『うどん対ラーメン』の読者の声

読み終わったらめんが食べたくなる絵本、『うどん対ラーメン』。
美味しい必殺技の数々、そして気になる対決の行方は……?
楽しい要素が満載のこの絵本によせられた感想をご紹介します。

  • うどん対ラーメン

    講談社の創作絵本

    日本人なら、誰もがなじみのある国民食の「うどん」と「ラーメン」。
    どちらがおいしいのか、ついに決着!?
    骨の髄までバカバカしさを追求した、ユーモア絵本!

    田中六大/作

  • 手書きの擬音やセリフがおもしろい

    手書きの擬音やセリフがおもしろくて楽しく読ませていただきました。
    文字の大きさを変えたり、マンガのコマ割りみたいな部分があったり、細々とおもしろいです。
    最後に出てきたそばに「そばじい」というあだなが自然に浮かんできました(笑)。
    スパゲッティを食べるラストにずっこけましたが笑
    とても楽しい絵本でした。
    (かわいいうどんのファンになりました)
    (30代・女性)

  • 大好評です!

    ページをめくる度にくすっと笑えるところやそれぞれのだしや良いところが分かって面白かったです。
    最近は子どもが小学4年、2年になり、絵本を購入する機会が減った中、迷わず買ってしまい、子どもがふき出す顔を楽しみにしていました。
    大好評です!
    (30代・女性)

  • この表情すごい!

    田中六大さんの本、作品は初めて読ませていただきました。
    麺好きの私としてはうどんとラーメンどっちが好き? と聞かれてとても悩むことがありますので、この作品のテーマはとても親近感を感じ、まるで我が心の内の葛藤であるかのように読ませていただきました。
    彼らが互いに繰り出すワザの数々に、あーこれわかるわかる、とうなずきながら、ラーメンモンスターの登場にハラハラ、そしてうどんやのおやじさんのクールな登場には完全にノックアウト!
    この表情すごい! たまりません。それにフツーに感心するラーメンさんのひと言がスバラシイ。
    このページは、この本絶対に私のものにしたい! と思わせる決め手となりました。
    読み聞かせで読んだらこどもたち、どんな反応するだろう? とワクワクしました。
    新学期が楽しみです。
    それから天プラがうどんが、とても食べたいです。
    (40代・女性)

  • 発想がおもしろい

    発想がおもしろい。
    最後に仲良く食べているスパゲティの場面も“それもあり“かなと思ってしまいます。
    これからも楽しみにしています。
    (60代・女性)

  • 大人が読んでも絵が楽しい

    店頭で手に取ってパラパラめくったらおもしろくて、おわりまで読んでしまった。 孫(小学生高学年)の誕生日に購入しまして、孫は面白い本大好きなので、きっと喜ぶでしょう。 大人が読んでも絵が楽しくてまわし読みしました。 (60代・女性)

  • とにかくめんが食べたくなりました

    とにかくめんが食べたくなりました。 (30代・女性)

  • 子ども達の大好きな麺類をテーマにしていて面白い

    小1~小6の朝の読み聞かせをするために購入しました。 子ども達の大好きな麺類をテーマにしていて面白いと思いました。 子ども達が大きくなっても楽しめる絵本をたくさん待っています。 (40代・女性)

  • たまらず爆笑

    絵本コーナーで、たまらず爆笑。 はっとして辺りを見まわし、こそこそレジへ持ってゆきました。 一体何だ、この絵本!(笑) (20代・男性)

  • 創作絵本は子どもたちに人気

    学校で毎日読み聞かせをしています。 食べもの系のお話は、食育にもつながるので、楽しめる内容を今後も期待しています。 創作絵本は子どもたちに人気です。 (30代・女性)

おすすめの絵本

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

  • おじいちゃんちの たうえ

    おじいちゃんちの たうえ

    作:さこ ももみ

    今日は「田植え」の日! 
    一家総出で行う田植えのようすと、春の田んぼの気持ちよさを描きます。

季節の絵本