読み聞かせ

『だーれの おしり?』の読み聞かせのコツ

おはなし隊隊長 宇田詔子

かわいい動物たちのおしりが見え隠れする、『だーれの おしり?』
鮮やかな色使いと、愛嬌のある動物たちの後ろ姿、いや、「おしり姿」に思わず、きゅんっと心を掴まれる一冊。子どもも大人も、夢中になること間違いなしです。

わかりやすさ、可愛らしさがぎゅっと詰まった一冊なので、子ども達の緊張をほぐし、にっこり笑顔になれます。

私は、おはなし会のはじめや、ちょっと賑やかになりすぎて集中を欠くときなどに登場させます。ただし、あまりにも賑やかな時は、新しいページをめくるときに、一言付け加えます。
「これから、ページをめくるけど、わかった人は内緒にしてくれるかな? まだ、わからない人に少し考える時間をあげてね。だから答えが解っても、しーってしてくださいね」
そう言うことで、みんなが集中して絵本の内容に耳を傾けてくれますよ。

「まんまる おみみに ひょろひょろ しっぽ。だーれの おしり? 」
最初の動物の登場です。すこし、子ども達の反応を待ってから、上の部分をめくると
「ねずみさん」


次もテンポよく進めます。
「ながい おみみに ふわふわ しっぽ。だーれの おしり? 」

「うさぎさん」

ここまでくると子ども達も展開に慣れてきて、
「きいろい からだに おっぽを ふりふり。だーれの おしり?」
ここの反応は、とても変化が出てきやすい部分です。

ひよこひよこひよこ、にわとり、など、黄色とふわふわおしりに
目を奪われた子ども達の自由な発言が始まります。
「あひるさん」
と言うと、「えー、そーなんだ」、「うそー」など、ちょっと意表を突かれた反応が出てきます。

「あかい おみみに ながーい しっぽ。だーれの おしり?」意表を突かれた子ども達、ここはじーっと絵を見て考えます。熊? でも赤いおみみ? ながいしっぽ? 
など、ちょっとなんだろう? 
よくわからない子どもも、すぐピンとくる子どももいますので、その時の様子をみてめくると、
「おさるさん」
「やっぱり、そう来たか!」や、「えー」など、もうこの辺から、子ども達も次は何? なんだろう? とドキドキが止まらなくなります。

「ぴんくの からだに くるくる しっぽ。だーれの おしり?」
ここはもうわかった! 簡単! 簡単!
ぶたぶたぶた! と連呼する子ども達で、賑やかになります。
「ぶたさん」
と言うと、ほらー、やっぱり、簡単だねーと子ども達も得意気です。

さて、ここからきつね、ぞうと続きますが、すぐ理解する子ども達が多いので、
冒頭で付け加えたお約束を一言付け加えたほうが、良い時があります。
あまりにも賑やかになると、まったく読み手の声が聞こえないこともあります。
但しその時の状況に応じてで良いと思いますので、あまり気にせずにどんどん参りましょう。

そして、最後はとってもかわいいおしり。
「あれ? この、かわいいのは だーれの おしり?」

子ども達の反応は、「人だよー」、「おしりだよー」や、パンツ、アヒル、おともだち、など様々です。
「はーい! ぼく」

やっぱり、人間だねと納得する子どもや、おしり丸出しーと、笑う子ども、
子どもも大人も、とにかくみんなニコニコして、とても楽しそうにしてくれました。

一冊の絵本の持つ、魅力、魔力、笑顔力、その場所の雰囲気をぱっと明るくしてくれ、
子どもと大人を楽しい気持ちにしてくれる一冊です。
おしりの持つ魅力は、すごいなと感じるのでした。
またまた、わたしのお気に入りの一冊が見つかりました。
これからも、多くの子どもと大人と読んでいきたい絵本です。

「絵本別」 読み聞かせのコツ バックナンバー

  • くさをはむ

  • はやくちことばえほん ももも すももも

  • ねこです。

  • がんばれちびゴジラ

  • トコトコバス

  • くだもの ぱくっ

  • どすこいすしずもう

  • おすわりどうぞ

  • いっぺんやってみたかってん

  • かえるぴょん

  • じゃぶじゃぶ じゃぐちくん

  • おおきくなったら きみはなんになる?

  • たべもの だーれ?

  • りんごが コロコロ コロリンゴ

  • ねこってこんなふう?

  • くるみのなかには

  • いただきますの おつきさま

  • ほしじいたけ ほしばあたけ

  • ちゅうちゅうたこかいな

  • パンダ なりきりたいそう

  • まゆげちゃん

  • しょうぼうしの サルサさん

  • ねこの看護師 ラディ

  • ゆきみちさんぽ

  • おもちのきもち

  • パンダ ともだちたいそう

  • コロッケ できました

  • くまさん どこ?

  • バナーナ!

  • ピカゴロウ

  • うどん対ラーメン

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

  • はっきょい どーん

  • うめじいのたんじょうび

  • ぬいぐるみのミュー

  • おむすびころりん

  • だーれの おしり?

  • ケーキ やけました

  • でんごんでーす

  • アントンせんせい おでかけです

  • のりもの つみき

  • おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

  • さんさんさんぽ

  • ももんが もんじろう

  • パンツはちきゅうをすくう

  • とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり

  • ふってきました

  • カッパも やっぱり キュウリでしょ?

  • ねこ どんなかお

  • パン どうぞ

  • てぶくろ

  • もったいないばあさんの  てんごくとじごくのはなし

  • かけっこ かけっこ

  • びっくりはなび

  • ちいさなタグはおおいそがし

  • ブービーとすべりだい

  • イカになあれ

  • つかまえた!

  • ぼくだってウルトラマン

  • ぴたっ!

  • おにぎりにんじゃ

  • ぼくたちの ピーナッツ

  • ハッピー ハロウィン!

  • ねこときどきらいおん

  • よわむしモンスターズ

  • どろんこ! どろんこ!

  • もぐもぐもぐ

  • アントンせんせい

  • ごとんごとん ごー!

  • りんごはいくつ?

  • かもとりごんべえ

  • つるのおんがえし

  • かさじぞう

  • さんまいのおふだ

  • へっこきよめさま

  • さるかにがっせん

  • うらしまたろう

  • わらしべちょうじゃ

  • いっすんぼうし

全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では月ごとに訪問先を募集中です! 月によって巡回する県が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

おすすめの絵本

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

季節の絵本