読み聞かせ

おはなし隊の読み聞かせ 「絵本別」 読み聞かせのコツ

講談社では日本全国、津々浦々に絵本を積んだバスで訪問し、読みきかせする、「全国訪問おはなし隊」という活動をおこなっています。
この連載は、その読みきかせのもようをお知らせしつつ、読みきかせのワンポイントアドバイスをお蔵だしいたします。実物の本を見ながら読んでいただくと、よりよくわかると思います。
ぜひ、身近なところでお話し会をされる方や、保育園、幼稚園、小学校などにいって読みきかせボランティアをされるときなどの参考にしてくださいね。

『講談えほん 西行 鼓ヶ滝』 の読み聞かせのコツ

おはなし隊隊長 黒澤令子隊長

講談えほん「西行」を読む前に、講談のことや西行のことなどを予習するのが最大のポイントであり、はなしの面白さが最大限に味わえます。

講談とは、落語のように架空の人物や出来事ではなく、歴史上に実在した人物や実際にあった出来事を題材にした話芸です。そして西行とは、平安時代の末期に実在した歌人で、諸国を旅さきで、歌を詠んだとされています。今回の講談えほんの舞台は、鼓ヶ滝。どんなおはなしにになっているのでしょうか。

右手に杖、左手には懐紙を持った旅支度の西行の姿。これからどんな旅が始まって、どんな歌が読めるかと期待の微笑みなのか? はたまた、なんて素晴らしい歌が詠めた! の笑顔なのか? 想像を膨らませ、落ち着いたトーンで『西行-鼓ヶ滝』と読み始めます。

ここには、釈台に座り張り扇を持った講談師の姿が描かれており、講談の世界へと誘います。これからどんな話しが始まるのか、聞き手が心の準備ができるよう、西行の後ろ姿もゆっくりと見せてくだい。

落語は会話でストーリーが展開しますが、講談はナレーションをメインに物語がすすむのが特徴。流れるように読み始め、滝にあたる水の音の「ぽーん!」は、鼓の音色のようにワントーン高めに読んでみてください。

「伝え聞く 鼓ヶ滝に来てみれば 沢辺に咲きし たんぽぽの花」は和歌を詠むように、そして、自信たっぷりな感じで読んでみてください。

鼓ヶ滝に長居し、すっかり夜になってしまったところでは、先程までの自信たっぷりな感じから、不安で心細そうな雰囲気へとかわっていきます。そして、あらわれた一軒のあばら屋には、おじいさん、おばあさん、孫むすめが住んでいました。

ここがたのしいところ。「伝え聞く 鼓ヶ滝に来てみれば 沢辺に咲きし たんぽぽの花」の上の句をじいさんに、中の句をばあさんに、しまいには下の句までも孫むすめになおされるてしまいます。テンポ良くコミカルに読んでみてください。

おじいさん、おばあさん、孫むすめそれぞれの声色を使い分ける必要はありません。声の強弱、高低、大小、早さなどを変えるだけで十分です。おじいさんやおばあさんなどの年配者の場合は、低い声でゆっくりと、孫むすめのように若くて小さい者の場合は、少し高い声で気持ち早めに読んでみましょう。大袈裟な声色は子どもたちの想像力の邪魔をしてしまいますので、気をつけましょう。

あばら屋の三人は「和歌三神」だと悟った西行。「ああ、にどと、うぬぼれないようにしよう……。」の「……。」は、十分に余韻をもって読み終わりましょう。

「西行歌行脚の一席、よみおわりでございます。」と神田松之丞の声が聞こえて来そうです。裏表紙のたんぽぽの花も忘れずに見せて、おわりです。

現代の語り方と違う文章や、現代では使わない単語が出てきますので、あわてずゆっくり読んでください。まず絵を見ながら黙読し、全体の流れを把握したあとは、声に出して何度も練習できるといいですね。声の大きさ、テンポ、リズム、間がだんだんと表現出来るようになるので、皆さん、頑張ってチャレンジしてみてくださいね。

「絵本別」 読み聞かせのコツ バックナンバー

  • 講談えほん 西行 鼓ヶ滝

  • ふとんが ふっとんだ

  • しろ と くろ

  • ぼくのくれよん

  • おおきな ものの すきな おうさま

  • もったいないばあさんの いただきます

  • まよなかのせおよぎ

  • どしゃぶり

  • ころころパンダ、ゆらゆらパンダ

  • りょうりを してはいけない なべ

  • パンダかぞえたいそう

  • くさをはむ

  • はやくちことばえほん ももも すももも

  • ねこです。

  • がんばれちびゴジラ

  • トコトコバス

  • くだもの ぱくっ

  • どすこいすしずもう

  • おすわりどうぞ

  • いっぺんやってみたかってん

  • かえるぴょん

  • じゃぶじゃぶ じゃぐちくん

  • おおきくなったら きみはなんになる?

  • たべもの だーれ?

  • りんごが コロコロ コロリンゴ

  • ねこってこんなふう?

  • くるみのなかには

  • いただきますの おつきさま

  • ほしじいたけ ほしばあたけ

  • ちゅうちゅうたこかいな

  • パンダ なりきりたいそう

  • まゆげちゃん

  • しょうぼうしの サルサさん

  • ねこの看護師 ラディ

  • ゆきみちさんぽ

  • おもちのきもち

  • パンダ ともだちたいそう

  • コロッケ できました

  • くまさん どこ?

  • バナーナ!

  • ピカゴロウ

  • うどん対ラーメン

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

  • はっきょい どーん

  • うめじいのたんじょうび

  • ぬいぐるみのミュー

  • おむすびころりん

  • だーれの おしり?

  • ケーキ やけました

  • でんごんでーす

  • アントンせんせい おでかけです

  • のりもの つみき

  • おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

  • さんさんさんぽ

  • ももんが もんじろう

  • パンツはちきゅうをすくう

  • とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり

  • ふってきました

  • カッパも やっぱり キュウリでしょ?

  • ねこ どんなかお

  • パン どうぞ

  • てぶくろ

  • もったいないばあさんの  てんごくとじごくのはなし

  • かけっこ かけっこ

  • びっくりはなび

  • ちいさなタグはおおいそがし

  • ブービーとすべりだい

  • イカになあれ

  • つかまえた!

  • ぼくだってウルトラマン

  • ぴたっ!

  • おにぎりにんじゃ

  • ぼくたちの ピーナッツ

  • ハッピー ハロウィン!

  • ねこときどきらいおん

  • よわむしモンスターズ

  • どろんこ! どろんこ!

  • もぐもぐもぐ

  • アントンせんせい

  • ごとんごとん ごー!

  • りんごはいくつ?

  • かもとりごんべえ

  • つるのおんがえし

  • かさじぞう

  • さんまいのおふだ

  • へっこきよめさま

  • さるかにがっせん

  • うらしまたろう

  • わらしべちょうじゃ

  • いっすんぼうし

全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では月ごとに訪問先を募集中です! 月によって巡回する県が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

おすすめの絵本

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

  • おじいちゃんちの たうえ

    おじいちゃんちの たうえ

    作:さこ ももみ

    今日は「田植え」の日! 
    一家総出で行う田植えのようすと、春の田んぼの気持ちよさを描きます。

季節の絵本