読み聞かせ

『どしゃぶり』 の読み聞かせのコツ

おはなし隊隊長 牧野博美隊長

どしゃぶりの雨を楽しむ男の子。
誰もが覚えのある夏の午後のひとときを、美しい絵と軽快な文章で綴った共感を覚える絵本です。この絵本を読んだあとは、きっと雨が待ち遠しくなるはずです。

見返しは絵本の世界へのプロローグです。
水色をベースにした雨粒と傘の美しいページが、この先のストーリーへ導きます。

『どしゃぶり』(タイトル)

玄関の少しだけ開いたドアから覗く男の子。濃い陰が夏の暑さを表しています。物語が始まる予感を乱さないように、タイトルは静かに丁寧に。

「あっついなあ! じめんが あつあつ!? あっつ あつ!」

大きな真っ白い入道雲。雨の気配はまだ感じられません。<あっつ あつ!> は、少し強めに読むと臨場感が出ます。暑い暑い夏の日の空気やアスファルトの暑さを、思い出しながら読んでください。


「あれ? くも。まっくろの くも。こっちに くる!」

真っ黒い雨雲の大きさを感じるように。<こっちに くる!> は、これからの展開を予感させる大切な一文です。ポイントになるように、しっかりとした声で。

「ぽつっ! ぽつっ! ぽつっ! あめだ! ぽつっ ぴたん ぽつ ぽつっ! おおきい あめ!」

雨粒が、小さな粒から大きい粒に変化していきます。小さい声からじょじょに声を大きくする事で、雨粒の大きさの変化を表現します。<あめだ!> は、文字の大きさに合わせて際立つように。


「そらの においが するぞ じめんの においも するぞ」

雨の匂いを感じながら。空はやや上向き加減に、地面はやや下を見るような気持ちで読んでみてください。

「ばら ばら ばらっ ばら ばらっばらっ」
「かさの たいこだあ!」

男の子が勢いよく傘をさします。
と、同時に雨たちの歌が始まります。その歌は太鼓の音に似ています。太鼓のリズムを思い描きながら、声にのせましょう。

「ずだだだだだだだ ぼぼぼぼぼぼぼ ぼぼぼぼぼ」

さらに強く振ってきた雨。勢いよく、スピードを早めて読みます。

「うっるっさーい! ぼくが あめに いうと……」

文字の大きさに合わせて、大きめの声で。怒っているというより、楽しんでいる様子で。男の子と雨の対話の始まりです。


「ずざあ ずざあ ずざあ ずざあああ もっと ふってきた!」

じゃばばば……から、ずじゃああああああああ…まで、傘に落ちる音、地面に落ちる音、葉っぱに落ちる音、水たまりに落ちる音……。さまざまな音を表現するシーンです。文字の大きさに合わせて、声の強弱をつけます。ぞれぞれの音を、テンポを変えて読んでみるのもいいでしょう。

「そらから じめんから いろんな おとが する。いっぱい おとが ある。あめが うたってるんだ!」

男の子の心の声です。いつもの雨、だけど、いつもと違う雨の表情……。そんな感覚を、絵本の男の子と一緒に、読み聞かせを聞いている子どもたちも共有します。

「ぼくのところに あめのこえが ふってくる。」

風景を映した、大きな雨のしずくの美しさ! みずみずしく生き生きとした雨の世界を、じっくりと見せてあげてください。


「ぱっしゃーん! しゃぱ しゃぱ しゃぱ じゃぼん じゃぼん びっしゃーん! はしって けっとばせえー!」

もう、傘なんてさしていられない! わくわくを抑えられず、男の子が雨の中に飛び出していきます。軽快さや疾走感を出すように、テンポよく読んでみてください。

「とんで ぶっしゃあん!」

絵本の男の子と、聞いている子どもたちが一体化できるシーンです。子どもたちの反応と呼吸を感じながら、言葉のテンポや、絵の迫力を意識して読んであげてください。

「あまつぶが みんな ぼくのとこにくる。みんな みんな ぼくにしゃべってくる。」

雨と男の子のおしゃべりが始まります。嬉しそうに男の子のカラダで遊びまわる雨粒を意識して、軽快に。


「もっと、こーい! ぼくのとこに、こーい!」

文字の大きさにあわせて、声は大きめに。

「いくよー それーっ」
もっと、あそぼう あそぼう!
「うん、あそぼう あそぼう!」

それぞれの文字の大きさにあわせて、読んでみてください。男の子の声に出した言葉、男の子の心の中の言葉、雨粒の歌うような言葉。そんなイメージを意識しながら、軽くニュアンスを変えて読むと臨場感が出ます。

どしゃぶりの雨にうたれる男の子。イマジネーションが無限に広がる重要なシーンです。読み聞かせを聞いている子どもたちから「気持ちよさそう」という声が聞こえてきます。子どもたちの反応を見ながら、じっくりと絵を見せてあげてください。

