最近出た本

2020年07月に発売された本

  • 講談社の創作絵本

    INSECT LAND(インセクトランド)カブトムシのガブリエル、もりのヒーロー

    香川 照之
    ロマン・トマ

    子どもたちに昆虫の世界の多様性、自然界の豊かな姿を伝えたいと企画されたのが、この「INSECT LAND」シリーズです。シリーズ第二作めは、ヘラクレスオオカブトのガブリエルが主人公。ちょっとこわそうだ...

  • 講談社の創作絵本

    まっている。

    村上 康成

    クモは巣をはってトンボがかかるのを待っています。花はきれいな色といいにおいでハチやチョウを待っています。セミの幼虫は土の中で空を飛ぶ日を待っています。ほんの数秒、じっと静かに待ってみる。なにが見えてく...

  • 幼児図書ピース

    うごく! たたかう! 恐竜トリックアートブック

    B・テツヤ・ウォーレス

    子どもに人気な恐竜11体が、トリックアートになった!
    ミシン目にそってクラフトを作ると・・・
    首が振り向く恐竜の出来上がり。
    背景をつけて戦わせることもできるよ。
    恐竜に詳しくなれるミニ図鑑付き。

    ...

  • にじいろのさかなブック

    にじいろのさかな おふろポスターつき プレゼントボックス

    MARCUS PFISTER
    谷川 俊太郎

    にじいろにかがやくうろこをもった、世界でいちばん美しいさかなは、ひとりぼっちでさみしいさかなだった。ある日、にじいろのさかなは、なやみをひとでにうちあけた・・・。

    世界で3000万人に愛されている絵...

  • えほん百科シリーズ

    くぼた式 脳をきたえる めいろ 100

    講談社
    久保田 競

    脳をきたえるには、乳幼児期に手を動かすトレーニングをすることが大切です。この本では、子どもが大好きなめいろあそびを通して、できるだけ指を動かし、脳の発達を促すことを目指します。達成度がわかる「いいね!...

  • 知育アルバム

    こども百科ミニ きょうりゅう

    オフィスサンマルサン

    見やすく、持ち運びやすい、ハンディサイズの子供向けの百科事典シリーズ「こども百科ミニ」に
    こどもたちに大人気の「きょうりゅう」が登場!!

    ご家庭でも、おでかけでも楽しめます! 3~6歳向け。全かな。...

おすすめの絵本

  • パンダ なりきりたいそう

    パンダ なりきりたいそう

    いりやまさとし/作

    「パンダなりきりたいそう はじめ!」
    何かになりきるのって、たのしい!
    さあ、絵本を見ながら、パンダといっしょに、おもいっきり体をうごかそう!

  • くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    講談社/編
    久保田 競/監

    巻頭口絵の100項目のチェックシートにしたがって、すこしずつトレーニングを積んでいきましょう。しぜんと手先が器用になり、脳がきたえられる一冊です。

  • もったいないばあさんかるた

    もったいないばあさんかるた

    真珠 まりこ/著

    生活の中のいろいろな「もったいない」を題材とした読み札・絵札46組。楽しく遊びながら、「もったいない」を感じる心が自然にそだちます。

  • 遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    シゲタ サヤカ/作・絵

    「あつぎで シロコロ 食べてみた」
    「いせはらの とうふのおいしさ つたえたい」
    神奈川県のジモト民ならおなじみのネタや意外な話題が盛りだくさん。横浜、川崎、相模原から三浦半島、湘南、箱根まで、ジモト自慢が満載です。神奈川県の地理を遊びながら学べる、ジモト愛100パーセントのかるた!

  • 決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    あきやま かぜさぶろう/作

    もののかたちをとらえ、○、△、□などかんたんな形をつかって、いろいろな絵が描ける、魔法のメソッドを1日10分でたのしもう!

  • くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    講談社/編
    久保田競・久保田カヨ子/監修

    直線や曲線、ジグザグ、らせんなどの線を書く「運筆」の訓練をつづけると、文字を書くときに、手指をやわららかく 思いどおりに動かせるようになります。 100のトレーニングを積んでいけば、しぜんと「ひらがな」を書けるようになり、脳がきたえられます。

  • どこ? もりの なかの さがしもの

    どこ? もりの なかの さがしもの

    山形 明美/作
    大畑 俊男/撮影

    1冊の本がつれていってくれたのは、不思議なさがしものの森。動物たちの歓迎会、妖精のピクニック、洞窟の先の奇妙な屋敷。さあ、さがして見つけて追いかけて!

絵本通信 Facebookページ