『ぼくだって ウルトラマン』の読者の声

よしながこうたくが描く、新たなウルトラマン! ウルトラマンに憧れ、地球に来たウルトラマンユウキだったが、実は、弱虫で……!?
ウルトラマン大好きの読者のみなさまから届いた声をご紹介します。

  • ぼくだって ウルトラマン

    講談社の創作絵本

    初代ウルトラマンのストーリーをベースに、絵本オリジナルのウルトラマンが活躍する絵本です。
    M78星雲に住んでいた子どもウルトラマン「ウルトラマンユウキ」が、地球で活躍するウルトラマンに憧れて、地球にやって来たのはいいものの、あまりの怪獣の恐ろしさにユウキは、隠れてこそこそしているばかり。
    そんなユウキと偶然出会った地球の少年「けんた」をはじめとする子どもたちは、ユウキを一人前のウルトラマンにしよう! と特訓に付き合うことにします……。

    よしながこうたく/作

  • 子供&主人が大変気に入っています

    絵のタッチや書名が気に入り購入。3歳の息子はとても気に入り毎日寝る前に見て、持って寝る程お気に入りです!!本当に感謝しています。
    (30代・女性)

  • ウルトラマンがでてくるのがよかった

    ウルトラマンがでてくるのがよかった。ウルトラマンがでてくるのをふやしてください。
    (8歳・男の子)

  • シリーズ化してほしい

    ウルトラマンユウキの健気な頑張りに癒やされました。「ぼくだって○○○」シリーズみたいにシリーズ化を望みます。
    (20代・女性)

  • ウルトラマン好きの息子は喜び、何度も何度も読まされました

    まずはチラシでおもしろそうな本がある!!と思い図書館で借りて読みました。ウルトラマン好きの息子は喜び、何度も何度も読まされました。2週間後、返却することを伝えると、目に一杯の涙をためて返却しないで!!と。仕方なく延長し、更に2週間借りました。すると、文字の読めない息子が暗唱を始めました。そんなに好きならと誕生日プレゼントに買いました。
    (3歳・男の子のお母さん)

  • 孫は目を輝かせてよろこんでくれています

    新聞記事で「ウルトラマンの読み聞かせが人気の絵本作家」を読んで、私もウルトラマン大、大、大好きな4才の孫のために読んであげたい! と、すぐに本屋さんへ走りました。私のヘタな読み聞かせにも、孫は目を輝かせてよろこんでくれてます。(よしながこうたくさんの読み聞かせ、私も聞いてみたいです。)もっと上手になりたい! (60代・主婦)

  • 続編期待します

    手の届かない、強くて立派なウルトラマンではなく、子ども達と同じように思い悩むウルトラマンユウキが自分に投影できるのか子ども達に人気です!! 続編期待します。 (30代・保育士)

  • 友達を守る、ウルトラマンに、涙が出ました

    やっぱりウルトラマンは感動するなと思いました。みんなで力を合わせて、勇気をふりしぼってたたかう。友達を守る、ウルトラマンに、涙が出ました。 (主婦)

  • とにかくおもしろいです

    とにかくおもしろいです。 (8歳・男の子)

  • よしながこうたく/作

    絵本オリジナルのウルトラマンが活躍する『ぼくだってウルトラマン』の続編です。なかなか強くなれない子どもウルトラマンのユウキ。そんなユウキを励ます子どもたちに、怪しい影が!?

おすすめの絵本

  • どしゃぶり

    どしゃぶり

    おーなり 由子/文 はた こうしろう/絵

    どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

  • 新版 星空キャンプ

    新版 星空キャンプ

    村上 康成/作

    月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

  • ぼんちゃんのぼんやすみ

    ぼんちゃんのぼんやすみ

    あおき ひろえ/作

    子どもに伝えたい日本の風習
    ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • きもだめし

    きもだめし

    新井 洋行/作

    『きもだめし』は、その名の通り、夏の風物詩である肝試しがテーマの、縦開きのしかけ絵本です。
     不気味な日本人形の、おどろおどろしい肝試しへの案内から、本作は始まります。幽霊や、一つ目お化け、ろくろっくび、のっぺらぼうなど、定番のお化けや妖怪が次々に登場します。 おはなし会や、親子でドキドキしながら楽しめる1冊です。

  • ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    庄野 ナホコ/作

    マグロのおさしみに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。
    ある日、庭になったおおきなスイカで、ひともうけしてマグロのおさしみを食べようと、売りにでかけますが……。

季節の絵本