• ムーミンのキャラクター

  • 作者プロフィール

    トーベ・ヤンソン

    画家・作家。1914年8月9日フィンランドの首都ヘルシンキに生まれる。父は彫刻家、母は画家という芸術家一家に育ち、15歳のころには、挿絵画家としての仕事をはじめた。ストックホルムとパリで絵を学び、1948年に出版した『たのしいムーミン一家』が世界じゅうで評判に。1966年国際アンデルセン大賞、1984年フィンランド国家文学賞受賞。おもな作品に、「ムーミン童話」シリーズ(全9巻)のほか、『少女ソフィアの夏』『彫刻家の娘』などがある。2001年6月逝去。

  • 新刊が出ました!new

     
    ムーミン100冊読書ノート

    ムーミン100冊読書ノート

    ヤンソン,トーベ

    これから読む100冊の記録に。これまで読んだ100冊の思い出に。読み終えた感想・好きな登場人物・心に残ったセリフ・気に入ったシーン・読み始めたきっかけなどを気軽に書きとめたり、イラストを描き入れてもOK!ムーミンのイラストがちりばめられた、カワイイ文庫サイズのノートをあなたの本棚に!ムーミンの国フィンランドでは、子どもたちが自由な読書の記録をつけるフィンランドメソッドにより国語力が伸びているといわれています。このノートも、どんなことでも自由に書き込んで、あとで振り返ることの出来る、自分だけのゆるやかな読書記録にしてみては?

  • ムーミン童話

    ムーミン童話は、愛蔵版ハードカバーの「童話全集」のほかに、小学生から手軽に読める「青い鳥文庫」、おとなにもおすすめの「講談社文庫」の三種類で楽しめます。読者の年齢や用途に合わせてお選びください。

    ムーミン童話(別巻)
    小さなトロールと大きな洪水
    トーベ・ヤンソン/作・絵 冨原眞弓/訳

    長い間出版されなかった、幻の一作目。
    どこかへ行ってしまったパパと、冬ごもりのための家をさがして、ムーミンママとムーミントロールが旅をします。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ムーミン童話1
    ムーミン谷の彗星
    トーベ・ヤンソン/作・絵
    下村隆一/訳

    あと四日で地球滅亡…!?
    地球にむかって進んでくる彗星についてしらべるため、ムーミントロールはスニフと共に遠い天文台へと旅をし、スナフキンやスノークのおじょうさんと出会います。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ムーミン童話2
    たのしいムーミン一家
    トーベ・ヤンソン/作・絵
    山室静/訳

    まほうって、しあわせ? ふしあわせ?
    ムーミントロールたちは、ある春の日、まほうの黒いぼうしをひろいます。ぼうしによって、雲に乗り、家がジャングルになり、ムーミントロールがおかしな姿になったりします。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ムーミン童話3
    ムーミンパパの思い出
    トーベ・ヤンソン/作・絵
    小野寺百合子/訳

    それでも、自由と冒険を求める人生の賛歌。
    パパは、自らの「思い出の記」を記します。捨て子だった暗い時代、なにかになりたくて、一人「自由な」世界へ飛び出しました。仲間たちと一緒に、大冒険がはじまります!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ムーミン童話4
    ムーミン谷の夏まつり
    トーベ・ヤンソン/作・絵
    下村隆一/訳

    一家で演ずる、ステキな悲劇!?
    洪水によって、家が水没。奇妙な家に移り住んだムーミン一家は、演劇をすることに。ムーミントロールは逮捕、ちびのミイは流されてしまい、スナフキンに24人の子どもがついてきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ムーミン童話5
    ムーミン谷の冬
    トーベ・ヤンソン/作・絵
    山室静/訳

    見えるものだけが、すべてじゃない。
    ムーミントロールは、冬眠中に、たった一人で起きてしまいました。まったく知らない世界が広がっていて、しかもだれひとり心を開いてくれません…。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ムーミン童話6
    ムーミン谷の仲間たち
    トーベ・ヤンソン/作・絵
    山室静/訳

    心にしみる、九つの物語。
    スナフキンによって名前をもらった、一匹のはい虫や、冷たい言葉を言われすぎて姿が見えなくなってしまった、ニンニの物語など、珠玉のショートストーリー集。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ムーミン童話7
    ムーミンパパ海へいく
    トーベ・ヤンソン/作・絵
    小野百合子/訳

    この島は、なにかがおかしい…。
    ムーミンパパは、灯台守になると言いだし、一家は小さな島へと移り住みます。ですが、島は生きているし、灯台はつかないし、なにひとつ、パパの思い通りにはいかなくて。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ムーミン童話8
    ムーミン谷の十一月
    トーベ・ヤンソン/作・絵
    鈴木徹郎/訳

    ムーミン一家に会いたくて。
    ミムラねえさん、フィリフヨンカ、スナフキンら個性豊かな六人が、ムーミン屋敷を訪れます。しかし会いたかったムーミン一家は、家におらず、六人は勝手に奇妙な共同生活をはじめます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    たのしいムーミン一家 復刻版
    トーベ・ヤンソン/作・絵
    山室静/訳



    ムーミン童話を日本で1964年から出版し続けてきた講談社が、ムーミン出版70周年に復刻する、『たのしいムーミン一家』1965(昭和40)年版!
    1965年に日本で初めて単独の本として出版されたのが、この『たのしいムーミン一家』です。
    一目で世界観が分かる美しい装幀、昔ながらの函入り。
    スナフキンが持っていたのは「よこぶえ」など、当時の表記も再現!

  • ムーミンの本

    絵本・ムーミン谷から

    ムーミンのおはなし絵本

    トーベ・ヤンソンのムーミン絵本

    ムーミンのアクティビティ絵本・楽しむ絵本

    ムーミン関連単行本

    ムーミン名言集

    ムーミンノート

  • 青い鳥文庫のムーミンの本
  • 講談社ムーミンの本facebook

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

絵本通信 Facebookページ