敬老の日特集 おじいちゃん、おばあちゃんの絵本

お父さん、お母さんよりまえから生きていて、小さい頃のことも知っている。
やさしい、かしこい、たすけてくれる、でもいたわってあげなきゃ……。
そんな、おじいちゃん、おばあちゃんは、絵本によく登場します。
ユーモラスなものから、ぐっとくる感動作まで、バラエティー豊かです!

  • もったいないばあさん

    講談社の創作絵本

    「もったいないこと してないかい?」
    もったいないことをしていると、「もったいな~い」とやってくる「もったいないばあさん」。ちょっと怖いけれど愛があって、いろんなことを教えてくれるおばあちゃんです。ちなみに、絵本に出てくる男の子の祖母だと思われることが多いのですが、そうではなく、あくまでも「どこからともなく」やってくるのです。だから、もったいないことをしていれば、あなたの家にも……。

    真珠まりこ/作・絵

  • だいじょうぶ だいじょうぶ

    講談社の創作絵本

    おじいちゃんと散歩しながらわかったこと。
    小さなぼくが不安な気持ちになると、いつもおまじないの言葉で助けてくれたおじいちゃん。生きていくためのしなやかな強さを育む、心にしみる絵本です。

    いとうひろし/作・絵

  • よかったなあ、かあちゃん

    講談社の創作絵本

    認知症のおばあさんとの交流を感動的に描く
    公園で出会ったおばあさんは、ぼくたちを、亡くなった息子と間違えているようだった。お別れの日、ぼくたちはおばあさんの背中に「かあちゃん!」と叫んだ……。

    西本鶏介/文
    伊藤秀男/絵

  • 新装版 おじいちゃんのまち

    講談社の創作絵本

    ぼくがのぞいた、おじいちゃんのくらし
    隣町でひとりで暮らすおじいちゃんを訪れたぼく。どうしてぼくたちといっしょに暮らさないのかなって思っていたけれど、いろいろな人に出会ううちに、おじいちゃんの住む町のぬくもりに気がつきます。

    野村たかあき/作・絵

  • イギリスからきた愛情あふれる孫への絵手紙
    1900年代初頭に、あるイギリス人男性が孫たちへ送り続けた1200通にものぼる絵手紙。それは、孫を楽しませ、励まし、新しい知識をもたらした、たいせつな宝物。家族の絆を深める、真心の絵手紙集。

    ヘンリー・ソーンヒル卿/絵

  • スー・ローソン/文
    キャロライン・マガール/絵
    柳田邦男/訳

    みんなのおばあちゃんとは、ちょっとちがうけれど… 自分のことを忘れてしまったおばあちゃん。「でも、いいんだ。おばあちゃんは、おばあちゃんだから……」。認知症である祖母への少年の愛情が、短い言葉の間からあふれる、感動的な絵本です。「高齢化社会へのみごとな贈り物」と作家の柳田邦男氏が絶賛し、翻訳しました。

  • たかしまなおこ/作・絵

    毎日つぎはぎを楽しむ、ひとり暮らしのおばあさん。 ある日思いついた素敵な計画から、どんどん夢広がっていきます。

  • おばあちゃんのきおく

    講談社の翻訳絵本

    メム・フォックス/作
    ジュリー・ビバス/絵
    日野原重明/訳

    おばあちゃんの記憶をさがす小さな男の子。 「きおくって、なに?」ウィルぼうやはみんなに聞いて知ろうとします。歳をとって記憶が見つからなくなってしまった大好きなナンシーおばあちゃんの記憶をさがすためでした。

  • 魔法の夜

    講談社の翻訳絵本

    ドミニク・マルシャン/文
    アルブレヒト・リスラー/絵
    木本 栄/訳

    魔法使いにかなえてほしい願いはたった一つ。 住む家もない老人についてくる子犬。パンを分け合い、話を聞かせていると、その子犬は魔法使いであることをつげます。老人が願ったことは、子犬にとって……。

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本