読み聞かせ

『はっきょい どーん』の読み聞かせのコツ

おはなし隊隊長 宇田詔子

相撲の魅力、大迫力で感じられる一冊です。世紀の取り組みの行方を見守りながら、子どもも大人もついつい息を飲んでしまう。応援していると手に汗握ること間違いなし。絵本から力士の息遣いや汗を感じられるかもしれない。注目の新人絵本作家、やまもとななこさんの相撲絵本です。

私は、おはなし会にちょっと変化を持たせたい時や、場面展開に使用しています。言葉は少ないですが、ページをめくるタイミングに間を持たせ、めくってから心の中で、1,2と数えてから読み始めます。そして読むスピードにも注意し、臨場感を持たせるために本当に今、自分が取り組みに挑んで力を出しきっているように、言葉に力を込めて読んでいきます。

「待ったなし! 優勝きめる大一番  はじめていどむ明の海」
ここは、これから物語が始まるドキドキとした高揚感を出します。

「むかえうつのは最強(ここを強く読み)の横綱 武留道山(ぶるど~ざん~~)」
テンポよく進めます。

「(力強く) 負けるもんか!」
「みあって みあって はっきょい!」
ここで少しためていると、子どもたちが口々に、のこったのこったを言い始めることもあるので、みんなが落ち着いてからめくりましょう。

「どーーーーーん!」
ここまでくると子ども達も興奮してきます。

「ばちーーーーーーん!」
で、大笑いする子どももいるので、絵をじっくり見せます。

「がしっ」と読む時は力を思いっきりこめて、
「ぐいっ」は、間をとってから、「はあ はあ」は、さらにゆっくり読みます。

「ざざざざざーーーっ」
と言ってから、少し経つと、あれ小さいの負けた? 大きい方強すぎるね、など取り組みの行方が段々と気になり始めます。

「のこった のこった」
で、あれどっちの足? がんばれーと声援が聞こえ始めます。

「ぜっ…たい に」
渾身の踏ん張りを言葉に力を込め、
「ま… け… る…」
「もんかっ」
で、気持ちよく投げます。

「わわわわわ」
「おおおおお」
勝負の行方も気になりますが、子どもたちには特におしりのアップがたまらないらしく、大爆笑になる時もあります。

すこし、間をとってから
「勝ったああああああああ~~~~~~~」
歓声とどよめきの声が上がります。

最後はゆったりとめくり、ページが見えると、
また歓声が上がります。
子どもたちは、口々に賞賛とトロフィーの大きさにびっくりもしながら、取り組みの結果を噛み締めています。

裏表紙を閉じるとまた笑い声が上がりますが、子どもたちは本当におしりが大好き。
表表紙にして、タイトルを誇らしげに読んでいると、読み手も達成感が味わえます。
日本の国技の相撲。体の大きい、小さいに関わらず、気持ちで自分より大きい相手に勝ってしまう。そんなすごいことが起きるのが相撲の魅力なのかもしれませんね。
またまた、わたしのお気に入りの一冊が見つかりました。
これからも、多くの子どもと大人と読んでいきたいと思いました。

「絵本別」 読み聞かせのコツ バックナンバー

  • 講談えほん 西行 鼓ヶ滝

  • ふとんが ふっとんだ

  • しろ と くろ

  • ぼくのくれよん

  • おおきな ものの すきな おうさま

  • もったいないばあさんの いただきます

  • まよなかのせおよぎ

  • どしゃぶり

  • ころころパンダ、ゆらゆらパンダ

  • りょうりを してはいけない なべ

  • パンダかぞえたいそう

  • くさをはむ

  • はやくちことばえほん ももも すももも

  • ねこです。

  • がんばれちびゴジラ

  • トコトコバス

  • くだもの ぱくっ

  • どすこいすしずもう

  • おすわりどうぞ

  • いっぺんやってみたかってん

  • かえるぴょん

  • じゃぶじゃぶ じゃぐちくん

  • おおきくなったら きみはなんになる?

  • たべもの だーれ?

  • りんごが コロコロ コロリンゴ

  • ねこってこんなふう?

