講談社絵本通信-講談社の絵本情報満載 毎月25日頃更新 twitter講談社BOOK倶楽部絵本が当たる!メルマガ登録はこちら
あたらしい本 最近でた本 今月のおすすめ 本をさがす
絵本新人賞 イベント情報 読み聞かせ 人気シリーズ
立ち読み 遊んでみよう 知育アルバム 連載
今月のおすすめ
「にじいろのさかな」
今月の新刊
ようちえんの おひめさま
ルッキオとフリフリ おおきなスイカ
ようちえんの おひめさま ルッキオとフリフリ おおきなスイカ
オチビサンの ひみつの はらっぱ
ちいさなタグは おおいそがし
オチビサンの ひみつの はらっぱ ちいさなタグは おおいそがし
クジラにあいたいときは
全国訪問おはなし隊 絵本の読みきかせガイドブック DVD付き
クジラにあいたいときは 全国訪問おはなし隊 絵本の読みきかせガイドブック DVD付き
2歳のどれ? クイズ たべもの
3歳のなあに? クイズ たべもの
2歳のどれ? クイズ たべもの 3歳のなあに? クイズ たべもの
じぶんでつくる シールえほん きょうりゅう
恐竜100
じぶんでつくる シールえほん きょうりゅう 恐竜100
 
絵本通信のいちおし
WEB水族館
佐々木さんの生き物どーこだ
田中六大の新米父さん危機一髪
もったいないばあさんの部屋
100万回生きたねこの部屋
にじいろのさかなの部屋
立ち読みコーナーはこちら
読み聞かせランキングはこちら
 

(ほろほろ鳥)6月の編集後記

いま絵本新人賞の選考が佳境を迎えていますが、新人賞に応募されるメリットは、賞を取ることだけではありません。今月刊行した『ルッキオとフリフリ 大きなスイカ』は、選からもれましたが、読んだ者に強いインパクトを与える作品でした。それがご縁となって担当者との長い「熟成期間」を経て満を持しての刊行となりました。ぜひ、本屋さんで手に取って見て頂ければ、このふしぎなインパクトを共有していただけると思います。さて、長らくご愛読いただいている『講談社 絵本通信』ですが、この形での更新は、これが最後。スマホからも見やすく、SNSやツィッターなどとも連動して大幅に、リニューアルします。今よりもっと、こまめに情報発信できるようになります。またリニューアルを記念してプレゼント企画もありますので、ぜひぜひチェックをよろしく御願いします。(ほろほろ鳥)

 
次回は2014年7月31日更新予定です。
 
おすすめラインナップ
FlashPlayerが最新ではありません。

本サイトをご利用頂く為にはFlashPlayer8以上が必要です。
下記のサイトから最新のFlashPlayerをインストールしてください。

最新のFlashPlayerをインストール
●クリックすると、そのページにジャンプします。

講談社子どもの本通信 dandan
おはなし隊
twitter
でんせつのきょだいあんまんをはこべ レビュー大募集
第32回講談社絵本新人賞受賞作『ぼくと おおはしくん』刊行記念 デビュー日記連載中!
生きているのがつらいと思っているきみへのメッセージ

