『せんそうしない』の読者の声

2015年、戦後70年の年に刊行されたこの絵本は、谷川俊太郎の言葉で語られる戦争への思い、江頭路子の絵の透明な生命力が融合して、ひとつの世界観を作り出しています。
シンプルながら、戦争とはなにか、平和とはなにかについて考えさせられる内容に、多くの読者の皆様より反響をいただきましたので、その声をご紹介します。

  • ちょうちょと ちょうちょは せんそうしない
    きんぎょと きんぎょも せんそうしない
    くじらと くじらは せんそうしない
    まつのき かしのき せんそうしない

    谷川俊太郎×江頭路子。初のコラボレーション。人間の知恵はどこにあるのかを、静かに問いかける絵本です。

    谷川俊太郎/文 江頭路子/絵

  • 宝物の絵本にします

    谷川さんのシンプルだけど心に訴えかけられる言葉に、江頭さんの優しいけど意志の強さを感じる絵。
    とても自然にマッチしていて、より一層素晴らしく感じました。
    宝物の絵本にします。
    (20代・女性)

  • “未来”がどうなっていくのか…改めて考えさせられました

    “せんそうを はじめるのは にんげんだけ”“それも おとなだけ”ホントですね。
    8月に孫が生まれて“未来”がどうなっていくのか…改めて考えさせられました。
    (50代・女性)

  • 戦後70年、いろんな人の語る思いをきちんとうけとめたいです。

    「せんそう」が描かれているのは見開き2ページのみですが、そのおそろしさを強く感じました。戦後70年、いろいろな人の語る思いをきちんとうけとめたいです。
    (50代・女性)

  • こんな詩が世の中にうみだされた幸福に感謝

    ぽつり、ぽつりとした言葉なのに、なぜこんなに心動かされるのか?
    平易な言葉で、とくにむずかしいことを言っているのではないのに、どうしてこんなに重く迫ってくるのか? と思いました。
    谷川さんという方が存在して、こんな詩を書いて下さるのだから、もうそれだけでいいじゃないか。
    こんな詩が世の中にうみだされた幸福に、谷川さんという詩人がいて下さる奇跡に、私は感謝するだけでいいじゃないか、と思いました。
    (女性)

  • 子ども達に読み聞かせたい本の一冊になりました

    戦争……せんそう…… せんそうしないと言う言葉を小さな大切な子ども達に伝える素晴らしい本だと感じました。子ども達に読み聞かせたい本の一冊になりました。 (60代・女性)

  • 端的に短い言葉で真実を語る、すばらしいことです。

    端的に短い言葉で真実を語る、すばらしいことです。子供たちがわかってくれたらいいな!! また、えがしらみちこさんのほのぼのとした、挿絵が心に残ります。 (60代・女性)

  • すなおに私の中に入ってきます

    静かにわかりやすいことばで、語りかけてくる、やわらかくやさしい絵とことばが、とてもすなおに私の中に入ってきます。 (70代・女性)

  • 言葉少なく、静かに訴えかけるので満足

    言葉少なく、静かに訴えかけるので満足。小4と小2の孫に読ませたくて求めました。 (70代・女性)

  • 力強いメッセージが心の底深くしっかりと届きました

    こどものそれのような短い言葉、抑えの利いた絵の形と色、二つがぴったりと寄り添って力強いメッセージが心の底深くしっかりと届きました。繰り返し聞くたびに感じていることです。 (80代・男性)

おすすめの絵本

  • どしゃぶり

    どしゃぶり

    おーなり 由子/文 はた こうしろう/絵

    どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

  • 新版 星空キャンプ

    新版 星空キャンプ

    村上 康成/作

    月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

  • ぼんちゃんのぼんやすみ

    ぼんちゃんのぼんやすみ

    あおき ひろえ/作

    子どもに伝えたい日本の風習
    ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • きもだめし

    きもだめし

    新井 洋行/作

    『きもだめし』は、その名の通り、夏の風物詩である肝試しがテーマの、縦開きのしかけ絵本です。
     不気味な日本人形の、おどろおどろしい肝試しへの案内から、本作は始まります。幽霊や、一つ目お化け、ろくろっくび、のっぺらぼうなど、定番のお化けや妖怪が次々に登場します。 おはなし会や、親子でドキドキしながら楽しめる1冊です。

  • ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    庄野 ナホコ/作

    マグロのおさしみに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。
    ある日、庭になったおおきなスイカで、ひともうけしてマグロのおさしみを食べようと、売りにでかけますが……。

季節の絵本