敬老の日特集 おじいちゃん、おばあちゃんの絵本

お父さん、お母さんよりまえから生きていて、小さい頃のことも知っている。
やさしい、かしこい、たすけてくれる、でもいたわってあげなきゃ……。
そんな、おじいちゃん、おばあちゃんは、絵本によく登場します。
ユーモラスなものから、ぐっとくる感動作まで、バラエティー豊かです!

  • もったいないばあさん

    講談社の創作絵本

    「もったいないこと してないかい?」
    もったいないことをしていると、「もったいな~い」とやってくる「もったいないばあさん」。ちょっと怖いけれど愛があって、いろんなことを教えてくれるおばあちゃんです。ちなみに、絵本に出てくる男の子の祖母だと思われることが多いのですが、そうではなく、あくまでも「どこからともなく」やってくるのです。だから、もったいないことをしていれば、あなたの家にも……。

    真珠まりこ/作・絵

  • だいじょうぶ だいじょうぶ

    講談社の創作絵本

    おじいちゃんと散歩しながらわかったこと。
    小さなぼくが不安な気持ちになると、いつもおまじないの言葉で助けてくれたおじいちゃん。生きていくためのしなやかな強さを育む、心にしみる絵本です。

    いとうひろし/作・絵

  • よかったなあ、かあちゃん

    講談社の創作絵本

    認知症のおばあさんとの交流を感動的に描く
    公園で出会ったおばあさんは、ぼくたちを、亡くなった息子と間違えているようだった。お別れの日、ぼくたちはおばあさんの背中に「かあちゃん!」と叫んだ……。

    西本鶏介/文
    伊藤秀男/絵

  • 新装版 おじいちゃんのまち

    講談社の創作絵本

    ぼくがのぞいた、おじいちゃんのくらし
    隣町でひとりで暮らすおじいちゃんを訪れたぼく。どうしてぼくたちといっしょに暮らさないのかなって思っていたけれど、いろいろな人に出会ううちに、おじいちゃんの住む町のぬくもりに気がつきます。

    野村たかあき/作・絵

  • イギリスからきた愛情あふれる孫への絵手紙
    1900年代初頭に、あるイギリス人男性が孫たちへ送り続けた1200通にものぼる絵手紙。それは、孫を楽しませ、励まし、新しい知識をもたらした、たいせつな宝物。家族の絆を深める、真心の絵手紙集。

    ヘンリー・ソーンヒル卿/絵

  • スー・ローソン/文
    キャロライン・マガール/絵
    柳田邦男/訳

    みんなのおばあちゃんとは、ちょっとちがうけれど… 自分のことを忘れてしまったおばあちゃん。「でも、いいんだ。おばあちゃんは、おばあちゃんだから……」。認知症である祖母への少年の愛情が、短い言葉の間からあふれる、感動的な絵本です。「高齢化社会へのみごとな贈り物」と作家の柳田邦男氏が絶賛し、翻訳しました。

  • たかしまなおこ/作・絵

    毎日つぎはぎを楽しむ、ひとり暮らしのおばあさん。 ある日思いついた素敵な計画から、どんどん夢広がっていきます。

  • おばあちゃんのきおく

    講談社の翻訳絵本

    メム・フォックス/作
    ジュリー・ビバス/絵
    日野原重明/訳

    おばあちゃんの記憶をさがす小さな男の子。 「きおくって、なに?」ウィルぼうやはみんなに聞いて知ろうとします。歳をとって記憶が見つからなくなってしまった大好きなナンシーおばあちゃんの記憶をさがすためでした。

  • 魔法の夜

    講談社の翻訳絵本

    ドミニク・マルシャン/文
    アルブレヒト・リスラー/絵
    木本 栄/訳

    魔法使いにかなえてほしい願いはたった一つ。 住む家もない老人についてくる子犬。パンを分け合い、話を聞かせていると、その子犬は魔法使いであることをつげます。老人が願ったことは、子犬にとって……。

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本