イラスト/高島尚子

絵本新人賞報告
絵本新人賞募集要項 絵本新人既刊
絵本新人賞Q&A
児童文学新人賞
第33回講談社絵本新人賞贈呈式ギャラリー
9月16日(金)に第33回講談社絵本新人賞の贈呈式が行われました。
新人賞受賞の定岡さん、佳作受賞のさとうさん、北村さん、しょうじさんを囲んで、過去の受賞者の方々も集まり、新たな門出を祝うにふさわしい会となりました。その模様をスナップでご紹介します。
左から佳作の北村さん、さとうさん、新人賞の定岡さん、
佳作のしょうじさん
緊張の面持ちの贈呈式 過去の受賞者の方々も
いらっしゃいました
審査員の中川先生
とも記念写真
パーティーの時間には
先生方からアドバイスも
大島先生、こみね先生と
一緒に
原画を見ながらお話する
時間もありました
新人賞1作品、佳作に3作品が決定!
 第33回講談社絵本新人賞最終選考会は、今期から顔ぶれを新たに4人の先生方(大島妙子先生、こみねゆら先生、中川ひろたか先生、宮西達也先生)を審査員に迎え、本社・児童局長を加えた5名で、去る8月8日講談社にて行われました。
 今回の応募総数は、576作品。一次選考で53作品に絞られた後、二次選考で残った20作品をもって最終選考が行われました。選考会後半には、数作品を前に激論が交わされ、厳正な審査の結果、新人賞は定岡フミヤさんの『シールのかくれんぼ』に決定しました。佳作はさとうみかをさんの『ハムスターをかいに』、北村裕花さんの『おにぎり忍者』、しょうじりおさんの『くるまでおでかけ』の3作品が選出されました。受賞者のみなさま、おめでとうございます。
 受賞者の方々のコメントと、審査員の先生方の選評を掲載いたします。
(最終候補作)
『ほしのふね』 えいりん
『てんこうせい わにお』 高橋徹
『ハムスターをかいに』 さとうみかを
『あにきとトミオのすみれだいさくせん』 くろだきみえ
『おやつのくにのしおようかんおばあさん』 はまいさこ
『宇宙怪虫トカゲラー』 神田真次
『いもちゃんのすてきなブーツ』 松見まな
『スーパーガール』 土居望美
『おにぎり忍者』 北村裕花
『いえじい で ござる』 もちづきかおり
『せかいいちのぺらぺら』 上平彩
『おにざきさんちのおかいもの』 ももおに
『だい5レーンの10ピンしゅう』 高嶺尚子
『シールのかくれんぼ』 定岡フミヤ
『だれが いちばん?』 きたあいり
『おならしちゃったけど・・・』 根岸 あきしの
『よろずやデパートおてがみそうだんしつ』 つるおか のぶえ
『くるまでおでかけ』 しょうじ りお
『あそぼ あそぼ』 くら もとこ
『いちりんしゃ』 本間希代子
(受付順)
最終選考会のようす
[正賞:賞状・記念品 副賞:50万円・単行本として刊行]
『シールのかくれんぼ』  定岡フミヤ(愛媛県)
[正賞:賞状 副賞:20万円]
『ハムスターをかいに』  さとうみかを(京都府)
『おにぎり忍者』  北村裕花(東京都)
『くるまでおでかけ』  しょうじ りお(東京都)
シールのかくれんぼ
シールのかくれんぼ
シールのかくれんぼ
新人賞
定岡フミヤ(愛媛県)
『シールのかくれんぼ』
 この度はありがとうございます。自信のある作品でしたが、運や巡り合わせもあったと感じます。震災が起きた時はテレビの前で呆然とし、暫く何も描くことができませんでした。「絵を描いてもなんちゃ役に立たん」と思ったこともありましたが、このお話が本になり、誰かにひとときでも楽しんでもらえることがあれば、これほど嬉しいことはありません。絵本制作を支えてくれた周りの全ての人に、心から感謝。受賞を知らせる電話の向こうから聴こえてきたたくさんの拍手、きっと忘れません。
ハムスターをかいに
佳作
さとうみかを(京都府)
『ハムスターをかいに』
 このお話は、小さい頃からずっともっていた「匂いから繋がっていく記憶」を描きました。初めての制作は日々発見だらけで、楽しくも苦しくもあり、知らなかった沢山の私に出会えました。私たちの住む中くらいの世界、じっと目を凝らしたときに見えてくる小さな世界、すべてを包み込む目には見えない大きな世界。こども達はこの3つの世界をとても自由に行き来しているように思います。私もこの大切な感覚と、話し、遊び、学びながら、絵本として残していきたいと思っています。
おにぎり忍者
佳作
北村裕花(東京都)
『おにぎり忍者』
 この度は佳作に選んでいただきありがとうございました。五年ほど前から応募し続け、何度も最終選考止まりでしたが、今回やっと一歩前進することができてとても嬉しいです。入選の電話をいただいたあの日は、私はもうとっくに審査が終わったものと思ってがっくり落ち込んでいて、奇遇にも家族がそろったので平日の昼間から私を慰める会を開いてもらっていました。今回いただいた評価を励みに、今後は大賞に選んでいただけるような良い絵本をつくることができるよう精進いたします。本当にありがとうございました。
くるまでおでかけ
佳作
しょうじ りお(東京都)
『くるまでおでかけ』
 今、胸にきゅんとくるのは、娘が2歳位になって、私も絵を描き始めようと机に向かった時のことです。「ママ、」と呼ぶ声にキッと振り返った私に、幼い娘は「ママ、オシゴト?」と言ってふすまを閉めて立ち去りました。その時抱いてお話を聞いてあげていたらなあ、と思うのです。その後大きくなった娘は、生活に追われあたふたしている私に、一言、「絵本描くんじゃなかったの?」と言いました。退職後、出家したつもりで描く!と思い、やってきましたが、このような形で受けとめていただき、本当に感謝です。
第32回講談社絵本新人賞受賞作 ぼくとおおはしくん
大島妙子先生
『シールのかくれんぼ』は、絵、ストーリーともに、とても良くできた作品だと思いました。とにかく絵が上手!
 個人的には『ハムスターをかいに』に強く惹かれました。ハムスターがいなくなった主人公の悲しい気持ちのところでは、ネームレスで同じ場面がつづきます。このゆったりした間、時間の流れがすばらしい。立ち直っていく主人公の気持ちがどこかユーモラスに伝わってきて、ぐっときてしまいました。
 あとは『くるまでおでかけ』素敵な作品で大好き。『おにぎり忍者』も面白かった。
 他にも心に残る魅力的な作品がありました。
 私自身、初めての選考でとても緊張しましたが、いろいろな作品に出あえて楽しかったです。
こみねゆら先生
 絵本の審査を終えて数日が経ちました。内容を思い出しながら頭の中で記憶のページをめくっていくと、新鮮な驚きや喜び、主人公の気持ちが今も残って伝わって来て、知らず知らずに笑顔になったり、あたたかい気持ちになったりします。また読みたいなと思う作品たちです。
『シールのかくれんぼ』の構図の巧みさ、読者を引き込む展開と優しさ。『くるまでおでかけ』の何ともからりと素敵な街、道! 大切に育ててほしい『ハムスターをかいに』の瑞々しい感性。そして楽しい絵がいいですね、『おにぎり忍者』。
 ここに残らなかった絵本の中にも、素敵な作品がたくさんありました。心を込めて描いたことを大切にして、また次の一歩を歩いてみて下さい。また見せて下さいね。

