『せんそうしない』の読者の声

2015年、戦後70年の年に刊行されたこの絵本は、谷川俊太郎の言葉で語られる戦争への思い、江頭路子の絵の透明な生命力が融合して、ひとつの世界観を作り出しています。
シンプルながら、戦争とはなにか、平和とはなにかについて考えさせられる内容に、多くの読者の皆様より反響をいただきましたので、その声をご紹介します。

  • ちょうちょと ちょうちょは せんそうしない
    きんぎょと きんぎょも せんそうしない
    くじらと くじらは せんそうしない
    まつのき かしのき せんそうしない

    谷川俊太郎×江頭路子。初のコラボレーション。人間の知恵はどこにあるのかを、静かに問いかける絵本です。

    谷川俊太郎/文 江頭路子/絵

  • 宝物の絵本にします

    谷川さんのシンプルだけど心に訴えかけられる言葉に、江頭さんの優しいけど意志の強さを感じる絵。
    とても自然にマッチしていて、より一層素晴らしく感じました。
    宝物の絵本にします。
    (20代・女性)

  • “未来”がどうなっていくのか…改めて考えさせられました

    “せんそうを はじめるのは にんげんだけ”“それも おとなだけ”ホントですね。
    8月に孫が生まれて“未来”がどうなっていくのか…改めて考えさせられました。
    (50代・女性)

  • 戦後70年、いろんな人の語る思いをきちんとうけとめたいです。

    「せんそう」が描かれているのは見開き2ページのみですが、そのおそろしさを強く感じました。戦後70年、いろいろな人の語る思いをきちんとうけとめたいです。
    (50代・女性)

  • こんな詩が世の中にうみだされた幸福に感謝

    ぽつり、ぽつりとした言葉なのに、なぜこんなに心動かされるのか?
    平易な言葉で、とくにむずかしいことを言っているのではないのに、どうしてこんなに重く迫ってくるのか? と思いました。
    谷川さんという方が存在して、こんな詩を書いて下さるのだから、もうそれだけでいいじゃないか。
    こんな詩が世の中にうみだされた幸福に、谷川さんという詩人がいて下さる奇跡に、私は感謝するだけでいいじゃないか、と思いました。
    (女性)

  • 子ども達に読み聞かせたい本の一冊になりました

    戦争……せんそう…… せんそうしないと言う言葉を小さな大切な子ども達に伝える素晴らしい本だと感じました。子ども達に読み聞かせたい本の一冊になりました。 (60代・女性)

  • 端的に短い言葉で真実を語る、すばらしいことです。

    端的に短い言葉で真実を語る、すばらしいことです。子供たちがわかってくれたらいいな!! また、えがしらみちこさんのほのぼのとした、挿絵が心に残ります。 (60代・女性)

  • すなおに私の中に入ってきます

    静かにわかりやすいことばで、語りかけてくる、やわらかくやさしい絵とことばが、とてもすなおに私の中に入ってきます。 (70代・女性)

  • 言葉少なく、静かに訴えかけるので満足

    言葉少なく、静かに訴えかけるので満足。小4と小2の孫に読ませたくて求めました。 (70代・女性)

  • 力強いメッセージが心の底深くしっかりと届きました

    こどものそれのような短い言葉、抑えの利いた絵の形と色、二つがぴったりと寄り添って力強いメッセージが心の底深くしっかりと届きました。繰り返し聞くたびに感じていることです。 (80代・男性)

母の日・父の日におすすめの絵本

  • おかあちゃんがつくったる

    おかあちゃんがつくったる

    長谷川義史/作

    ぼくが欲しいものは、なんでもミシンで作ってしまうお母ちゃん。でも、ちょっとかっこわるい。ある日ぼくは……。すべての“おかあちゃん”と、その子どもたちへおくる温かい親子の物語。

  • てんごくの おとうちゃん

    てんごくの おとうちゃん

    長谷川義史/作

    天国のおとうちゃん、元気にしてますか。 幼いころに亡くした父との、少ないけれど大切な思い出。人気絵本作家、長谷川義史が描く、温かいユーモアで包み込まれた父と子の交流が、心にしみ渡る一冊です。

  • ずーっといっしょ

    ずーっといっしょ

    マリアン・クシマノ/文
    市川里美/絵
    森山 京/訳

    おおきな父親くまの、おおきな愛情につつまれて、のびのびと遊ぶ小さな子どもくまの一日のお話。何気ない日常のしあわせを気づかせてくれる、パパと一緒に読んでもらいたい絵本です!

あかちゃん絵本