100万回生きたねこ

更新情報

  • 作者プロフィール

    佐野洋子(さの ようこ)

    1938年、北京に生まれる。武蔵野美術大学デザイン科卒。1967年、ベルリン造形大学においてリトグラフを学ぶ。主な作品に『100万回生きたねこ』(講談社)、『おじさんのかさ』『おばけサーカス』(講談社・サンケイ児童出版文化賞推薦)、『すーちゃんとねこ』(こぐま社)、『わたしのぼうし』(ポプラ社・講談社出版文化賞絵本賞)、『だってだっての おばあさん』(フレーベル館)、『ねえ とうさん』(小学館・日本絵本賞/小学館児童出版文化賞)などの絵本や、童話『わたしが妹だったとき』(偕成社・新美南吉児童文学賞)、さらに『神も仏もありませぬ』(筑摩書房・小林秀雄賞)、『役にたたない日々』(朝日新聞出版)、『シズコさん』(新潮社)、『死ぬ気まんまん』(光文社)、『佐野洋子対談集 人生のきほん』(西原理恵子/リリー・フランキー 講談社) などのエッセイ、対談集も多数。2003年紫綬褒章受章、2008年巌谷小波文芸賞受賞。2010年、72歳で逝去。

  • 100万回生きたねこnew

     
    100万回生きたねこ

    講談社の創作絵本

    100万回生きたねこ

    佐野洋子

    これはひょっとすると大人のための絵本かもしれないが、真に大人のための絵本ならば、子供もまた楽しむことができよう。それが絵本というものの本質であるはずだ。そして『100万回生きたねこ』は、絵本の本質をとらえている。――週刊朝日書評より このとらねこ一代記が、何を風刺しているかなどと考えなくても、すごいバイタリティーをもって生き、かつ死んだ話をおもしろいと思ってみればよいと思う。上級から大人まで開いてみて、それぞれに受けとめられるふしぎなストーリーでもある。飼い主へのつながりが無視され、前半と後半が途切れているようで、みていくとつながってくるふしぎな構成である。――日本経済新聞「こどもの本」書評より 日本図書館協会選定図書/全国学校図書館協議会選定図書

  • 『100万回生きたねこ』のあゆみ

    ◆1977年  
    初版5000部で刊行。

    1980年代半ば頃より
    大人が自分のために、あるいは贈りものとして絵本を選ぶ、ということが一般的になる中で、大人の読者を増やし、「バレンタインデーの贈りもの」、「心に残る1冊」などのテーマのランキングに登場。結婚式の引き出物としても使われるようになる。

    ◆1996年
    『DORA〜100万回生きたねこ』のタイトルで、ミュージカル化 (出演/沢田研二、山瀬まみ他)。

    2000年
    TBSドラマ「恋の神様」に登場。
    この頃から新聞、テレビ、ラジオ等、さまざまな媒体で取り上げられるようになる。公共施設や教育現場での朗読、演劇などにも、さかんに活用されるようになる。

    2000年12月
    100万部を突破

    2004年
    神奈川県茅ヶ崎市立浜之郷小学校で、がんを宣告された校長先生・大瀬敏昭さんが「命の授業」で、教材に取り上げたことが話題となり、「生と死」を扱った絵本として、認識、注目されるようになる。
    現在までに 180万部を突破し、子どもから大人まで、あらゆる世代にさまざまに読まれ、愛され続けている。

    2007年
    刊行30周年

    2010年11月
    佐野洋子さん逝去

    2013年12月
    200万部を突破

    2013年12月
    「ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ」 公開

    2014年1月

    ミュージカル「100万回生きたねこ」(主演、森山未來(とらねこ)と満島ひかり(白いねこ))

    2014年11月
    電子書籍版を発売

    2015年2月
    版画で甦る絵本の世界 佐野洋子展

    2015年8月
    ミュージカル「100万回生きたねこ」(主演、成河(とらねこ)と深田恭子(白いねこ))




  • 佐野洋子の本

    エッセイ

  • 佐野洋子オフィシャルウェブサイト

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

絵本通信 Facebookページ