読み聞かせ

『はっきょい どーん』の読み聞かせのコツ

おはなし隊隊長 宇田詔子

相撲の魅力、大迫力で感じられる一冊です。世紀の取り組みの行方を見守りながら、子どもも大人もついつい息を飲んでしまう。応援していると手に汗握ること間違いなし。絵本から力士の息遣いや汗を感じられるかもしれない。注目の新人絵本作家、やまもとななこさんの相撲絵本です。

私は、おはなし会にちょっと変化を持たせたい時や、場面展開に使用しています。言葉は少ないですが、ページをめくるタイミングに間を持たせ、めくってから心の中で、1,2と数えてから読み始めます。そして読むスピードにも注意し、臨場感を持たせるために本当に今、自分が取り組みに挑んで力を出しきっているように、言葉に力を込めて読んでいきます。

「待ったなし! 優勝きめる大一番  はじめていどむ明の海」
ここは、これから物語が始まるドキドキとした高揚感を出します。

「むかえうつのは最強(ここを強く読み)の横綱 武留道山(ぶるど~ざん~~)」
テンポよく進めます。

「(力強く) 負けるもんか!」
「みあって みあって はっきょい!」
ここで少しためていると、子どもたちが口々に、のこったのこったを言い始めることもあるので、みんなが落ち着いてからめくりましょう。

「どーーーーーん!」
ここまでくると子ども達も興奮してきます。

「ばちーーーーーーん!」
で、大笑いする子どももいるので、絵をじっくり見せます。

「がしっ」と読む時は力を思いっきりこめて、
「ぐいっ」は、間をとってから、「はあ はあ」は、さらにゆっくり読みます。

「ざざざざざーーーっ」
と言ってから、少し経つと、あれ小さいの負けた? 大きい方強すぎるね、など取り組みの行方が段々と気になり始めます。

「のこった のこった」
で、あれどっちの足? がんばれーと声援が聞こえ始めます。

「ぜっ…たい に」
渾身の踏ん張りを言葉に力を込め、
「ま… け… る…」
「もんかっ」
で、気持ちよく投げます。

「わわわわわ」
「おおおおお」
勝負の行方も気になりますが、子どもたちには特におしりのアップがたまらないらしく、大爆笑になる時もあります。

すこし、間をとってから
「勝ったああああああああ~~~~~~~」
歓声とどよめきの声が上がります。

最後はゆったりとめくり、ページが見えると、
また歓声が上がります。
子どもたちは、口々に賞賛とトロフィーの大きさにびっくりもしながら、取り組みの結果を噛み締めています。

裏表紙を閉じるとまた笑い声が上がりますが、子どもたちは本当におしりが大好き。
表表紙にして、タイトルを誇らしげに読んでいると、読み手も達成感が味わえます。
日本の国技の相撲。体の大きい、小さいに関わらず、気持ちで自分より大きい相手に勝ってしまう。そんなすごいことが起きるのが相撲の魅力なのかもしれませんね。
またまた、わたしのお気に入りの一冊が見つかりました。
これからも、多くの子どもと大人と読んでいきたいと思いました。

「絵本別」 読み聞かせのコツ バックナンバー

  • まゆげちゃん

  • しょうぼうしの サルサさん

  • ねこの看護師 ラディ

  • ゆきみちさんぽ

  • おもちのきもち

  • パンダ ともだちたいそう

  • コロッケ できました

  • くまさん どこ?

  • バナーナ!

  • ピカゴロウ

  • うどん対ラーメン

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

  • はっきょい どーん

  • うめじいのたんじょうび

  • ぬいぐるみのミュー

  • おむすびころりん

  • だーれの おしり?

  • ケーキ やけました

  • でんごんでーす

  • アントンせんせい おでかけです

  • のりもの つみき

  • おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

  • さんさんさんぽ

  • ももんが もんじろう

  • パンツはちきゅうをすくう

  • とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり

  • ふってきました

  • カッパも やっぱり キュウリでしょ?

  • ねこ どんなかお

  • パン どうぞ

  • てぶくろ

  • もったいないばあさんの  てんごくとじごくのはなし

  • かけっこ かけっこ

  • びっくりはなび

  • ちいさなタグはおおいそがし

  • ブービーとすべりだい

  • イカになあれ

  • つかまえた!

  • ぼくだってウルトラマン

  • ぴたっ!

  • おにぎりにんじゃ

  • ぼくたちの ピーナッツ

  • ハッピー ハロウィン!

  • ねこときどきらいおん

  • よわむしモンスターズ

  • どろんこ! どろんこ!

  • もぐもぐもぐ

  • アントンせんせい

  • ごとんごとん ごー!

  • りんごはいくつ?

  • かもとりごんべえ

  • つるのおんがえし

  • かさじぞう

  • さんまいのおふだ

  • へっこきよめさま

  • さるかにがっせん

  • うらしまたろう

  • わらしべちょうじゃ

  • いっすんぼうし

全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では月ごとに訪問先を募集中です! 月によって巡回する県が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

おやすみなさいの絵本

  • ゆうくんの くまパジャマ

    ゆうくんの くまパジャマ

    中谷靖彦/絵
    カザ敬子/作

    ある日、ゆうくんに、素敵な「くまパジャマ」が届きました。さっそく着がえたゆうくんは、「ぼく、くまだぞー」とおおはしゃぎ。ところが、その後、ゆうくんに不思議なことがおこります。心温まる、おやすみ絵本の新定番。

  • ねんねん どっち?

    ねんねん どっち?

    宮野聡子/作

    どっち? という楽しい質問につぎつぎ答えていくうちに、自然に眠りの世界へといざなっていきます。おやすみ前のひととき、「どっちあそび」で親子の豊かな時間をすごしませんか?

  • ねんね

    ねんね

    さこももみ/作

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

  • ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。親子の愛情を感じさせる一冊。手に取りやすいミニサイズの年少版もおすすめです。

  • 0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    前橋明/監修

    おふとんみたいに表紙がふわふわ! しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

  • おやすみなさいの おと

    おやすみなさいの おと

    いりやまさとし/作

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

  • おやすみ のらちゃん

    おやすみ のらちゃん

    よねづゆうすけ/作

    猫ののらちゃんは、そろそろねるじかん。 きがえは? トイレは? はみがきは? おやすみ前にぴったりの、とっておき仕掛け絵本。

あかちゃん絵本