読み聞かせ

『てぶくろ』の読み聞かせのコツ

おはなし隊隊長 牧野博美

寒い雪の日。うさぎのみみたんは、手袋を持ってきていませんでした。「てが つめたいよー。おねえちゃん、てぶくろを かして! もう かたほうも かしてー! かしてー!」すると……。

朝日新聞に投稿された実話をもとにした、心がぽっかぽかになる絵本です。いもとようこ先生が、新聞を読んで心が動かされ、自分なりの解釈を入れ込みおはなしを完成したそうです。

実話であるという話は、とくに子ども達が知る必要はありませんが、読み手はこの物語をより深く理解するという意味でも、心に止めておいて欲しいと思います。

そろそろ肌寒くなってきた初秋の、群馬県前橋市立まえばし幼稚園の年長さんクラスで読みました。

「みんな冬になって、手が冷たくなったら何を着ける?」すると子どもたちは「てぶくろー」と答えてくれます。そうやって絵本の中のみみたんにすぐに共感できるようなエピソードで、子ども達の集中力を高めます。

それから絵本を取り出し「それじゃ『てぶくろ』という絵本を読みます」と始めます。

みみたんがおねえちゃんに「てぶくろを かしてー」と言うシーンは、余韻を感じるように、なるべくゆっくりめくります。

優しくてあったかい、いもとようこ先生の世界は、全体的にテンポ良く読むというより、なるべく穏やかな声でゆっくり読んだ方が伝わると思います。

おねえちゃんは、片方の手から手袋をはずし、みみたんに貸してあげます。もう片方の手袋も貸して、と言うみみたんに、おねえちゃんは、手袋をしていない手で、みみたんの手をぎゅうっとにぎってあげます。

「おねえちゃんと、てを つなげば…… てぶくろは ひとつで いいんだね!」

子どもたちがわかりやすいように、おねえちゃんの手袋と、みみたんの手袋を、指でさしてあげるといいでしょう。

つぎにおばあちゃんがやってきて、三人で手をつなぎます。“三人で手をつないでも手袋はひとつでいい”ということに気がついた、みみたんの喜びを感じられるように、明るい口調で読むといい感じです。

ここでも赤い一組の手袋が確認できるように、かるく指で指してあげてください。

こんどはいろいろな動物たちと手をつなぎます。それでもやっぱり手袋はひとつ。

このシーンの絵はページをまたがっています。子どもたちは、手をつないだ動物たちを左から右へ視線を動かしながら、確認しています。そんな子どもたちの呼吸を感じつつ、ページをめくってください。

最後はみんなで手をつないで、輪になります。そうすると手袋はいらなくなります。

クライマックスのこのシーンには、いろいろな動物達が描かれています。子ども達の目線を捕らえ、しっかりと見せてあげてください。

そしてラストの一文「おばあちゃんの こころは ぽっかぽかでした」も、しっかりと伝わるように、笑顔で読んであげてください。

みみたんが、「てぶくろは ひとつ」と気づくシーンでは、子どもたちも同じように気づきます。はっ!  とした表情の子どもや、なかには「そっか!」と小さく声あげる子どももいます。

そんな子どもたちの気づきをたいせつにしながら、読んでほしいと思います。

「絵本別」 読み聞かせのコツ バックナンバー

  • かえるぴょん

  • じゃぶじゃぶ じゃぐちくん

  • おおきくなったら きみはなんになる?

  • たべもの だーれ?

  • りんごが コロコロ コロリンゴ

  • ねこってこんなふう?

  • くるみのなかには

  • いただきますの おつきさま

  • ほしじいたけ ほしばあたけ

  • ちゅうちゅうたこかいな

  • パンダ なりきりたいそう

  • まゆげちゃん

  • しょうぼうしの サルサさん

  • ねこの看護師 ラディ

  • ゆきみちさんぽ

  • おもちのきもち

  • パンダ ともだちたいそう

  • コロッケ できました

  • くまさん どこ?

  • バナーナ!

  • ピカゴロウ

  • うどん対ラーメン

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

  • はっきょい どーん

  • うめじいのたんじょうび

  • ぬいぐるみのミュー

  • おむすびころりん

  • だーれの おしり?

  • ケーキ やけました

  • でんごんでーす

  • アントンせんせい おでかけです

  • のりもの つみき

  • おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

  • さんさんさんぽ

  • ももんが もんじろう

  • パンツはちきゅうをすくう

  • とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり

  • ふってきました

  • カッパも やっぱり キュウリでしょ?

  • ねこ どんなかお

  • パン どうぞ

  • てぶくろ

  • もったいないばあさんの  てんごくとじごくのはなし

  • かけっこ かけっこ

  • びっくりはなび

  • ちいさなタグはおおいそがし

  • ブービーとすべりだい

  • イカになあれ

  • つかまえた!

  • ぼくだってウルトラマン

  • ぴたっ!

  • おにぎりにんじゃ

  • ぼくたちの ピーナッツ

  • ハッピー ハロウィン!

  • ねこときどきらいおん

  • よわむしモンスターズ

  • どろんこ! どろんこ!

  • もぐもぐもぐ

  • アントンせんせい

  • ごとんごとん ごー!

  • りんごはいくつ?

  • かもとりごんべえ

  • つるのおんがえし

  • かさじぞう

  • さんまいのおふだ

  • へっこきよめさま

  • さるかにがっせん

  • うらしまたろう

  • わらしべちょうじゃ

  • いっすんぼうし

全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では月ごとに訪問先を募集中です! 月によって巡回する県が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

おすすめの絵本

  • どしゃぶり

    どしゃぶり

    おーなり 由子/文 はた こうしろう/絵

    どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

  • 新版 星空キャンプ

    新版 星空キャンプ

    村上 康成/作

    月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

  • ぼんちゃんのぼんやすみ

    ぼんちゃんのぼんやすみ

    あおき ひろえ/作

    子どもに伝えたい日本の風習
    ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • きもだめし

    きもだめし

    新井 洋行/作

    『きもだめし』は、その名の通り、夏の風物詩である肝試しがテーマの、縦開きのしかけ絵本です。
     不気味な日本人形の、おどろおどろしい肝試しへの案内から、本作は始まります。幽霊や、一つ目お化け、ろくろっくび、のっぺらぼうなど、定番のお化けや妖怪が次々に登場します。 おはなし会や、親子でドキドキしながら楽しめる1冊です。

  • ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    庄野 ナホコ/作

    マグロのおさしみに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。
    ある日、庭になったおおきなスイカで、ひともうけしてマグロのおさしみを食べようと、売りにでかけますが……。

季節の絵本