読み聞かせのコツ 第23回 「つかまえた!」の場合

新連載 おはなし隊の読みきかせ 読み聞かせのコツ

講談社では日本全国、津々浦々に絵本を積んだバスで訪問し、読みきかせする、「全国訪問おはなし隊」という活動をおこなっています。
この連載は、その読みきかせのもようをお知らせしつつ、読みきかせのワンポイントアドバイスをお蔵だしいたします。実物の本を見ながら読んでいただくと、よりよくわかると思います。
ぜひ、身近なところでお話し会をされる方や、保育園、幼稚園、小学校などにいって読みきかせボランティアをされるときなどの参考にしてくださいね。
第23回「つかまえた!」の場合

おはなし隊隊長 佐々木貴美子


『つかまえた!』 『つかまえた!』

◆鈴木まもる/作

「たんぽぽのわたげ」を「てんとうむし」がつかまえて、その「てんとうむし」を「とかげ」がつかまえて……。好きなものをどんどんどんどんつかまえて……。そして、最後にみんなをつかまえるのは、だれかな?

小さなものから大きなものへ「つかまえる」「つかまえられる」、シンプルだけど、それぞれの思いがいっぱいつまった行為。それをくり返していくこの絵本は、声に出して読むといっそう体感が増します。
また、鈴木まもるさんの絵は子どもの表情がとても優しく、色彩豊かな色鉛筆のタッチが春のあたたかさを醸し出していて、この季節にピッタリの1冊です。

奈良県の幼稚園の子どもたちに、そんな思いを届けてみました。

最初に「つかまえられる」のは、「たんぽぽのわたげ」……。その最初のきっかけを作ったのは……。 扉の男の子が「たんぽぽのわたげ」をふーっと吹いてとばすところをしっかり見せます。一緒にいるねこの視線もわたげを追っています。

「たんぽぽのわたげ」は小さいけれど、最後は生命の起源にまでさかのぼるような、大きな大きな旅のはじまりです!

「たんぽぽのわたげ」や「てんとうむし」、小さなものは、軽く指で指してあげると、後方の子どもたちにもわかりやすいですね。


くり返しの「つかまえた!」は、好きなものを「つかまえる」という楽しい気持ちを表現しながら、そして、次ページへの展開の楽しさをつないでいきながら、リズムよく読んでみましょう!
「つかまえた!」と思ったら、今度は自分が「つかまえられて」、それが次々につながっていくテンポの良さ、リズムが、読み聞かせを一層楽しくしてくれます。

そして、よ〜く見てみると、次に「つかまえる」動物(もの)の影が左の隅に見えています。それを心の中で感じながら、次に○○が来るぞ〜と思いながら読むと、展開がよりスムーズです。

また、「つかまえた」時の擬態語が、「つかまえられる」動物(もの)によって、そして、その動物の大きさによって、異なっています。擬態語の面白さは、この本の大きな魅力のひとつ!
読み進めていくうちに、動物が大きくなるにつれて、擬態語の文字もどんどんどんどん大きくなっていきます。
文字の大きさに合わせて読み方や声の大きさを変えると、よりイメージが膨らみます。

「おとうさん」が出てくるまでは、日常の想定内。

でも、その次にくるのは……、なんと「くま」。おおきな「くま」の登場で、子どもたちのテンションも次第に高まっていきます。

「くま」でおしまいかしら?
と言いながら、少しページをずらして見せてあげます。
予想外の「ぞう」「くじら」の登場で、さらに子どもたちのテンションは上昇!


さすがに「くじら」でおしまいかな? あれれ、ここに誰かいるよ……。
「ぞう」をつかまえた「くじら」をつかまえたのは……、だーれだ?


「おかあさん!!」。子どもたちは大喜びで元気よく答えてくれます。


「よーいしょ!」と、「たんぽぽのわたげ」から「くじら」まで、みんなをつかまえた力強い「おかあさん」に子どもたちのテンションも最高潮!
「おかあさん すごーい!」の声があちこちから聞こえてきます。

最後にもう一度ゆっくり表紙を見せてあげます。
てんとうむし→とかげ→ねこ→男の子→くま→お父さんと、順につかまえていることが改めて確認できて、子どもたちの心に「つかまえた!」のおはなしが、より深くじんわりと届きます。
バックナンバー
第25回 『ブービーとすべりだい』の場合
第24回 『イカになあれ』の場合
第23回 『つかまえた!』の場合
第22回 『おにぎりにんじゃ』の場合
第21回 『ぼくだって ウルトラマン』の場合
第20回 『ん』の場合
第19回 『ぴたっ!』の場合
第18回 『ぼくたちの ピーナッツ』の場合
第17回 『ハッピー ハロウィン!』の場合
第16回 『ねこときどきらいおん』の場合
第15回 『よわむしモンスターズ』の場合
第14回 『どろんこ! どろんこ!』の場合
第13回 『もぐもぐもぐ』の場合
第12回 『アントンせんせい』の場合
第11回 『ごとんごとん ごー!』の場合
第10回 『りんごはいくつ?』の場合
第9回 『よみきかせ日本昔話 かもとりごんべえ』の場合
第8回 『よみきかせ日本昔話 つるのおんがえし』の場合
第7回 『まゆげちゃん』と『よみきかせ日本昔話 かさじぞう』の場合
第6回 『よみきかせ日本昔話 さんまいのおふだ』の場合
第5回 『よみきかせ日本昔話 へっこきよめさま』の場合
第4回 『よみきかせ日本昔話 さるかにがっせん』の場合
第3回 『よみきかせ日本昔話 うらしまたろう』の場合
第2回 『よみきかせ日本昔話 わらしべちょうじゃ』の場合
第1回 『よみきかせ日本昔話 いっすんぼうし』の場合

★ 全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では2014年8月、岩手県と香川県の訪問先を募集中! お申し込みの締め切りは5月12日(月)です。ご興味のある方は以下のアドレスをご参照ください。お早めに!
おはなし隊

おはなし隊の読みきかせ ワンポイントアドバンス 「読みきかせ会」を主催されている方、また開いてみたい方必読の情報! おはなし隊が「読みきかせ」の秘訣をお教えいたします。

おすすめの絵本

  • ひみつ ひみつの ひなまつり

    ひみつ ひみつの ひなまつり

    鈴木真実/作

    押し入れの中の箱から出てきたひな人形たちと、えいちゃんの華やかな交流を描きます。親子で楽しむひな祭り絵本。

  • ひなまつりの ちらしずし

    ひなまつりの ちらしずし

    宮野聡子/作

    ひなまつりの日、きみちゃんは、お母さんといっしょにちらしずしを作り、どの材料にも大切な意味がこめられていることを知りました。

季節の絵本