『うどん対ラーメン』の読者の声

読み終わったらめんが食べたくなる絵本、『うどん対ラーメン』。
美味しい必殺技の数々、そして気になる対決の行方は……?
楽しい要素が満載のこの絵本によせられた感想をご紹介します。

  • うどん対ラーメン

    講談社の創作絵本

    日本人なら、誰もがなじみのある国民食の「うどん」と「ラーメン」。
    どちらがおいしいのか、ついに決着!?
    骨の髄までバカバカしさを追求した、ユーモア絵本!

    田中六大/作

  • 手書きの擬音やセリフがおもしろい

    手書きの擬音やセリフがおもしろくて楽しく読ませていただきました。
    文字の大きさを変えたり、マンガのコマ割りみたいな部分があったり、細々とおもしろいです。
    最後に出てきたそばに「そばじい」というあだなが自然に浮かんできました(笑)。
    スパゲッティを食べるラストにずっこけましたが笑
    とても楽しい絵本でした。
    (かわいいうどんのファンになりました)
    (30代・女性)

  • 大好評です!

    ページをめくる度にくすっと笑えるところやそれぞれのだしや良いところが分かって面白かったです。
    最近は子どもが小学4年、2年になり、絵本を購入する機会が減った中、迷わず買ってしまい、子どもがふき出す顔を楽しみにしていました。
    大好評です!
    (30代・女性)

  • この表情すごい!

    田中六大さんの本、作品は初めて読ませていただきました。
    麺好きの私としてはうどんとラーメンどっちが好き? と聞かれてとても悩むことがありますので、この作品のテーマはとても親近感を感じ、まるで我が心の内の葛藤であるかのように読ませていただきました。
    彼らが互いに繰り出すワザの数々に、あーこれわかるわかる、とうなずきながら、ラーメンモンスターの登場にハラハラ、そしてうどんやのおやじさんのクールな登場には完全にノックアウト!
    この表情すごい! たまりません。それにフツーに感心するラーメンさんのひと言がスバラシイ。
    このページは、この本絶対に私のものにしたい! と思わせる決め手となりました。
    読み聞かせで読んだらこどもたち、どんな反応するだろう? とワクワクしました。
    新学期が楽しみです。
    それから天プラがうどんが、とても食べたいです。
    (40代・女性)

  • 発想がおもしろい

    発想がおもしろい。
    最後に仲良く食べているスパゲティの場面も“それもあり“かなと思ってしまいます。
    これからも楽しみにしています。
    (60代・女性)

  • 大人が読んでも絵が楽しい

    店頭で手に取ってパラパラめくったらおもしろくて、おわりまで読んでしまった。 孫(小学生高学年)の誕生日に購入しまして、孫は面白い本大好きなので、きっと喜ぶでしょう。 大人が読んでも絵が楽しくてまわし読みしました。 (60代・女性)

  • とにかくめんが食べたくなりました

    とにかくめんが食べたくなりました。 (30代・女性)

  • 子ども達の大好きな麺類をテーマにしていて面白い

    小1~小6の朝の読み聞かせをするために購入しました。 子ども達の大好きな麺類をテーマにしていて面白いと思いました。 子ども達が大きくなっても楽しめる絵本をたくさん待っています。 (40代・女性)

  • たまらず爆笑

    絵本コーナーで、たまらず爆笑。 はっとして辺りを見まわし、こそこそレジへ持ってゆきました。 一体何だ、この絵本!(笑) (20代・男性)

  • 創作絵本は子どもたちに人気

    学校で毎日読み聞かせをしています。 食べもの系のお話は、食育にもつながるので、楽しめる内容を今後も期待しています。 創作絵本は子どもたちに人気です。 (30代・女性)

おすすめの絵本

  • パンダ なりきりたいそう

    パンダ なりきりたいそう

    いりやまさとし/作

    「パンダなりきりたいそう はじめ!」
    何かになりきるのって、たのしい!
    さあ、絵本を見ながら、パンダといっしょに、おもいっきり体をうごかそう!

  • くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    講談社/編
    久保田 競/監

    巻頭口絵の100項目のチェックシートにしたがって、すこしずつトレーニングを積んでいきましょう。しぜんと手先が器用になり、脳がきたえられる一冊です。

  • もったいないばあさんかるた

    もったいないばあさんかるた

    真珠 まりこ/著

    生活の中のいろいろな「もったいない」を題材とした読み札・絵札46組。楽しく遊びながら、「もったいない」を感じる心が自然にそだちます。

  • 遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    シゲタ サヤカ/作・絵

    「あつぎで シロコロ 食べてみた」
    「いせはらの とうふのおいしさ つたえたい」
    神奈川県のジモト民ならおなじみのネタや意外な話題が盛りだくさん。横浜、川崎、相模原から三浦半島、湘南、箱根まで、ジモト自慢が満載です。神奈川県の地理を遊びながら学べる、ジモト愛100パーセントのかるた!

  • 決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    あきやま かぜさぶろう/作

    もののかたちをとらえ、○、△、□などかんたんな形をつかって、いろいろな絵が描ける、魔法のメソッドを1日10分でたのしもう!

  • くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    講談社/編
    久保田競・久保田カヨ子/監修

    直線や曲線、ジグザグ、らせんなどの線を書く「運筆」の訓練をつづけると、文字を書くときに、手指をやわららかく 思いどおりに動かせるようになります。 100のトレーニングを積んでいけば、しぜんと「ひらがな」を書けるようになり、脳がきたえられます。

  • どこ? もりの なかの さがしもの

    どこ? もりの なかの さがしもの

    山形 明美/作
    大畑 俊男/撮影

    1冊の本がつれていってくれたのは、不思議なさがしものの森。動物たちの歓迎会、妖精のピクニック、洞窟の先の奇妙な屋敷。さあ、さがして見つけて追いかけて!

季節の絵本