中川ひろたか先生
大事なのは、子どもが読んで、どうかってこと。
ぼくが好きな作品7編。
『ほしのふね』は、美しい。もう、完成品って感じがしたな。
『ハムスターをかいに』は、絵がすごく好き。これが一番元気のいい、アグレッシブな絵本って感じがして、ぼくの一押しだった。
『いもちゃんのすてきなブーツ』は、絵が素晴らしい。でも、よくありそうな話、惜しい。
『おにぎり忍者』は、子どもに一番ウケそうな絵。今度、一緒に組みたいと思った。
『だれがいちばん?』なるほどという説得力ある設定。
『くるまでおでかけ』は、今までにない絵本。ちょっと、俯瞰のシーンが多すぎたかな。
『シールのかくれんぼ』は、達者な筆づかいに感心。ラストがすばらしい。
宮西達也先生
『シールのかくれんぼ』は、シールの使い方がとても上手に描かれていました。子どもとお母さんの表情もよく描かれていて、オチも大好きです。『ハムスターをかいに』絵がとてもひきつけられました。アングルが同じで文字がないページは、大好きです。ただ、まだ完全に自分のものになっていないところがおしかった。描き込むとすごい作品になりますね。『おにぎり忍者』キャラクターが楽しく、絵もおもしろく描かれていました。が、どこか○○さん風のところが残念でした。アイデアは大好きです。『くるまでおでかけ』絵がとても上手です。数ページ構図を工夫するとすごくよくなったと思います。こまかいディテールまでしっかり描いてあるところ大好きです。
(五十音順)
第33回絵本新人賞中間報告ページはこちら ページの先頭へ
このページへのリンクについて / 講談社へのお問い合わせ / 講談社のプライバシーポリシー
Mail / おはなし隊