• ムーミンのキャラクター

  • 作者プロフィール

    トーベ・ヤンソン

    画家・作家。1914年8月9日フィンランドの首都ヘルシンキに生まれる。父は彫刻家、母は画家という芸術家一家に育ち、15歳のころには、挿絵画家としての仕事をはじめた。ストックホルムとパリで絵を学び、1948年に出版した『たのしいムーミン一家』が世界じゅうで評判に。1966年国際アンデルセン大賞、1984年フィンランド国家文学賞受賞。おもな作品に、「ムーミン童話」シリーズ(全9巻)のほか、『少女ソフィアの夏』『彫刻家の娘』などがある。2001年6月逝去。

  • ムーミン童話

    ムーミン童話は、愛蔵版ハードカバーの「童話全集」のほかに、小学生から手軽に読める「青い鳥文庫」、おとなにもおすすめの「講談社文庫」の三種類で楽しめます。読者の年齢や用途に合わせてお選びください。

    ムーミン童話(別巻)
    小さなトロールと大きな洪水
    トーベ・ヤンソン/作・絵 冨原眞弓/訳

    長い間出版されなかった、幻の一作目。
    どこかへ行ってしまったパパと、冬ごもりのための家をさがして、ムーミンママとムーミントロールが旅をします。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ムーミン童話1
    ムーミン谷の彗星
    トーベ・ヤンソン/作・絵
    下村隆一/訳

    あと四日で地球滅亡…!?
    地球にむかって進んでくる彗星についてしらべるため、ムーミントロールはスニフと共に遠い天文台へと旅をし、スナフキンやスノークのおじょうさんと出会います。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ムーミン童話2
    たのしいムーミン一家
    トーベ・ヤンソン/作・絵
    山室静/訳

    まほうって、しあわせ? ふしあわせ?
    ムーミントロールたちは、ある春の日、まほうの黒いぼうしをひろいます。ぼうしによって、雲に乗り、家がジャングルになり、ムーミントロールがおかしな姿になったりします。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ムーミン童話3
    ムーミンパパの思い出
    トーベ・ヤンソン/作・絵
    小野寺百合子/訳

    それでも、自由と冒険を求める人生の賛歌。
    パパは、自らの「思い出の記」を記します。捨て子だった暗い時代、なにかになりたくて、一人「自由な」世界へ飛び出しました。仲間たちと一緒に、大冒険がはじまります!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ムーミン童話4
    ムーミン谷の夏まつり
    トーベ・ヤンソン/作・絵
    下村隆一/訳

    一家で演ずる、ステキな悲劇!?
    洪水によって、家が水没。奇妙な家に移り住んだムーミン一家は、演劇をすることに。ムーミントロールは逮捕、ちびのミイは流されてしまい、スナフキンに24人の子どもがついてきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ムーミン童話5
    ムーミン谷の冬
    トーベ・ヤンソン/作・絵
    山室静/訳

    見えるものだけが、すべてじゃない。
    ムーミントロールは、冬眠中に、たった一人で起きてしまいました。まったく知らない世界が広がっていて、しかもだれひとり心を開いてくれません…。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ムーミン童話6
    ムーミン谷の仲間たち
    トーベ・ヤンソン/作・絵
    山室静/訳

    心にしみる、九つの物語。
    スナフキンによって名前をもらった、一匹のはい虫や、冷たい言葉を言われすぎて姿が見えなくなってしまった、ニンニの物語など、珠玉のショートストーリー集。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ムーミン童話7
    ムーミンパパ海へいく
    トーベ・ヤンソン/作・絵
    小野百合子/訳

    この島は、なにかがおかしい…。
    ムーミンパパは、灯台守になると言いだし、一家は小さな島へと移り住みます。ですが、島は生きているし、灯台はつかないし、なにひとつ、パパの思い通りにはいかなくて。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ムーミン童話8
    ムーミン谷の十一月
    トーベ・ヤンソン/作・絵
    鈴木徹郎/訳

    ムーミン一家に会いたくて。
    ミムラねえさん、フィリフヨンカ、スナフキンら個性豊かな六人が、ムーミン屋敷を訪れます。しかし会いたかったムーミン一家は、家におらず、六人は勝手に奇妙な共同生活をはじめます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    たのしいムーミン一家 復刻版
    トーベ・ヤンソン/作・絵
    山室静/訳



    ムーミン童話を日本で1964年から出版し続けてきた講談社が、ムーミン出版70周年に復刻する、『たのしいムーミン一家』1965(昭和40)年版!
    1965年に日本で初めて単独の本として出版されたのが、この『たのしいムーミン一家』です。
    一目で世界観が分かる美しい装幀、昔ながらの函入り。
    スナフキンが持っていたのは「よこぶえ」など、当時の表記も再現!

  • ムーミンの本

    絵本・ムーミン谷から

    ムーミンのおはなし絵本

    トーベ・ヤンソンのムーミン絵本

    ムーミンのアクティビティ絵本・楽しむ絵本

    ムーミン関連単行本

    ムーミン名言集

    ムーミンノート

  • 青い鳥文庫のムーミンの本
  • 講談社ムーミンの本facebook

おやすみなさいの絵本

  • ゆうくんの くまパジャマ

    ゆうくんの くまパジャマ

    中谷靖彦/絵
    カザ敬子/作

    ある日、ゆうくんに、素敵な「くまパジャマ」が届きました。さっそく着がえたゆうくんは、「ぼく、くまだぞー」とおおはしゃぎ。ところが、その後、ゆうくんに不思議なことがおこります。心温まる、おやすみ絵本の新定番。

  • ねんねん どっち?

    ねんねん どっち?

    宮野聡子/作

    どっち? という楽しい質問につぎつぎ答えていくうちに、自然に眠りの世界へといざなっていきます。おやすみ前のひととき、「どっちあそび」で親子の豊かな時間をすごしませんか?

  • ねんね

    ねんね

    さこももみ/作

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

  • ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。親子の愛情を感じさせる一冊。手に取りやすいミニサイズの年少版もおすすめです。

  • 0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    前橋明/監修

    おふとんみたいに表紙がふわふわ! しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

  • おやすみなさいの おと

    おやすみなさいの おと

    いりやまさとし/作

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

  • おやすみ のらちゃん

    おやすみ のらちゃん

    よねづゆうすけ/作

    猫ののらちゃんは、そろそろねるじかん。 きがえは? トイレは? はみがきは? おやすみ前にぴったりの、とっておき仕掛け絵本。

絵本通信 Facebookページ