読み聞かせ

『りょうりを してはいけない なべ』 の読み聞かせのコツ

おはなし隊隊長 佐々木貴美子隊長

コックが「おいしい料理を作ろう」と買った鍋が、笑って料理を吐き出したり、中に入れる材料を好き嫌いする、とんでもない鍋だったのです。ユニークな鍋の絵の、ナンセンスな楽しいお話です。

ずらりと並んだお皿の絵。でもそのお皿の上には、まともに出来上がった料理はひとつもありません。 なぜでしょう?不思議なお皿たちが、お話へと誘います。

「ここはまちでいちばんにんきのレストラン。きょうもみせはおおいそがし。せんじつ、ひとりのコックがあたらしいなべをかってきました。」
物語の世界に子どもたちを案内していく大事な文章ですね。子どもたちは左下の鍋の絵に注目していますから、その表情を確かめながらゆっくりと読み始めましょう。

「ところが このなべときたら……、」
次のページへと続く文です。「ところが」は、何か予想外のことが起きる予感を表現する読み方で雰囲気をつくり、子どもたちの気持ちをつかんでいきましょう。

料理中に笑いだす、とんでもない鍋だったことがわかります。

「ウフフフ!アハハハハ!」
鍋の笑い声は、身勝手な鍋の性格づけをして読みましょう。

「りょうりが ジャバ~!」
鍋が料理を吐き出すイメージで。

鍋は笑っては料理を吐き出し、材料の好き嫌いまでするのです。絵が3つに分かれています。どの絵のことかを、指差しをしながら読むとわかりやすいですね。

とうとう鍋は料理長に叱られますが、悪びれることなく言い返します。

「だっておもしろいんだも~ん」
生意気そうな口調で表現するとよいですね。

「もうおまえにはりょうりをつくらせん!」
料理長がかんかんに怒っているように勢いよく。

右のページが「1かげつがたちました」。左のページが「2かげつがたちました」の絵。右の絵の文を読んだあと、左の絵の文を読むまで、少し間をおいて、月日が経過した感じを表すとよいですね。少しずつ働きたくなってきた鍋の心境の変化の言葉は、ぼそぼそと口ごもった感じの言い方で表現できますね。

「そして、3かげつたったあるひのこと。そのひはいつにもましておおいそがし。」
ようやく鍋を使ってもらえるようになります。忙しい厨房のようすは少し早口で読んで変化をつけると、鍋が態度を改めて仕事をするようすの臨場感が伝わります。

おしまいは、最初のころとは違って、しっかりと料理をして誇らしげな鍋の絵です。そんな気持ちの変化を表現しながら、子どもたちに「よかったね」と安心感を与えるようにやさしく読んでみましょう。

最初の見返しの、料理が未完成のお皿とはうって変わり、おいしそうな料理が盛りつけられたお皿が並んでいますね。子どもたちの心に残るようにしっかり見せてあげてください。

裏の表紙を見せて、表に戻して表紙を見せてから、裏の表紙も開いて、絵がつながっているのを見せます。表紙から裏の表紙まで、子どもたちを、いっぱい楽しませてあげてくださいね♪

子どもたちは「給食の鍋がこれだったらいやだー」と、笑いながら聞いてくれます。ユーモアたっぷりのお話を、絵のメッセージに導いてもらいながら、子どもたちといっしょにお話を楽しんで読んでくださいね。

「絵本別」 読み聞かせのコツ バックナンバー

  • もったいないばあさんの いただきます

  • まよなかのせおよぎ

  • どしゃぶり

  • ころころパンダ、ゆらゆらパンダ

  • りょうりを してはいけない なべ

  • パンダかぞえたいそう

  • くさをはむ

  • はやくちことばえほん ももも すももも

  • ねこです。

  • がんばれちびゴジラ

  • トコトコバス

  • くだもの ぱくっ

  • どすこいすしずもう

  • おすわりどうぞ

  • いっぺんやってみたかってん

  • かえるぴょん

  • じゃぶじゃぶ じゃぐちくん

  • おおきくなったら きみはなんになる?

  • たべもの だーれ?

  • りんごが コロコロ コロリンゴ

  • ねこってこんなふう?

  • くるみのなかには

  • いただきますの おつきさま

  • ほしじいたけ ほしばあたけ

  • ちゅうちゅうたこかいな

  • パンダ なりきりたいそう

  • まゆげちゃん

  • しょうぼうしの サルサさん

  • ねこの看護師 ラディ

  • ゆきみちさんぽ

  • おもちのきもち

  • パンダ ともだちたいそう

  • コロッケ できました

  • くまさん どこ?

  • バナーナ!

  • ピカゴロウ

  • うどん対ラーメン

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

  • はっきょい どーん

  • うめじいのたんじょうび

  • ぬいぐるみのミュー

  • おむすびころりん

  • だーれの おしり?

  • ケーキ やけました

  • でんごんでーす

  • アントンせんせい おでかけです

  • のりもの つみき

  • おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

  • さんさんさんぽ

  • ももんが もんじろう

  • パンツはちきゅうをすくう

  • とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり

  • ふってきました

  • カッパも やっぱり キュウリでしょ?

  • ねこ どんなかお

  • パン どうぞ

  • てぶくろ

  • もったいないばあさんの  てんごくとじごくのはなし

  • かけっこ かけっこ

  • びっくりはなび

  • ちいさなタグはおおいそがし

  • ブービーとすべりだい

  • イカになあれ

  • つかまえた!

  • ぼくだってウルトラマン

  • ぴたっ!

  • おにぎりにんじゃ

  • ぼくたちの ピーナッツ

  • ハッピー ハロウィン!

  • ねこときどきらいおん

  • よわむしモンスターズ

  • どろんこ! どろんこ!

  • もぐもぐもぐ

  • アントンせんせい

  • ごとんごとん ごー!

  • りんごはいくつ?

  • かもとりごんべえ

  • つるのおんがえし

  • かさじぞう

  • さんまいのおふだ

  • へっこきよめさま

  • さるかにがっせん

  • うらしまたろう

  • わらしべちょうじゃ

  • いっすんぼうし

全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では月ごとに訪問先を募集中です! 月によって巡回する県が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

おすすめの絵本

  • ねんねん どっち?

    ねんねん どっち?

    宮野聡子/作

    どっち? という楽しい質問につぎつぎ答えていくうちに、自然に眠りの世界へといざなっていきます。おやすみ前のひととき、「どっちあそび」で親子の豊かな時間をすごしませんか?

  • ねんね

    ねんね

    さこももみ/作

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

  • ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。親子の愛情を感じさせる一冊。手に取りやすいミニサイズの年少版もおすすめです。

  • 0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    前橋明/監修

    おふとんみたいに表紙がふわふわ! しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

  • おやすみなさいの おと

    おやすみなさいの おと

    いりやまさとし/作

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

季節の絵本