読み聞かせ

『カッパも やっぱり キュウリでしょ?』の読み聞かせのコツ

おはなし隊隊長 宇田詔子

予想をいつも覆してくれる、シゲタサヤカさんの絵本ワールド。
読みながら、え? え? え? の驚きと想像の世界にようこそ。
今回の主人公は、まな板でも、帽子でもなく、カッパです。
そして、表紙から驚きの世界がはじまっているのです。
何かを背負っています。よーく見ても、何でしょう? わかりません。
インパクト絶大です。

読み聞かせの時は、まず表紙から良く見せてあげると良いでしょう。
表紙を見せてから、題名をふしぎな気持ちで言いましょう。
「カッパもやっぱりキュウリでしょ?」
それを聞いた大人も子どもも、頭にたくさんの?が浮かぶことでしょう。

そのふしぎそうな顔を見ながら、いよいよページをめくります。
見返しでは、いきなりカッパが何かを買っています。何を買っているんだ、カッパ。
ますます、シゲタワールドの扉を早くめくりたくなります。

「カッパのあたまのなかは、だいたいいつもキュウリのことでいっぱいです。」
このフレーズで、より一層カッパとキュウリの関係性が強まります。

「やべえ、キュウリがなくなっちまった。」
カッパは、寝る前にキュウリを買いにいきます。そして、目指したのは
「キュウリのじどうはんばいきです。」
え、え、え、キュウリは自動販売機で売ってるの?
そして、よく見ると、いろいろな種類のキュウリが。
輪切り、スティック、キュウリソーダ、キュウリソフト、高級キュウリ。
でも、「カッパはいつもわぎりのキュウリ。」
へえ、意外とスタンダードなんだね。

「テクテクよみちをかえっていくと、なにやらすご~くきになるものが。」
そして、いよいよ登場したのは、どう見ても、アレ。カッパの相棒、いや宿命の友、輪切りのキュウリ。しかも、とても大きいのです。夜道に落ちていたらだれでも気になります。どうやら風邪をひいているようです。

今すぐに食べたいけど、ここは我慢。元気になっておいしくなるのを待つことにして、一生懸命介抱することにします。
家に連れて帰り、おかゆや薬を与えたり、ベットを貸してあげて、誠心誠意、看病します。
カッパの心の優しさにちょっと触れながら、優しく読んであげると良いでしょう。

でもでも、だんだん元気になってくると、なぜかキュウリがまずそうな色に。
このあたりから、このキュウリ、なんだろう、何者なんだと思えてきます。

そして元気になったキュウリは、家に帰ると言うのです。
ちょっと待ったと言わんばかりに、カッパも一緒に行きます。

このあたりの展開は、聞いている人も?が頭のなかで渦巻いているので、テンポよく読むといいでしょう。

そして、衝撃の正体が暴かれます。
「○○なんだ……」
聞き手も読み手も納得と言うより、カッパの気持ちになって何だろう、残念のような、裏切られたような、心に穴が空いた空虚な気持ちは。

そして、風邪をうつされてしまうカッパ。
可哀想に、辛いだろうに、悔しいだろうに、泣けてきます。

それなのに、陽気な○○は夜明けとともにキュウリ片手にお見舞いにやってきます。
「カッパもやっぱりキュウリでしょ?」って。

裏心がありつつも優しいカッパに、すっかり心を奪われてしまう一冊です。
そして、陽気な○○。
話を楽しみながら、聞いている方の表情も楽しむと、さらにこの本の面白さが増すと思います。私のお気に入りの一冊になりました。

「絵本別」 読み聞かせのコツ バックナンバー

  • はやくちことばえほん ももも すももも

  • ねこです。

  • がんばれちびゴジラ

  • トコトコバス

  • くだもの ぱくっ

  • どすこいすしずもう

  • おすわりどうぞ

  • いっぺんやってみたかってん

  • かえるぴょん

  • じゃぶじゃぶ じゃぐちくん

  • おおきくなったら きみはなんになる?

  • たべもの だーれ?

  • りんごが コロコロ コロリンゴ

  • ねこってこんなふう?

  • くるみのなかには

  • いただきますの おつきさま

  • ほしじいたけ ほしばあたけ

  • ちゅうちゅうたこかいな

  • パンダ なりきりたいそう

  • まゆげちゃん

  • しょうぼうしの サルサさん

  • ねこの看護師 ラディ

  • ゆきみちさんぽ

  • おもちのきもち

  • パンダ ともだちたいそう

  • コロッケ できました

  • くまさん どこ?

  • バナーナ!

  • ピカゴロウ

  • うどん対ラーメン

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

  • はっきょい どーん

  • うめじいのたんじょうび

  • ぬいぐるみのミュー

  • おむすびころりん

  • だーれの おしり?

  • ケーキ やけました

  • でんごんでーす

  • アントンせんせい おでかけです

  • のりもの つみき

  • おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

  • さんさんさんぽ

  • ももんが もんじろう

  • パンツはちきゅうをすくう

  • とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり

  • ふってきました

  • カッパも やっぱり キュウリでしょ?

  • ねこ どんなかお

  • パン どうぞ

  • てぶくろ

  • もったいないばあさんの  てんごくとじごくのはなし

  • かけっこ かけっこ

  • びっくりはなび

  • ちいさなタグはおおいそがし

  • ブービーとすべりだい

  • イカになあれ

  • つかまえた!

  • ぼくだってウルトラマン

  • ぴたっ!

  • おにぎりにんじゃ

  • ぼくたちの ピーナッツ

  • ハッピー ハロウィン!

  • ねこときどきらいおん

  • よわむしモンスターズ

  • どろんこ! どろんこ!

  • もぐもぐもぐ

  • アントンせんせい

  • ごとんごとん ごー!

  • りんごはいくつ?

  • かもとりごんべえ

  • つるのおんがえし

  • かさじぞう

  • さんまいのおふだ

  • へっこきよめさま

  • さるかにがっせん

  • うらしまたろう

  • わらしべちょうじゃ

  • いっすんぼうし

全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では月ごとに訪問先を募集中です! 月によって巡回する県が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

おすすめの絵本

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

季節の絵本