読み聞かせ

『ピカゴロウ』の読み聞かせのコツ

おはなし隊隊長 加藤恵里

第37回絵本新人賞受賞作品です。
カミナリの子どもピカゴロウが、空から落ちて、ひなちゃんという女の子と出会い、二人の友情により無事に空に帰って行くお話です。
ピカゴロウの心情の変化を受け止めながら読むとよいでしょう。
この本は、見開きで一枚の絵になるページが多いですし、二人の表情がとても愛らしくて可愛いので、絵をよく見せてあげてください。

表紙タイトルと作家名を読みます。
主役のピカゴロウが全身大きく描かれていて、その可愛い表情から、このカミナリの子とお友だちになれそうな感じがもてるように、にこやかに本を見せます。

本を開いて見開きから、ページをめくり タイトルを読みます。
このページからお話が始まるのでタイトルのあと、一呼吸おいて、光が急にきた感じで「ピカッ!」を読みます。
次のページでは、ピカゴロウが落ちてくるシーンになります。

「ゴロゴロゴローッ!」と早口で、転がってきた感じを出しながら読みます。

次はひなちゃんとの出会いのシーンです。ちょっとビックリして話しかけるひなちゃん。元気なピカゴロウ。
そして、
ひなちゃんが名前をつけてあげることになります。ひなちゃんの台詞のあと、少し考える間をとります。
そして、『ピカゴロウ』と読むときは、ひらめいたように、読みます。

二人の自己紹介のあと、ピカゴロウが雲の下を見るのが大好きだというシーンがあります。
ここは、ゆっくり見せてあげてください。
子供たちは自分が雲の上にいる気持ちになり、救急車や消防車やパトカー等いろいろなものを見つけて、声をだして言ってくれたりします。
子供たちが楽しめるページです。

覗きすぎて落ちてしまったピカゴロウが、家に帰れるか、心配な気持ちを少し声のトーンを下げて読みます。
ひなちゃんも心配そうに「どうするの?」と聞きます。
ピカゴロウは、「くもをよぼう」と言います。自分はカミナリだから雲を呼ぶのだという感じで太鼓を打ち、「くもこいくもこいくもこい~」と一生懸命に、読みます。

しかし、小さな雲しかこない。困った表情になり、「だめだ!こんなのじゃ!」と残念な気持ちを出します。そして、必死になって雲を呼びます。

ひなちゃんが、「わーっ!おうちがびしょびしょになっちゃうよー」と読んだあとも続けて、「くもこいくもこいくもこい~」を読み続けて、そのまま次のページにいきます。一生懸命に読みます。
絵もよくみせてください。
おおきな雲がやってきません。子供たちもどうなるんだろうと気持ちを寄せてくれます。

ピカゴロウは、自分は下手くそで大きな雲がやってこないと泣いてしまいます。ここは、悲しそうに読み、次のページで、励ます感じを出して、ひなちゃんの台詞を読みます。
「できないよ」というピカゴロウに、ひなちゃんがひらめいたように、「ちょっとまってて」と読み、少し間をおいて、ページをめくります。

「ふたりならできるもん!」
ここから舞台が変わるようにおはなしが展開していきます。
キッパリと読みます。
そして、二人一緒に雲を呼ぶことになり、ピカゴロウが元気を取り戻してくる様子がわかるように「うん!」と読みます。
「せーのっ!」は、二人で声を合わせて言っている感じを出します。
そして、すぐにページをめくります。

しっかりと、「くもこいくもこいくもこい~」を読みます。

そして、「ゴロゴロゴロー」は大きな声で読みます。

次のページでおおきな雲がやってきたときは、嬉しさいっぱいの「やったー!」です。大きめに読みます。でも、過剰に表現しなくても、子供たちがそれぞれの心でしっかり、やったー!の気持ちになっているでしょう。

「ひなちゃんとやったらできた!」では、すっかり元気を取り戻しているピカゴロウになっているように読みます。
そして、ひなちゃんに感謝の気持ちをこめて、「ありがとう」と読みます。

