読み聞かせ

おはなし隊の読み聞かせ 「絵本別」 読み聞かせのコツ

講談社では日本全国、津々浦々に絵本を積んだバスで訪問し、読みきかせする、「全国訪問おはなし隊」という活動をおこなっています。
この連載は、その読みきかせのもようをお知らせしつつ、読みきかせのワンポイントアドバイスをお蔵だしいたします。実物の本を見ながら読んでいただくと、よりよくわかると思います。
ぜひ、身近なところでお話し会をされる方や、保育園、幼稚園、小学校などにいって読みきかせボランティアをされるときなどの参考にしてくださいね。

『ゆきみちさんぽ』の読み聞かせのコツ

おはなし隊隊長 宝力美和

表紙をめくった見返しは、雪の絵です。
雪が降ってくるところからこの話は始まりますので、見返しもしっかり見せてください。
扉には、真っ白に降りつもった雪景色に驚いている女の子。

さあ、身支度をして外にでてみましょう。

この絵本には、擬態語がたくさん出てきます。その音をイメージして読んでいってください。
「さくさくさく」雪の上を歩く音、軽く歩く感じで読んでみましょう。
ゆきみちさんぽをすると、普段とは違う音に出会います。

「ぱさっぱさっぱさっ」「ぴとっぴとっぴとっ」なんのおと? と問いかけます。
答えは次のページにあるので、すぐにめくらず、子どもの反応を待ってみます。
小さい子には、音のでているものをちょっと指差すとわかりやすいですね。
子どもが想像できたら、ページをめくります。

途中で犬と出会い、一緒にあそぼうと雪玉を転がします。
「よいしょよいしょ」としっかり転がしましょう。

そしてページをめくり、できたのが雪だるまです。
「でーきたできた」と楽しそうに、作った雪だるまをよく見せてあげると、子どもたちもいろいろな事に気づくようです。

そして「しんしんしん」という静かな音。雪が降ってきました。

そのあと、女の子がくしゃみをして「さむい」というと「ざくざくざく」と静かな中に聞こえてくる音。
この音だけ次ページでも繰り返されます。

「なんのおと?」とちょっと不安げに問いかけると、ぼそぼそっと子ども達も小さな声。

ページをめくると「おかあさん!」やっぱり〜と安堵する子ども達の感じが伝わってきます。

ラストのページは雪だるまが1つ増えて2つ並んでいます。
雪だるまの手をみると、おかあさんと雪だるまを作って帰っていったようですね。

そして後ろの見返しもまた雪。
しんしんと降ってきたところで、静かに終わっていきます。

裏表紙の赤い椿の花も印象的です。

雪の中は馴染みのない子もいますが、普段と違う景色や音を想像してゆっくり読んでみましょう。
美しい絵と擬態語で情緒が広がります。
雪の中も散歩をしたくなりますね。

「絵本別」 読み聞かせのコツ バックナンバー

  • ゆきみちさんぽ

  • おもちのきもち

  • パンダ ともだちたいそう

  • コロッケ できました

  • くまさん どこ?

  • バナーナ!

  • ピカゴロウ

  • うどん対ラーメン

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

  • はっきょい どーん

  • うめじいのたんじょうび

  • ぬいぐるみのミュー

  • おむすびころりん

  • だーれの おしり?

  • ケーキ やけました

  • でんごんでーす

  • アントンせんせい おでかけです

  • のりもの つみき

  • おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

  • さんさんさんぽ

  • ももんが もんじろう

  • パンツはちきゅうをすくう

  • とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり

  • ふってきました

  • カッパも やっぱり キュウリでしょ?

  • ねこ どんなかお

  • パン どうぞ

  • てぶくろ

  • もったいないばあさんの  てんごくとじごくのはなし

  • かけっこ かけっこ

  • びっくりはなび

  • ちいさなタグはおおいそがし

  • ブービーとすべりだい

  • イカになあれ

  • つかまえた!

  • ぼくだってウルトラマン

  • ぴたっ!

  • おにぎりにんじゃ

  • ぼくたちの ピーナッツ

  • ハッピー ハロウィン!

  • ねこときどきらいおん

  • よわむしモンスターズ

  • どろんこ! どろんこ!

  • もぐもぐもぐ

  • アントンせんせい

  • ごとんごとん ごー!

  • りんごはいくつ?

  • かもとりごんべえ

  • つるのおんがえし

  • かさじぞう

  • さんまいのおふだ

  • へっこきよめさま

  • さるかにがっせん

  • うらしまたろう

  • わらしべちょうじゃ

  • いっすんぼうし

全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では月ごとに訪問先を募集中です! 月によって巡回する県が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本