「あめさん ばいばい また きてね。」

楽しかった雨との、会話の終わりを惜しむようにやさしく。

お風呂で傘をさすラストシーンは、いつも読み聞かせを聞いている、子どもたちから笑い声が漏れてきます。

絵本のエピローグです。どしゃぶりの雨を存分に楽しんだ、気持ちの良い夏の午後の余韻を感じるように、ゆっくりとページをめくります。

これは別の日でしょうか?
赤い傘をさすお母さんが、雨と遊ぶ男の子を迎えにきました。裏表紙が語る、もう1つの物語も、子どもたちにしっかりと見せてあげてください。

次の雨の日は、自分も真似しよう!
子どもたちをそんな気持ちにさせてあげるように、心をこめて読んであげてください。季節の恵みを感じる、読み聞かせにおすすめの一冊です。

「絵本別」 読み聞かせのコツ バックナンバー

  • まよなかのせおよぎ

  • どしゃぶり

  • ころころパンダ、ゆらゆらパンダ

  • りょうりを してはいけない なべ

  • パンダかぞえたいそう

  • くさをはむ

  • はやくちことばえほん ももも すももも

  • ねこです。

  • がんばれちびゴジラ

  • トコトコバス

  • くだもの ぱくっ

  • どすこいすしずもう

  • おすわりどうぞ

  • いっぺんやってみたかってん

  • かえるぴょん

  • じゃぶじゃぶ じゃぐちくん

  • おおきくなったら きみはなんになる?

  • たべもの だーれ?

  • りんごが コロコロ コロリンゴ

  • ねこってこんなふう?

  • くるみのなかには

  • いただきますの おつきさま

  • ほしじいたけ ほしばあたけ

  • ちゅうちゅうたこかいな

  • パンダ なりきりたいそう

  • まゆげちゃん

  • しょうぼうしの サルサさん

  • ねこの看護師 ラディ

  • ゆきみちさんぽ

  • おもちのきもち

  • パンダ ともだちたいそう

  • コロッケ できました

  • くまさん どこ?

  • バナーナ!

  • ピカゴロウ

  • うどん対ラーメン

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

  • はっきょい どーん

  • うめじいのたんじょうび

  • ぬいぐるみのミュー

  • おむすびころりん

  • だーれの おしり?

  • ケーキ やけました

  • でんごんでーす

  • アントンせんせい おでかけです

  • のりもの つみき

  • おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

  • さんさんさんぽ

  • ももんが もんじろう

  • パンツはちきゅうをすくう

  • とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり

  • ふってきました

  • カッパも やっぱり キュウリでしょ?

  • ねこ どんなかお

  • パン どうぞ

  • てぶくろ

  • もったいないばあさんの  てんごくとじごくのはなし

  • かけっこ かけっこ

  • びっくりはなび

  • ちいさなタグはおおいそがし

  • ブービーとすべりだい

  • イカになあれ

  • つかまえた!

  • ぼくだってウルトラマン

  • ぴたっ!

  • おにぎりにんじゃ

  • ぼくたちの ピーナッツ

  • ハッピー ハロウィン!

  • ねこときどきらいおん

  • よわむしモンスターズ

  • どろんこ! どろんこ!

  • もぐもぐもぐ

  • アントンせんせい

  • ごとんごとん ごー!

  • りんごはいくつ?

  • かもとりごんべえ

  • つるのおんがえし

  • かさじぞう

  • さんまいのおふだ

  • へっこきよめさま

  • さるかにがっせん

  • うらしまたろう

  • わらしべちょうじゃ

  • いっすんぼうし

全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では月ごとに訪問先を募集中です! 月によって巡回する県が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

おすすめの絵本

  • どしゃぶり

    どしゃぶり

    おーなり 由子/文 はた こうしろう/絵

    どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

  • 新版 星空キャンプ

    新版 星空キャンプ

    村上 康成/作

    月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

  • ぼんちゃんのぼんやすみ

    ぼんちゃんのぼんやすみ

    あおき ひろえ/作

    子どもに伝えたい日本の風習
    ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • きもだめし

    きもだめし

    新井 洋行/作

    『きもだめし』は、その名の通り、夏の風物詩である肝試しがテーマの、縦開きのしかけ絵本です。
     不気味な日本人形の、おどろおどろしい肝試しへの案内から、本作は始まります。幽霊や、一つ目お化け、ろくろっくび、のっぺらぼうなど、定番のお化けや妖怪が次々に登場します。 おはなし会や、親子でドキドキしながら楽しめる1冊です。

  • ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    庄野 ナホコ/作

    マグロのおさしみに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。
    ある日、庭になったおおきなスイカで、ひともうけしてマグロのおさしみを食べようと、売りにでかけますが……。

  • いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん!

    いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん!

    くすのき しげのり/作 宮澤ナツ/絵

    いつもは不安げな転校生のなみちゃん。でもプールの授業でのすばらしい泳ぎに、みんなはびっくり。夏を通したなみちゃんの成長物語。

季節の絵本