読み聞かせ

『おおきくなったら きみはなんになる?』 の読み聞かせのコツ

おはなし隊隊長 宇田詔子隊長

この絵本は、保育遊びのアドバイザーとなって17年の藤本ともひこさんが、子どもたちへおくる応援歌(エール)です。村上康成さんが描く光り輝くような青い空に、藤本ともひこさんの文章が優しくひびきます。一ぴきのちょうがひらひらと舞うすがたに、子どもたちの明るい未来が見えるようです。

「なりたいものは、きっと、いっぱいあって、みんなちがう。」
→ 青い空に気持ちよく舞う、一匹のちょうちょをゆっくり見せてあげます。
このページは導入なので、読みはじめるのもゆっくりと、そしてめくるのもいつもよりゆっくりと。 「みんなちがう」の部分をやさしく言いきるよう読むと、ちがっていいんだよ……と含みを持たせることができます。

「はなやさんは、はながだいすき。……それが、はなやさん。」
→ 「それが、はなやさん。」 「それが、おいしゃさん。」 「それが、サッカーせんしゅ。」「せんせい。」の部分を読むときは、「それが、」の後に1~2拍くらい置いて はなやさん、おいしゃさん、サッカーせんしゅ、せんせいと読むと、文章の最後が引き締まります。

「きみは、なにがすき?
 きみはなにがしたい?」
→ 青い空に浮かぶボールを眺めるつもりで、大きな心でゆったりと、問いかけるように読みます。

「はらっぱに、ねっころがったり。……じぶんだけの、たいせつなものを、みつけることがある。」
→ この部分はテンポよく、いろんな場面を流れるように読み進めます。

「だれかがむりだって、いうかもしれない。でも、そんなのかんけいない。」
→ かんけいないと、言いきった後に少し間を置いてから、ゆっくりページをめくって、最後へとつなげていきます。

「きみがやりたいことは、きみがきめるんだ。きみがやりたいことを、きみがやるんだ。」
→ このページは、いちばんの応援歌のページなので、特にゆっくりと語りかけるように、そして、気持ちをこめて読みましょう。

「きっと、できる!」
→ ありったけのエールをこめて、少し笑顔もそえて。にこやかにページをめくり、

「おおきくなったら、きみはなんになる?」
→ 羽ばたくちょうちょに、子どもたちの明るい未来と応援の気持ちもこめて、しめくくります。

そして、裏表紙の見返しのページもめくり、裏表紙を閉じたら、もう一度表紙を見せてあげて、最後に表と裏表紙を一枚の絵のように繋げて、元気な男の子がちょうちょを追いかけている絵を見せてあげます。
『おおきくなったら きみはなんになる?』のタイトルを、もう一度語りかけるようにゆっくり読んで、おしまいです。

旅立ちの時期にぴったりの一冊ですが、季節に関係なく読んであげてください。
色がとてもきれいで絵もはっきりしていて文章も短いので、小さな子どもたちも一生懸命に聞いてくれます。
彼、彼女たちは、きっとその小さな頭のなかに自分のなりたいものを思いうかべていることでしょう。そして、いつか大人になって、この絵本ことを改めて思い出してくれるといいな……と思います。

「絵本別」 読み聞かせのコツ バックナンバー

  • くだもの ぱくっ

  • どすこいすしずもう

  • おすわりどうぞ

  • いっぺんやってみたかってん

  • かえるぴょん

  • じゃぶじゃぶ じゃぐちくん

  • おおきくなったら きみはなんになる?

  • たべもの だーれ?

  • りんごが コロコロ コロリンゴ

  • ねこってこんなふう?

  • くるみのなかには

  • いただきますの おつきさま

  • ほしじいたけ ほしばあたけ

  • ちゅうちゅうたこかいな

  • パンダ なりきりたいそう

  • まゆげちゃん

  • しょうぼうしの サルサさん

  • ねこの看護師 ラディ

  • ゆきみちさんぽ

  • おもちのきもち

  • パンダ ともだちたいそう

  • コロッケ できました

  • くまさん どこ?

  • バナーナ!

  • ピカゴロウ

  • うどん対ラーメン

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

  • はっきょい どーん

  • うめじいのたんじょうび

  • ぬいぐるみのミュー

  • おむすびころりん

  • だーれの おしり?

  • ケーキ やけました

  • でんごんでーす

  • アントンせんせい おでかけです

  • のりもの つみき

  • おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

  • さんさんさんぽ

  • ももんが もんじろう

  • パンツはちきゅうをすくう

  • とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり

  • ふってきました

  • カッパも やっぱり キュウリでしょ?

  • ねこ どんなかお

  • パン どうぞ

  • てぶくろ

  • もったいないばあさんの  てんごくとじごくのはなし

  • かけっこ かけっこ

  • びっくりはなび

  • ちいさなタグはおおいそがし

  • ブービーとすべりだい

  • イカになあれ

  • つかまえた!

  • ぼくだってウルトラマン

  • ぴたっ!

  • おにぎりにんじゃ

  • ぼくたちの ピーナッツ

  • ハッピー ハロウィン!

  • ねこときどきらいおん

  • よわむしモンスターズ

  • どろんこ! どろんこ!

  • もぐもぐもぐ

  • アントンせんせい

  • ごとんごとん ごー!

  • りんごはいくつ?

  • かもとりごんべえ

  • つるのおんがえし

  • かさじぞう

  • さんまいのおふだ

  • へっこきよめさま

  • さるかにがっせん

  • うらしまたろう

  • わらしべちょうじゃ

  • いっすんぼうし

全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では月ごとに訪問先を募集中です! 月によって巡回する県が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

おすすめの絵本

  • ねんねん どっち?

    ねんねん どっち?

    宮野聡子/作

    どっち? という楽しい質問につぎつぎ答えていくうちに、自然に眠りの世界へといざなっていきます。おやすみ前のひととき、「どっちあそび」で親子の豊かな時間をすごしませんか?

  • ねんね

    ねんね

    さこももみ/作

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

  • ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。親子の愛情を感じさせる一冊。手に取りやすいミニサイズの年少版もおすすめです。

  • 0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    前橋明/監修

    おふとんみたいに表紙がふわふわ! しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

  • おやすみなさいの おと

    おやすみなさいの おと

    いりやまさとし/作

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

季節の絵本