読み聞かせ

『ふってきました』の読み聞かせのコツ

おはなし隊隊長 渡邉達夫

この本は、第39回講談社出版文化賞絵本賞と第13回日本絵本賞をダブル受賞した絵本です。おはなし隊でもよく取り上げられる人気の絵本となっています。

お母さんの為に、お花を摘んでいるつるこちゃんの上に、空からいろいろな動物たちが降ってくるという、単純な構成ですが、子どもたちが純粋に楽しめる正に「絵本的な絵本」です。「次はなにがふってくるかな?」という、子どもたちの好奇心を十分に引き出すため、間の取り方が、大変重要です。意見が分かれる所ですが、私の場合は「おはなし会」を特別な機会ととらえ、動物たちが降ってくるページをめくらずに読み始め、降ってきたところで、素早くページをめくり、絵を見せるようにしています。

扉のページの怪しげな空の絵を見せ、「いまにも ふってきそうな そらです」は、やや低い声で物語を始めます。

ページをめくり、今度は、明るい声で 「つるこちゃんは おはなを つんでいました」
と読み出します。物語の始まりです。子どもたちの中には、絵の中に、カメがいるのを見つける子もいます。

次ページでは「すると そらから……」まではページをめくらず、十分間をとって読みます。そして、さっとページをめくりながら「おおきな わにがふってきました」と続けます。ここは、スピードが大事です。子どもたちは、意外な展開に大笑い。

「どずずん!  つるこちゃん びっくり」で 一度、間をとります。「おはなは ばらばら」
このフレーズは、これから続けて出てきますので、しっかり読みます。

「びっくりさせて ごめんね」「うん。いいよ。」
わにと、つるこちゃんのセリフの対比がしっかりわかるように読みます。

「つるこちゃんと わにが、おはなをつんでいると……」ここまでは、先ほど同様、ページをめくらず間をとって……、そしてページをめくりながら「そらから ぞうがふってきました。」と 一気に読みます。 子どもたち、さらに大笑いに。

「どかしーん!」ぞうの重さが感じられるような、トーンで読んだ後は、先ほどのフレーズで 「つるこちゃんと わに、びっくり。おはなは ばらばら」と続けます。

「びっくりさせて ごめんね」からは、先ほどと同じように、対比を意識して。

次ページも、「つるこちゃんと わにと ぞうが、おはなを つんでいると……」
まではページをめくらずに、「そらから」で十分間をとって、「ライオンと しまうまと パンダが ふってきました。」は一気に読みましょう。

「ぐわし!」擬音の読み方を工夫して、先ほどの同じフレーズを読み、最後の「きょうは ほんとうに よく ふってくる ひです。」をサラッと付け加えるように読みます。

「びっくりさせて ごめんね。」 このページも、前と同じように読みます。

次のページは、ガラッとトーンを変えて、皆の楽しそうな気分を表現します。

そして「すてきな はなたばの できあがり」 で しっかり絵を見せてあげます。

そして、最大の山場となる訳ですが、ページをめくらずに、「すると」で一度間をとると、子どもたちは、「えっ、また何か降ってくるの?」という表情になります。「こんどは そらから」と十分に間をとって「つるこちゃんの おかあさんが ふってきました」と一気に読みながらページをめくります。

「くるっ! すたっ! おみごと!」をリズムよく読んで、「みんな はくしゅを しました」で子どもたちの表情を確認すると、拍手が起きることも良くあります。そうなれば、大成功ですね。

「おかあさん、おたんじょうび おめでとう。」親子の楽しい会話です。

最後のページは、私の場合は、さりげなく「きょうは ふってきて ほんとうに よかった」 チャンチャンという感じに読んでいます。

そして、お約束通り裏表紙を見せ、表紙を見せてから、左右に開いて表裏を見せると、子どもたちから「つながった!」という歓声が聞こえてくることでしょう。
最初から、つながった形で見せてしまう方がいらっしゃいますが、あくまで、お約束通りに! その方が、つながった時のインパクトが大きいですよ。

「絵本別」 読み聞かせのコツ バックナンバー

  • まゆげちゃん

  • しょうぼうしの サルサさん

  • ねこの看護師 ラディ

  • ゆきみちさんぽ

  • おもちのきもち

  • パンダ ともだちたいそう

  • コロッケ できました

  • くまさん どこ?

  • バナーナ!

  • ピカゴロウ

  • うどん対ラーメン

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

  • はっきょい どーん

  • うめじいのたんじょうび

  • ぬいぐるみのミュー

  • おむすびころりん

  • だーれの おしり?

  • ケーキ やけました

  • でんごんでーす

  • アントンせんせい おでかけです

  • のりもの つみき

  • おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

  • さんさんさんぽ

  • ももんが もんじろう

  • パンツはちきゅうをすくう

  • とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり

  • ふってきました

  • カッパも やっぱり キュウリでしょ?

  • ねこ どんなかお

  • パン どうぞ

  • てぶくろ

  • もったいないばあさんの  てんごくとじごくのはなし

  • かけっこ かけっこ

  • びっくりはなび

  • ちいさなタグはおおいそがし

  • ブービーとすべりだい

  • イカになあれ

  • つかまえた!

  • ぼくだってウルトラマン

  • ぴたっ!

  • おにぎりにんじゃ

  • ぼくたちの ピーナッツ

  • ハッピー ハロウィン!

  • ねこときどきらいおん

  • よわむしモンスターズ

  • どろんこ! どろんこ!

  • もぐもぐもぐ

  • アントンせんせい

  • ごとんごとん ごー!

  • りんごはいくつ?

  • かもとりごんべえ

  • つるのおんがえし

  • かさじぞう

  • さんまいのおふだ

  • へっこきよめさま

  • さるかにがっせん

  • うらしまたろう

  • わらしべちょうじゃ

  • いっすんぼうし

全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では月ごとに訪問先を募集中です! 月によって巡回する県が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

おやすみなさいの絵本

  • ゆうくんの くまパジャマ

    ゆうくんの くまパジャマ

    中谷靖彦/絵
    カザ敬子/作

    ある日、ゆうくんに、素敵な「くまパジャマ」が届きました。さっそく着がえたゆうくんは、「ぼく、くまだぞー」とおおはしゃぎ。ところが、その後、ゆうくんに不思議なことがおこります。心温まる、おやすみ絵本の新定番。

  • ねんねん どっち?

    ねんねん どっち?

    宮野聡子/作

    どっち? という楽しい質問につぎつぎ答えていくうちに、自然に眠りの世界へといざなっていきます。おやすみ前のひととき、「どっちあそび」で親子の豊かな時間をすごしませんか?

  • ねんね

    ねんね

    さこももみ/作

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

  • ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。親子の愛情を感じさせる一冊。手に取りやすいミニサイズの年少版もおすすめです。

  • 0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    前橋明/監修

    おふとんみたいに表紙がふわふわ! しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

  • おやすみなさいの おと

    おやすみなさいの おと

    いりやまさとし/作

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

  • おやすみ のらちゃん

    おやすみ のらちゃん

    よねづゆうすけ/作

    猫ののらちゃんは、そろそろねるじかん。 きがえは? トイレは? はみがきは? おやすみ前にぴったりの、とっておき仕掛け絵本。

あかちゃん絵本