  • くるみのなかには

  • いただきますの おつきさま

  • ほしじいたけ ほしばあたけ

  • ちゅうちゅうたこかいな

  • パンダ なりきりたいそう

  • まゆげちゃん

  • しょうぼうしの サルサさん

  • ねこの看護師 ラディ

  • ゆきみちさんぽ

  • おもちのきもち

  • パンダ ともだちたいそう

  • コロッケ できました

  • くまさん どこ?

  • バナーナ!

  • ピカゴロウ

  • うどん対ラーメン

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

  • はっきょい どーん

  • うめじいのたんじょうび

  • ぬいぐるみのミュー

  • おむすびころりん

  • だーれの おしり?

  • ケーキ やけました

  • でんごんでーす

  • アントンせんせい おでかけです

  • のりもの つみき

  • おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

  • さんさんさんぽ

  • ももんが もんじろう

  • パンツはちきゅうをすくう

  • とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり

  • ふってきました

  • カッパも やっぱり キュウリでしょ?

  • ねこ どんなかお

  • パン どうぞ

  • てぶくろ

  • もったいないばあさんの  てんごくとじごくのはなし

  • かけっこ かけっこ

  • びっくりはなび

  • ちいさなタグはおおいそがし

  • ブービーとすべりだい

  • イカになあれ

  • つかまえた!

  • ぼくだってウルトラマン

  • ぴたっ!

  • おにぎりにんじゃ

  • ぼくたちの ピーナッツ

  • ハッピー ハロウィン!

  • ねこときどきらいおん

  • よわむしモンスターズ

  • どろんこ! どろんこ!

  • もぐもぐもぐ

  • アントンせんせい

  • ごとんごとん ごー!

  • りんごはいくつ?

  • かもとりごんべえ

  • つるのおんがえし

  • かさじぞう

  • さんまいのおふだ

  • へっこきよめさま

  • さるかにがっせん

  • うらしまたろう

  • わらしべちょうじゃ

  • いっすんぼうし

全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では月ごとに訪問先を募集中です! 月によって巡回する県が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

おすすめの絵本

  • パンダ なりきりたいそう

    パンダ なりきりたいそう

    いりやまさとし/作

    「パンダなりきりたいそう はじめ!」
    何かになりきるのって、たのしい!
    さあ、絵本を見ながら、パンダといっしょに、おもいっきり体をうごかそう!

  • くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    講談社/編
    久保田 競/監

    巻頭口絵の100項目のチェックシートにしたがって、すこしずつトレーニングを積んでいきましょう。しぜんと手先が器用になり、脳がきたえられる一冊です。

  • もったいないばあさんかるた

    もったいないばあさんかるた

    真珠 まりこ/著

    生活の中のいろいろな「もったいない」を題材とした読み札・絵札46組。楽しく遊びながら、「もったいない」を感じる心が自然にそだちます。

  • 遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    シゲタ サヤカ/作・絵

    「あつぎで シロコロ 食べてみた」
    「いせはらの とうふのおいしさ つたえたい」
    神奈川県のジモト民ならおなじみのネタや意外な話題が盛りだくさん。横浜、川崎、相模原から三浦半島、湘南、箱根まで、ジモト自慢が満載です。神奈川県の地理を遊びながら学べる、ジモト愛100パーセントのかるた!

  • 決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    あきやま かぜさぶろう/作

    もののかたちをとらえ、○、△、□などかんたんな形をつかって、いろいろな絵が描ける、魔法のメソッドを1日10分でたのしもう!

  • くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    講談社/編
    久保田競・久保田カヨ子/監修

    直線や曲線、ジグザグ、らせんなどの線を書く「運筆」の訓練をつづけると、文字を書くときに、手指をやわららかく 思いどおりに動かせるようになります。 100のトレーニングを積んでいけば、しぜんと「ひらがな」を書けるようになり、脳がきたえられます。

  • どこ? もりの なかの さがしもの

    どこ? もりの なかの さがしもの

    山形 明美/作
    大畑 俊男/撮影

    1冊の本がつれていってくれたのは、不思議なさがしものの森。動物たちの歓迎会、妖精のピクニック、洞窟の先の奇妙な屋敷。さあ、さがして見つけて追いかけて!

季節の絵本