敬老の日特集 おじいちゃん、おばあちゃんの絵本

お父さん、お母さんよりまえから生きていて、小さい頃のことも知っている。
やさしい、かしこい、たすけてくれる、でもいたわってあげなきゃ……。
そんな、おじいちゃん、おばあちゃんは、絵本によく登場します。
ユーモラスなものから、ぐっとくる感動作まで、バラエティー豊かです!

  • もったいないばあさん

    講談社の創作絵本

    「もったいないこと してないかい?」
    もったいないことをしていると、「もったいな~い」とやってくる「もったいないばあさん」。ちょっと怖いけれど愛があって、いろんなことを教えてくれるおばあちゃんです。ちなみに、絵本に出てくる男の子の祖母だと思われることが多いのですが、そうではなく、あくまでも「どこからともなく」やってくるのです。だから、もったいないことをしていれば、あなたの家にも……。

    真珠まりこ/作・絵

  • だいじょうぶ だいじょうぶ

    講談社の創作絵本

    おじいちゃんと散歩しながらわかったこと。
    小さなぼくが不安な気持ちになると、いつもおまじないの言葉で助けてくれたおじいちゃん。生きていくためのしなやかな強さを育む、心にしみる絵本です。

    いとうひろし/作・絵

  • よかったなあ、かあちゃん

    講談社の創作絵本

    認知症のおばあさんとの交流を感動的に描く
    公園で出会ったおばあさんは、ぼくたちを、亡くなった息子と間違えているようだった。お別れの日、ぼくたちはおばあさんの背中に「かあちゃん!」と叫んだ……。

    西本鶏介/文
    伊藤秀男/絵

  • 新装版 おじいちゃんのまち

    講談社の創作絵本

    ぼくがのぞいた、おじいちゃんのくらし
    隣町でひとりで暮らすおじいちゃんを訪れたぼく。どうしてぼくたちといっしょに暮らさないのかなって思っていたけれど、いろいろな人に出会ううちに、おじいちゃんの住む町のぬくもりに気がつきます。

    野村たかあき/作・絵

  • イギリスからきた愛情あふれる孫への絵手紙
    1900年代初頭に、あるイギリス人男性が孫たちへ送り続けた1200通にものぼる絵手紙。それは、孫を楽しませ、励まし、新しい知識をもたらした、たいせつな宝物。家族の絆を深める、真心の絵手紙集。

    ヘンリー・ソーンヒル卿/絵

  • スー・ローソン/文
    キャロライン・マガール/絵
    柳田邦男/訳

    みんなのおばあちゃんとは、ちょっとちがうけれど… 自分のことを忘れてしまったおばあちゃん。「でも、いいんだ。おばあちゃんは、おばあちゃんだから……」。認知症である祖母への少年の愛情が、短い言葉の間からあふれる、感動的な絵本です。「高齢化社会へのみごとな贈り物」と作家の柳田邦男氏が絶賛し、翻訳しました。

  • たかしまなおこ/作・絵

    毎日つぎはぎを楽しむ、ひとり暮らしのおばあさん。 ある日思いついた素敵な計画から、どんどん夢広がっていきます。

  • おばあちゃんのきおく

    講談社の翻訳絵本

    メム・フォックス/作
    ジュリー・ビバス/絵
    日野原重明/訳

    おばあちゃんの記憶をさがす小さな男の子。 「きおくって、なに?」ウィルぼうやはみんなに聞いて知ろうとします。歳をとって記憶が見つからなくなってしまった大好きなナンシーおばあちゃんの記憶をさがすためでした。

  • 魔法の夜

    講談社の翻訳絵本

    ドミニク・マルシャン/文
    アルブレヒト・リスラー/絵
    木本 栄/訳

    魔法使いにかなえてほしい願いはたった一つ。 住む家もない老人についてくる子犬。パンを分け合い、話を聞かせていると、その子犬は魔法使いであることをつげます。老人が願ったことは、子犬にとって……。

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

季節の絵本