『せんそうしない』の読者の声

2015年、戦後70年の年に刊行されたこの絵本は、谷川俊太郎の言葉で語られる戦争への思い、江頭路子の絵の透明な生命力が融合して、ひとつの世界観を作り出しています。
シンプルながら、戦争とはなにか、平和とはなにかについて考えさせられる内容に、多くの読者の皆様より反響をいただきましたので、その声をご紹介します。

  • ちょうちょと ちょうちょは せんそうしない
    きんぎょと きんぎょも せんそうしない
    くじらと くじらは せんそうしない
    まつのき かしのき せんそうしない

    谷川俊太郎×江頭路子。初のコラボレーション。人間の知恵はどこにあるのかを、静かに問いかける絵本です。

    谷川俊太郎/文 江頭路子/絵

  • 宝物の絵本にします

    谷川さんのシンプルだけど心に訴えかけられる言葉に、江頭さんの優しいけど意志の強さを感じる絵。
    とても自然にマッチしていて、より一層素晴らしく感じました。
    宝物の絵本にします。
    (20代・女性)

  • “未来”がどうなっていくのか…改めて考えさせられました

    “せんそうを はじめるのは にんげんだけ”“それも おとなだけ”ホントですね。
    8月に孫が生まれて“未来”がどうなっていくのか…改めて考えさせられました。
    (50代・女性)

  • 戦後70年、いろんな人の語る思いをきちんとうけとめたいです。

    「せんそう」が描かれているのは見開き2ページのみですが、そのおそろしさを強く感じました。戦後70年、いろいろな人の語る思いをきちんとうけとめたいです。
    (50代・女性)

  • こんな詩が世の中にうみだされた幸福に感謝

    ぽつり、ぽつりとした言葉なのに、なぜこんなに心動かされるのか?
    平易な言葉で、とくにむずかしいことを言っているのではないのに、どうしてこんなに重く迫ってくるのか? と思いました。
    谷川さんという方が存在して、こんな詩を書いて下さるのだから、もうそれだけでいいじゃないか。
    こんな詩が世の中にうみだされた幸福に、谷川さんという詩人がいて下さる奇跡に、私は感謝するだけでいいじゃないか、と思いました。
    (女性)

  • 子ども達に読み聞かせたい本の一冊になりました

    戦争……せんそう…… せんそうしないと言う言葉を小さな大切な子ども達に伝える素晴らしい本だと感じました。子ども達に読み聞かせたい本の一冊になりました。 (60代・女性)

  • 端的に短い言葉で真実を語る、すばらしいことです。

    端的に短い言葉で真実を語る、すばらしいことです。子供たちがわかってくれたらいいな!! また、えがしらみちこさんのほのぼのとした、挿絵が心に残ります。 (60代・女性)

  • すなおに私の中に入ってきます

    静かにわかりやすいことばで、語りかけてくる、やわらかくやさしい絵とことばが、とてもすなおに私の中に入ってきます。 (70代・女性)

  • 言葉少なく、静かに訴えかけるので満足

    言葉少なく、静かに訴えかけるので満足。小4と小2の孫に読ませたくて求めました。 (70代・女性)

  • 力強いメッセージが心の底深くしっかりと届きました

    こどものそれのような短い言葉、抑えの利いた絵の形と色、二つがぴったりと寄り添って力強いメッセージが心の底深くしっかりと届きました。繰り返し聞くたびに感じていることです。 (80代・男性)

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本