『ぼくだって ウルトラマン』の読者の声

よしながこうたくが描く、新たなウルトラマン! ウルトラマンに憧れ、地球に来たウルトラマンユウキだったが、実は、弱虫で……!?
ウルトラマン大好きの読者のみなさまから届いた声をご紹介します。

  • ぼくだって ウルトラマン

    講談社の創作絵本

    初代ウルトラマンのストーリーをベースに、絵本オリジナルのウルトラマンが活躍する絵本です。
    M78星雲に住んでいた子どもウルトラマン「ウルトラマンユウキ」が、地球で活躍するウルトラマンに憧れて、地球にやって来たのはいいものの、あまりの怪獣の恐ろしさにユウキは、隠れてこそこそしているばかり。
    そんなユウキと偶然出会った地球の少年「けんた」をはじめとする子どもたちは、ユウキを一人前のウルトラマンにしよう! と特訓に付き合うことにします……。

    よしながこうたく/作

  • 子供&主人が大変気に入っています

    絵のタッチや書名が気に入り購入。3歳の息子はとても気に入り毎日寝る前に見て、持って寝る程お気に入りです!!本当に感謝しています。
    (30代・女性)

  • ウルトラマンがでてくるのがよかった

    ウルトラマンがでてくるのがよかった。ウルトラマンがでてくるのをふやしてください。
    (8歳・男の子)

  • シリーズ化してほしい

    ウルトラマンユウキの健気な頑張りに癒やされました。「ぼくだって○○○」シリーズみたいにシリーズ化を望みます。
    (20代・女性)

  • ウルトラマン好きの息子は喜び、何度も何度も読まされました

    まずはチラシでおもしろそうな本がある!!と思い図書館で借りて読みました。ウルトラマン好きの息子は喜び、何度も何度も読まされました。2週間後、返却することを伝えると、目に一杯の涙をためて返却しないで!!と。仕方なく延長し、更に2週間借りました。すると、文字の読めない息子が暗唱を始めました。そんなに好きならと誕生日プレゼントに買いました。
    (3歳・男の子のお母さん)

  • 孫は目を輝かせてよろこんでくれています

    新聞記事で「ウルトラマンの読み聞かせが人気の絵本作家」を読んで、私もウルトラマン大、大、大好きな4才の孫のために読んであげたい! と、すぐに本屋さんへ走りました。私のヘタな読み聞かせにも、孫は目を輝かせてよろこんでくれてます。(よしながこうたくさんの読み聞かせ、私も聞いてみたいです。)もっと上手になりたい! (60代・主婦)

  • 続編期待します

    手の届かない、強くて立派なウルトラマンではなく、子ども達と同じように思い悩むウルトラマンユウキが自分に投影できるのか子ども達に人気です!! 続編期待します。 (30代・保育士)

  • 友達を守る、ウルトラマンに、涙が出ました

    やっぱりウルトラマンは感動するなと思いました。みんなで力を合わせて、勇気をふりしぼってたたかう。友達を守る、ウルトラマンに、涙が出ました。 (主婦)

  • とにかくおもしろいです

    とにかくおもしろいです。 (8歳・男の子)

  • よしながこうたく/作

    絵本オリジナルのウルトラマンが活躍する『ぼくだってウルトラマン』の続編です。なかなか強くなれない子どもウルトラマンのユウキ。そんなユウキを励ます子どもたちに、怪しい影が!?

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本