だと感じました。子ども達に読み聞かせたい本の一冊になりました。 (60代・女性)

  • 端的に短い言葉で真実を語る、すばらしいことです。

    端的に短い言葉で真実を語る、すばらしいことです。子供たちがわかってくれたらいいな!! また、えがしらみちこさんのほのぼのとした、挿絵が心に残ります。 (60代・女性)

  • すなおに私の中に入ってきます

    静かにわかりやすいことばで、語りかけてくる、やわらかくやさしい絵とことばが、とてもすなおに私の中に入ってきます。 (70代・女性)

  • 言葉少なく、静かに訴えかけるので満足

    言葉少なく、静かに訴えかけるので満足。小4と小2の孫に読ませたくて求めました。 (70代・女性)

  • 力強いメッセージが心の底深くしっかりと届きました

    こどものそれのような短い言葉、抑えの利いた絵の形と色、二つがぴったりと寄り添って力強いメッセージが心の底深くしっかりと届きました。繰り返し聞くたびに感じていることです。 (80代・男性)

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

季節の絵本