子育て相談
モンテッソーリで考えよう!

日々の子育ての悩みや困りごとを、「モンテッソーリで子育て支援 エンジェルズハウス研究所」の田中昌子先生が、モンテッソーリの考え方で教えてくれる連載です。ちょっとした工夫で、大きな変化が子ども達に起こり、ママを驚かせてくれるかもしれません。子育てママ必見です!

<連載 田中昌子の子育て相談・モンテッソーリで考えよう>


第1回 4歳の子どもがすぐに癇癪を起こします。どうしたらいいでしょうか?
第2回 魔の2歳児の対処法は?
第3回 どうすれば片付けができるようになりますか?
第4回 言うことを聞かない子どもたちへの対処法
第5回 集中力を付けさせる方法はありますか?
第6回 公共の場所でものを投げたり、叩いたりします
第7回 怒ってばかりで自己嫌悪
第8回 子どもには競争が必要でしょうか?
第9回 ほめてはいけないのでしょうか?
第10回 文字や数は何歳から教えるべきでしょうか?
第11回 食事に集中しない子どもにどう対応したらいいですか?
第12回 危険なことや、他人に迷惑のかかることをやめさせるには?
第13回 トイレトレーニングがうまくいきません。
第14回 子どもがうるさいと苦情を言われました。
第15回 お箸がうまく持てません。
第16回 専門家でないと、無理なのでしょうか。
第17回 ごっこ遊びばかりで、一人遊びができません。
第18回 手を洗う習慣づけは、どのようにしたらよいでしょうか?
第19回 「お仕事」に対してお小遣いをあげてもいいですか?
第20回 赤ちゃんに何をすればいいでしょうか?
第21回 新しい時代の教育とは?
第22回 子どもの喧嘩を仲裁する方法について教えてください。
第23回 子どもの要求には、どのくらい応えてあげるべきでしょうか?
第24回 できるのに一人でしないのは、赤ちゃん返りでしょうか?
第25回 自閉傾向の子どもの教育はどうしたらよいのでしょうか?
第26回 ワークやデジタル教材について、どう考えますか?
第27回 保育園で孤立する息子。積極的にするには?
第28回 ルールや我慢を覚えさせるには、どうしたらいいの?
第29回 弟の世話を焼くくせに、自分のことができません。
第30回 忙しい日々の中で自立した子どもにするには?
第31回 早く寝かせたいのに寝ない子、どうすればいい?
第32回(最終回)命の大切さをどう伝えたらいいでしょうか?







田中 昌子
上智大学文学部卒。2女の母。日本航空株式会社勤務後、日本モンテッソーリ教育綜合研究所教師養成通信教育講座卒。同研究所認定資格取得。東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンター卒。国際モンテッソーリ教師ディプロマ取得。2003年より、日本全国及び海外から参加可能なIT勉強会「てんしのおうち」主宰。モンテッソーリで子育て支援 エンジェルズハウス研究所(AHL)所長。著書に、『親子で楽しんで、驚くほど身につく! こどもせいかつ百科』(講談社)、モンテッソーリ教育の第一人者、相良敦子氏との共著に『お母さんの工夫モンテッソーリ教育を手がかりとして』(文藝春秋)、『マンガでやさしくわかるモンテッソーリ教育』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。  

関連書籍

  • 親子で楽しんで、驚くほど身につく! こどもせいかつ百科

    田中 昌子/監
    講談社/編

    最年少プロ棋士で連勝記録を更新した藤井聡太さんや、Googleの創始者の二人が受けていたことで話題のモンテッソーリ教育。 じつは、100年もの歴史があり、イギリスのウィリアム王子の長男、ジョージ王子が入園した保育園もモンテッソーリ園でした。 でも、「なんだかむずかしそう」「特別な道具が必要なんでしょう?」という方のために、 ふつうの家庭で、どのようにモンテッソーリ教育の考えを取り入れていくかをわかりやすく紹介した本ができました。 ひとりで起きて、身だしなみを整え、お出かけすることができる子になったらいいなと思いませんか。 そのほかにも、 きちんとしたあいさつやお返事、正しいお箸の持ち方、食事のマナー、洗濯やアイロン掛け、簡単な料理など、 小学校にあがるまえに、身につけてほしいことはたくさんありますよね。 正確なことは、親にもわからないことがあるかもしれません。 じつは、教えかたにもコツがあるんです! たくさんのイラスト、わかりやすい説明、そして漢字にルビがついているので、 「子どもの愛読書になりました!」など各方面で、大好評。 ぜひ、親子で楽しんでほしい1冊です。 ●おもに就学前児童、4歳~6歳向け。

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本