読み聞かせ

『とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり』の読み聞かせのコツ

おはなし隊隊長 鈴木よね子

この絵本との出会いは、書店にお勤めのボランティアさんがおはなし会で読んでくださった時でした。途中でおはなし会の席を外して戻ってきた時に、会場の外にまで子どもたちの「ギャー」「キャー」「アハハハ……」と歓声や笑い声が響いてきました。何事が起こったのかと部屋に入ると、 “かえうた”の場面に笑い転げている子どもたちの姿がありました。それ以来、こいのぼりのあがる4月、5月の季節にはこの本の出番が多くなり、ずっと読み続けてきました。

トラのおとうさんが垣根にこいのぼりをくくりつけ、トラのこさんきょうだいがそれを見つけて大喜び、という場面からこの絵本は始まります。

お父さんのまわりをぐるぐるまわる様子など、にぎやかで躍動感のある絵なので、元気な子どもたちをイメージして読むといいですね。

いよいよかえうたの場面が始まります。「くもよ~りた~か~いこいの~ぼ~り~」と歌い始めると、「えっ! ちがうよ」と言いだす子どもがいます。「だから、かえうたなんだよ!」と声が聞こえてきて「あっ! そうか」という表情に変わります。それから3番まで子どもたちの大爆笑が続きます。

歌のところで大切なことは、テンポよく、リズミカルに、そしてページが変わるところでも、歌をとぎれさせないように、なめらかにページをめくりながら歌い続けることです。1番の最後「とんで~い~る~」、2番の「おこ~ってる~」、3番の「のびて~い~る~」は少し声を大きくしないと、子どもたちの笑い声で読み手の声が消されることがあるので、ちょっと様子を見ながら間をおいて歌うか、声を大きくしてみてください。

次から次へと歌がとまらなくなりますが、小さな字で書かれたところを全部読むと間延びしてしまいますので、ひとつふたつくらいを選んで読んでみるといいですね。

とうとう歌い疲れてしまった場面では、テンポをゆるめて、お父さんにくっついて、そして最後はお父さんの足取りも重たく聞こえるようにゆっくり歌いましょう。

最後のページは言葉がありませんが、丁寧に見せてあげるとおはなしの続きを想像しているつぶやきが聞こえてきたり、楽しかった余韻を感じている様子が伝わってきたりします。

表と裏の表紙を広げながら見せて終わります。ダイナミックなこいのぼりに「つながっている~」「もう1回読んで~」「楽しかった~」とうれしい反応にいつも励まされています。

時々、「私は歌が下手なので……」とおっしゃる方がいますが、もともと子どもたちの口から出た出まかせの歌と思えば、あまり上手に歌う必要はありません。ぜひ、挑戦してみてくださいね。

「絵本別」 読み聞かせのコツ バックナンバー

  • ちゅうちゅうたこかいな

  • パンダ なりきりたいそう

  • まゆげちゃん

  • しょうぼうしの サルサさん

  • ねこの看護師 ラディ

  • ゆきみちさんぽ

  • おもちのきもち

  • パンダ ともだちたいそう

  • コロッケ できました

  • くまさん どこ?

  • バナーナ!

  • ピカゴロウ

  • うどん対ラーメン

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

  • はっきょい どーん

  • うめじいのたんじょうび

  • ぬいぐるみのミュー

  • おむすびころりん

  • だーれの おしり?

  • ケーキ やけました

  • でんごんでーす

  • アントンせんせい おでかけです

  • のりもの つみき

  • おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

  • さんさんさんぽ

  • ももんが もんじろう

  • パンツはちきゅうをすくう

  • とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり

  • ふってきました

  • カッパも やっぱり キュウリでしょ?

  • ねこ どんなかお

  • パン どうぞ

  • てぶくろ

  • もったいないばあさんの  てんごくとじごくのはなし

  • かけっこ かけっこ

  • びっくりはなび

  • ちいさなタグはおおいそがし

  • ブービーとすべりだい

  • イカになあれ

  • つかまえた!

  • ぼくだってウルトラマン

  • ぴたっ!

  • おにぎりにんじゃ

  • ぼくたちの ピーナッツ

  • ハッピー ハロウィン!

  • ねこときどきらいおん

  • よわむしモンスターズ

  • どろんこ! どろんこ!

  • もぐもぐもぐ

  • アントンせんせい

  • ごとんごとん ごー!

  • りんごはいくつ?

  • かもとりごんべえ

  • つるのおんがえし

  • かさじぞう

  • さんまいのおふだ

  • へっこきよめさま

  • さるかにがっせん

  • うらしまたろう

  • わらしべちょうじゃ

  • いっすんぼうし

全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では月ごとに訪問先を募集中です! 月によって巡回する県が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

たべものの絵本

  • うどん対ラーメン

    うどん対ラーメン

    田中六大/作

    日本人なら、誰もがなじみのある国民食の「うどん」と「ラーメン」。
    どちらがおいしいのか、ついに決着がつくのか、それともつかないのか!?
    「バカバカしさ」を骨の髄まで追求した、ユーモア絵本です。

  • いもいも ほりほり

    いもいも ほりほり

    西村敏雄/作

    秋の行楽のいちばん人気は、なんといっても、いもほり!
    「あの くも いもに みえるぞ~。」
    ぶたのきょうだいは、はりきっていもほりに出かけます。さあ、どんなおいもが ほれたかな?

  • もったいないばあさんの いただきます

    もったいないばあさんの いただきます

    真珠まりこ/作・絵

    好ききらいをしていたら、もったいないばあさんがやってきた。いろいろな食べ物の役割を、楽しく教えてくれるよ。

  • いただきますの おつきさま

    いただきますの おつきさま

    鈴木真実/作

    ある夜、お月さまが落ちてきた! たいへん、たいへん、とうさぎがみんなを集めて落ちたところに向かうと……。そこには大きな○○○が! あま~いにおいのする○○○につられて、うっかりみんなで食べてしまいました。今夜の月はどうなるの?

  • スープに なりました

    スープに なりました

    彦坂有紀・もりといずみ/作

    にんじんが、スープになりました。ごくん。
    じゃがいもが、とろんとろんのスープになりました。ごくごく。
    親子の食卓が楽しくなる、野菜とスープの、おいしい木版画絵本。

  • まないたに りょうりを あげないこと

    まないたに りょうりを あげないこと

    シゲタサヤカ/作

    「ぼく、このレストランの料理をたべてみたいな~」食いしんぼのまな板に、気のやさしいコックはこっそり料理をあげます。まな板がしゃべる楽しい絵本。

季節の絵本