『うどん対ラーメン』の読者の声

読み終わったらめんが食べたくなる絵本、『うどん対ラーメン』。
美味しい必殺技の数々、そして気になる対決の行方は……?
楽しい要素が満載のこの絵本によせられた感想をご紹介します。

  • うどん対ラーメン

    講談社の創作絵本

    日本人なら、誰もがなじみのある国民食の「うどん」と「ラーメン」。
    どちらがおいしいのか、ついに決着!?
    骨の髄までバカバカしさを追求した、ユーモア絵本!

    田中六大/作

  • 手書きの擬音やセリフがおもしろい

    手書きの擬音やセリフがおもしろくて楽しく読ませていただきました。
    文字の大きさを変えたり、マンガのコマ割りみたいな部分があったり、細々とおもしろいです。
    最後に出てきたそばに「そばじい」というあだなが自然に浮かんできました(笑)。
    スパゲッティを食べるラストにずっこけましたが笑
    とても楽しい絵本でした。
    (かわいいうどんのファンになりました)
    (30代・女性)

  • 大好評です!

    ページをめくる度にくすっと笑えるところやそれぞれのだしや良いところが分かって面白かったです。
    最近は子どもが小学4年、2年になり、絵本を購入する機会が減った中、迷わず買ってしまい、子どもがふき出す顔を楽しみにしていました。
    大好評です!
    (30代・女性)

  • この表情すごい!

    田中六大さんの本、作品は初めて読ませていただきました。
    麺好きの私としてはうどんとラーメンどっちが好き? と聞かれてとても悩むことがありますので、この作品のテーマはとても親近感を感じ、まるで我が心の内の葛藤であるかのように読ませていただきました。
    彼らが互いに繰り出すワザの数々に、あーこれわかるわかる、とうなずきながら、ラーメンモンスターの登場にハラハラ、そしてうどんやのおやじさんのクールな登場には完全にノックアウト!
    この表情すごい! たまりません。それにフツーに感心するラーメンさんのひと言がスバラシイ。
    このページは、この本絶対に私のものにしたい! と思わせる決め手となりました。
    読み聞かせで読んだらこどもたち、どんな反応するだろう? とワクワクしました。
    新学期が楽しみです。
    それから天プラがうどんが、とても食べたいです。
    (40代・女性)

  • 発想がおもしろい

    発想がおもしろい。
    最後に仲良く食べているスパゲティの場面も“それもあり“かなと思ってしまいます。
    これからも楽しみにしています。
    (60代・女性)

  • 大人が読んでも絵が楽しい

    店頭で手に取ってパラパラめくったらおもしろくて、おわりまで読んでしまった。 孫(小学生高学年)の誕生日に購入しまして、孫は面白い本大好きなので、きっと喜ぶでしょう。 大人が読んでも絵が楽しくてまわし読みしました。 (60代・女性)

  • とにかくめんが食べたくなりました

    とにかくめんが食べたくなりました。 (30代・女性)

  • 子ども達の大好きな麺類をテーマにしていて面白い

    小1~小6の朝の読み聞かせをするために購入しました。 子ども達の大好きな麺類をテーマにしていて面白いと思いました。 子ども達が大きくなっても楽しめる絵本をたくさん待っています。 (40代・女性)

  • たまらず爆笑

    絵本コーナーで、たまらず爆笑。 はっとして辺りを見まわし、こそこそレジへ持ってゆきました。 一体何だ、この絵本!(笑) (20代・男性)

  • 創作絵本は子どもたちに人気

    学校で毎日読み聞かせをしています。 食べもの系のお話は、食育にもつながるので、楽しめる内容を今後も期待しています。 創作絵本は子どもたちに人気です。 (30代・女性)

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本