第60回(2019年) 講談社児童文学新人賞 選考経過・報告

審査員の先生方の選評(五十音順)2019.9.26

  • 小林深雪先生

    『保健室経由、かねやま本館。』
    保健室のベッドの床下から行ける不思議な温泉「かねやま本館」。学校で嫌なことがあったときは、背中の重い荷物を下ろして、温泉に入って、おにぎりを食べて、のんびり休んでいいんだよ! という明快なメッセージに、元気をもらえる小・中学生は多いはず。「保健室の山姥」と呼ばれる銀山先生、温泉の美女女将、小夜子さんをはじめ登場人物のキャラクターも立っていて、シリーズ化しても楽しく展開できそうです。

    『魔女と花火と100万円』
    主人公に好感も持てるし、文章も読みやすかったのですが、物語に意外な展開がなく、全体に、こじんまりとしてしまったように感じます。インパクトのあるタイトルのキーワードを生かして、中学生たちが100万円を稼ぐまでを描いてもよかったと思います。

    『あおいの世界』
    親の転勤でカナダに住むことになった小学生の主人公、あおい。そのあおいといっしょにカナダでの日常生活、小学校、友達や近所の人との交流などを経験できて、ワクワクしました。ただ、あおいが、ほとんど英語を話せない設定なのに、ところどころでスムーズに理解したり、また全くわからなくなったりとバラつきがあったのが、少し気になりました。

    『瑠璃子姫とオニの鈴』
    天武2年、太宰府に新羅の使いが訪れるシーンから始まる物語で、史実も丁寧に調べて細かく書きこんであり感心しました。が、児童向けの読み物としては、そこが逆に、とっつきにくく難しい印象を与えてしまっているのでは? と思います。鈴丸にツノが生えるシーンなど、迫力があって魅力的だっただけに惜しいです。
  • 那須田淳先生

    最終選考に残った四作は、いずれも「読ませる」作品で、今後への可能性を感じさせてくれたことをまず述べておきたい。

    その中で、受賞した『保健室経由、かねやま本館。』は、やはり一つ抜きんでていたのではないだろうか。保健室から通じる不思議な温泉につかりながら、匿名の子どもたちが互いに心を開いていくという設定も、読者の共感を得るのではないかと思う。

    『魔女と花火と100万円』は、家庭事情で内向的になっていた主人公が文化祭の復活を企てる仲間たちに引き込まれ、立ち直ろうとする物語。「子どもができること」に真摯に向き合っていく姿に好感が持てた。ただし、タイトルの100万円が活かしきれていなかったのが残念。

    『あおいの世界』は、外国生活を通じ、自分が何者かを考える物語。良い意味で児童文学らしい秀作だがやや素直すぎた。海外の「今」を感じさせてくれる何かをもっと書き込んで欲しかった。

    『瑠璃子姫とオニの鈴』は古代を舞台にした歴史ファンタジー。作家としての力量を感じたが、知識や要素が消化しきれていなかったことやタイムリープを使う必要があったか等、気になる点も多かった。
  • 茂市久美子先生

    『保健室経由、かねやま本館。』は、主人公が、保健室の床下にある温泉旅館かねやま本館に行くことで、これまでの自分を見つめなおして元気になっていくストーリーがたのしく、温泉旅館も、実に魅力的に描かれているのに感心しました。惜しむらくは、温泉に入るにあたっての決まりや主人公の兄のことなど気になることが多く、温泉での決まりをしっかりさせれば、『妖怪アパートの幽雅な日常』のようなシリーズ化も夢ではない作品だと思いました。

    『魔女と花火と100万円』は、いつもまわりに気をつかい、自分の思ったことを口にすることのできない主人公の杏が、文化祭をとりもどす手伝いをすることで、少しずつ自分の殻をやぶっていく姿に好感をいだきました。ただ、空想好きの杏が、時おり夢想する場面やノートに書く話が物足りなく、タイトルに魔女を出すなら、空想の部分をもっと書く必要があると感じました。

    『瑠璃子姫とオニの鈴』は、物語の背景となる太宰府の地形や歴史、宗教等について、丹念に調べているのに感心しました。筆の力も大いにあると思いましたが、調べたことを書きすぎたせいで、作品が必要以上に長くなってしまったのが残念でした。また、鈴丸が、過去の世界に捨てられるという設定に、違和感があり、最後、鈴丸が瑠璃子のもとに帰ってくるところは、もう少し紆余曲折を経てからのほうがよかったのではと思いました。

    『あおいの世界』は、主人公のあおいが、父親の海外赴任でカナダに行き、日本とカナダのふつうはちがうことにとまどいながらも、まわりの環境にとけこんで成長していく姿が、バランスよく描かれ、海外ならではの登場人物たちも魅力的で、最後まで、たのしく読むことができました。英語での会話の出し方に、くふうが必要だと思いましたが、作品としての完成度が高く、今回一番に推しました。
講談社 児童文学新人賞 募集要項 講談社 児童文学新人賞 経過と報告 講談社 児童文学新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

児童文学新人賞 既刊