ピカゴロウが帰るとき、今度はひなちゃんがさびしい気持ちになりなります。「いっちゃうの?」にそんな気持ちをこめて、読みます。
そして、今度は、ピカゴロウがひなちゃんを励ますように、ひなちゃんにつけてもらった名前を大事に思い、お父さんとお母さんに教えるのだと言います。

お互いの心に忘れないという思いをもち、友だちになった二人、淡々と読みます。
最後は、ひなちゃんの日常にもどり、ピカゴロウがやってきたらいいなと思うひなちゃんの気持ちになり、静かに読みます。

子供たちは、よくみていて、ひなちゃんのお絵かきの絵がピカゴロウだということに気づき、言ってくれたりもします。
ひなちゃんと同じ気持ちになっているのかもしれません。
余韻があたたかいおはなしです。

「絵本別」 読み聞かせのコツ バックナンバー

  • おすわりどうぞ

  • いっぺんやってみたかってん

  • かえるぴょん

  • じゃぶじゃぶ じゃぐちくん

  • おおきくなったら きみはなんになる?

  • たべもの だーれ?

  • りんごが コロコロ コロリンゴ

  • ねこってこんなふう?

  • くるみのなかには

  • いただきますの おつきさま

  • ほしじいたけ ほしばあたけ

  • ちゅうちゅうたこかいな

  • パンダ なりきりたいそう

  • まゆげちゃん

  • しょうぼうしの サルサさん

  • ねこの看護師 ラディ

  • ゆきみちさんぽ

  • おもちのきもち

  • パンダ ともだちたいそう

  • コロッケ できました

  • くまさん どこ?

  • バナーナ!

  • ピカゴロウ

  • うどん対ラーメン

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

  • はっきょい どーん

  • うめじいのたんじょうび

  • ぬいぐるみのミュー

  • おむすびころりん

  • だーれの おしり?

  • ケーキ やけました

  • でんごんでーす

  • アントンせんせい おでかけです

  • のりもの つみき

  • おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

  • さんさんさんぽ

  • ももんが もんじろう

  • パンツはちきゅうをすくう

  • とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり

  • ふってきました

  • カッパも やっぱり キュウリでしょ?

  • ねこ どんなかお

  • パン どうぞ

  • てぶくろ

  • もったいないばあさんの  てんごくとじごくのはなし

  • かけっこ かけっこ

  • びっくりはなび

  • ちいさなタグはおおいそがし

  • ブービーとすべりだい

  • イカになあれ

  • つかまえた!

  • ぼくだってウルトラマン

  • ぴたっ!

  • おにぎりにんじゃ

  • ぼくたちの ピーナッツ

  • ハッピー ハロウィン!

  • ねこときどきらいおん

  • よわむしモンスターズ

  • どろんこ! どろんこ!

  • もぐもぐもぐ

  • アントンせんせい

  • ごとんごとん ごー!

  • りんごはいくつ?

  • かもとりごんべえ

  • つるのおんがえし

  • かさじぞう

  • さんまいのおふだ

  • へっこきよめさま

  • さるかにがっせん

  • うらしまたろう

  • わらしべちょうじゃ

  • いっすんぼうし

全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では月ごとに訪問先を募集中です! 月によって巡回する県が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

おすすめの絵本

  • どしゃぶり

    どしゃぶり

    おーなり 由子/文 はた こうしろう/絵

    どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

  • 新版 星空キャンプ

    新版 星空キャンプ

    村上 康成/作

    月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

  • ぼんちゃんのぼんやすみ

    ぼんちゃんのぼんやすみ

    あおき ひろえ/作

    子どもに伝えたい日本の風習
    ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • きもだめし

    きもだめし

    新井 洋行/作

    『きもだめし』は、その名の通り、夏の風物詩である肝試しがテーマの、縦開きのしかけ絵本です。
     不気味な日本人形の、おどろおどろしい肝試しへの案内から、本作は始まります。幽霊や、一つ目お化け、ろくろっくび、のっぺらぼうなど、定番のお化けや妖怪が次々に登場します。 おはなし会や、親子でドキドキしながら楽しめる1冊です。

  • ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    庄野 ナホコ/作

    マグロのおさしみに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。
    ある日、庭になったおおきなスイカで、ひともうけしてマグロのおさしみを食べようと、売りにでかけますが……。

季節の絵本