読み聞かせ

『おむすびころりん』の読み聞かせのコツ

おはなし隊隊長 山下まり子

桜の開花が待ち遠しい季節になりました。
おむすび(おにぎり)を持って、お花見に出かけられるのも、もうすぐですね。
大人も子どもも大好きな、おむすびが出てくる馴染み深い昔話。
『おむすびころりん』を読んでみましょう。

まずはタイトル。表紙をしっかり見せます。楽しそうなおじいさんと、ねずみたち。ここからすでにワクワク感が伝わってきます。

「おじいさん、二つもおにぎり持ってる~」「ねずみさん、かわいい~」など、子どもたちは、しっかり絵を見て反応してくれます。

出だしの「むかしむかし」は、ゆったりと。少し遅いかな? と思うくらいゆっくりしたテンポで読み始めます。

おむすびが転がって穴に落ちる場面から、少しテンポアップ。転がっていく感じを出します。

♪おむすび ころりん すっとんとん♪のところは、自分なりに音調をつけてリズミカルに読みます。おじいさんの楽しい気持ちと、ねずみたちの嬉しい気持ちが伝わるように、♪おむすび ころりん すっとんとん♪を繰り返します。

♪おじいさん ころりん すっとんとん♪も音調は同じですが、びっくりした感じを出しながら読みます。

♪ぺったん ぺったん ねずみのもちつき~~♪のところも、音調をつけて読みます。
子どもたちと♪ぺったんぺったんぺったんたん♪と一緒に歌ってみても、楽しいです。

となりの、けちでよくばりの、おじいさんとおばあさんが、正直なおじいさんの家の様子を覗いている場面は、少し絵を指さしてあげると、わかりやすいでしょう。

けちでよくばりの、おじいさんとおばあさんのところは、正直なおじいさんとの違いを出すために、これまでと少し声色を変えて読みます。

ラストもまた、ゆっくりゆったりと読んで、「はい、おしまい。」と、しめくくり、絵本を閉じます。

宝物欲しさにねずみに意地悪をして、もぐらになってしまった欲張りなおじいさん。
子どもたちは、それぞれに感想を持ちながら結末を受け入れてくれます。
昔話の世界観を大切にしながら読んでみましょう。

「絵本別」 読み聞かせのコツ バックナンバー

  • ちゅうちゅうたこかいな

  • パンダ なりきりたいそう

  • まゆげちゃん

  • しょうぼうしの サルサさん

  • ねこの看護師 ラディ

  • ゆきみちさんぽ

  • おもちのきもち

  • パンダ ともだちたいそう

  • コロッケ できました

  • くまさん どこ?

  • バナーナ!

  • ピカゴロウ

  • うどん対ラーメン

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

  • はっきょい どーん

  • うめじいのたんじょうび

  • ぬいぐるみのミュー

  • おむすびころりん

  • だーれの おしり?

  • ケーキ やけました

  • でんごんでーす

  • アントンせんせい おでかけです

  • のりもの つみき

  • おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

  • さんさんさんぽ

  • ももんが もんじろう

  • パンツはちきゅうをすくう

  • とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり

  • ふってきました

  • カッパも やっぱり キュウリでしょ?

  • ねこ どんなかお

  • パン どうぞ

  • てぶくろ

  • もったいないばあさんの  てんごくとじごくのはなし

  • かけっこ かけっこ

  • びっくりはなび

  • ちいさなタグはおおいそがし

  • ブービーとすべりだい

  • イカになあれ

  • つかまえた!

  • ぼくだってウルトラマン

  • ぴたっ!

  • おにぎりにんじゃ

  • ぼくたちの ピーナッツ

  • ハッピー ハロウィン!

  • ねこときどきらいおん

  • よわむしモンスターズ

  • どろんこ! どろんこ!

  • もぐもぐもぐ

  • アントンせんせい

  • ごとんごとん ごー!

  • りんごはいくつ?

  • かもとりごんべえ

  • つるのおんがえし

  • かさじぞう

  • さんまいのおふだ

  • へっこきよめさま

  • さるかにがっせん

  • うらしまたろう

  • わらしべちょうじゃ

  • いっすんぼうし

全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では月ごとに訪問先を募集中です! 月によって巡回する県が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

たべものの絵本

  • うどん対ラーメン

    うどん対ラーメン

    田中六大/作

    日本人なら、誰もがなじみのある国民食の「うどん」と「ラーメン」。
    どちらがおいしいのか、ついに決着がつくのか、それともつかないのか!?
    「バカバカしさ」を骨の髄まで追求した、ユーモア絵本です。

  • いもいも ほりほり

    いもいも ほりほり

    西村敏雄/作

    秋の行楽のいちばん人気は、なんといっても、いもほり!
    「あの くも いもに みえるぞ~。」
    ぶたのきょうだいは、はりきっていもほりに出かけます。さあ、どんなおいもが ほれたかな?

  • もったいないばあさんの いただきます

    もったいないばあさんの いただきます

    真珠まりこ/作・絵

    好ききらいをしていたら、もったいないばあさんがやってきた。いろいろな食べ物の役割を、楽しく教えてくれるよ。

  • いただきますの おつきさま

    いただきますの おつきさま

    鈴木真実/作

    ある夜、お月さまが落ちてきた! たいへん、たいへん、とうさぎがみんなを集めて落ちたところに向かうと……。そこには大きな○○○が! あま~いにおいのする○○○につられて、うっかりみんなで食べてしまいました。今夜の月はどうなるの?

  • スープに なりました

    スープに なりました

    彦坂有紀・もりといずみ/作

    にんじんが、スープになりました。ごくん。
    じゃがいもが、とろんとろんのスープになりました。ごくごく。
    親子の食卓が楽しくなる、野菜とスープの、おいしい木版画絵本。

  • まないたに りょうりを あげないこと

    まないたに りょうりを あげないこと

    シゲタサヤカ/作

    「ぼく、このレストランの料理をたべてみたいな~」食いしんぼのまな板に、気のやさしいコックはこっそり料理をあげます。まな板がしゃべる楽しい絵本。

季節の絵本