ニューヒーロー誕生! がんばれちびゴジラ!

第1作目『ゴジラ』が公開されてから64年。
最近では『シン・ゴジラ』など、それぞれの世界観で幅広い方に愛されてきた”ゴジラ・ワールド”ですが、ゴジラ生誕65年にむけて、新たなキャラクター「ちびゴジラ」が誕生しました!

「はじめましてのゴジラ。共感できるゴジラ。」
ゴジラを知らないこどもが初めて触れるゴジラ、子どもたちが共感できて好きになるゴジラをコンセプトにしています。

つよがりで負けず嫌いだけど本当は泣き虫なちびゴジラは、子どもたちにとっては自分自身であり、友達でもあるかもしれません。

 「ウチの“ちびゴジラ”がさぁ……」
そんな会話がきこえてくるような、すべての家族が共感してくれるキャラクターを目指しています。




ちびゴジラ

ぼくは、つよくておおきい、ちびゴジラ。

でも、ぼくにはひみつがある。

ゴジラが子どもだったころのおはなし。


定価 : 本体1,300円(税別) 32ページ



ちびゴジラ

なまえ:ちびゴジラ

たんじょうび:11月3日

しんちょう:???

たいじゅう:???

せいかく:泣き虫

なかま:ちびギドラ、ちびラドン




「ちびゴジラ」予告カウントダウンアニメーションが完成
2018年12月14日(金)より、全国のTOHOシネマズにて上映。


小田急百貨店新宿店の開店55周年記念イベント「小田急ショートショートシアター」にちびゴジラがやってくる! 絵本『がんばれ ちびゴジラ』の読み聞かせや塗り絵コーナー、写真撮影会。
日時:11月4日(日)、11月5日(月) 12時30分~ 15時30分~ (両日とも)
場所:本館11階 催物場 サイドシアター


『がんばれ ちびゴジラ』刊行記念 さかざきちはるさんトーク&サイン会
日時:11月3日(土・祝) 場所:HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE

2018年 10月1日(月)より、HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE店頭にて、絵本『がんばれちびゴジラ』(講談社:9784065130667/本体:1,300円+税)を全額内金にてご予約の方に、先着にてイベント参加券をお渡しします。
※イベント当日30分前までに店頭レジカウンターにて対象商品をお会計頂き、イベント参加券をお受け取り下さい。
※規定数終了次第、参加券配布は終了いたします。


「新宿住友ビル」壁面に「ちびゴジラ」の巨大ラッピングアート展示中。




さかざき ちはる
千葉県生まれ。絵本作家、イラストレーター。
東京藝術大学美術学部デザイン科卒業、1998年よりフリーのイラストレータとして活動。
JR東日本「Suicaのペンギン」、千葉県のマスコット「チーバくん」、ダイハツの企業キャラクター「カクカク・シカジカ」などのキャラクターデザインを手がける。
作品に、『ペンギンゴコロ』『ペンギンスタイル』『ペンギンのおかいもの』などのペンギン絵本、『ねえ、マリモ』『だいじ』『おいしいね』などがある。
2018年4月に活動20周年の記念本「いきものとイラスト」を出版。

関連書籍

  • がんばれ ちびゴジラ

    さかざき ちはる/作

    ぼくは、つよくておおきい、ちびゴジラ。でも、ぼくにはひみつがある。ゴジラが子どもだったころのおはなし。

  • ねえ、マリモ

    やまだ けいた/文
    さかざき ちはる/絵

    犬との時間は、せつないほど短い映画『いぬのえいが』の感動作「ねえ、マリモ」原作絵本たいせつなあなたを失った深い悲しみ、せつない思い。でも、ありがとうの気持ちは、ずっといっしょ。

おすすめの絵本

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

季節の絵本