たべものの絵本

暑い夏をこえたら、実りの秋はもう間近。太陽の光をたくさんあびて、栄養がギュギュッと詰まった野菜や果物、一段とおいしくなりますね。そんな季節にピッタリの絵本をご紹介します! 食育に役立つ絵本もあります!

  • スープに なりました

    講談社の創作絵本

    にんじんが、スープになりました。ごくん。
    じゃがいもが、とろんとろんのスープになりました。ごくごく。
    親子の食卓が楽しくなる、野菜とスープの、おいしい木版画絵本。

    彦坂有紀・もりといずみ/作

  • いただきますの おつきさま

    講談社の創作絵本

    ある夜、お月さまが落ちてきた!
    たいへん、たいへん、とうさぎがみんなを集めて落ちたところに向かうと……。
    そこには大きな○○○が! あま~いにおいのする○○○につられて、うっかりみんなで食べてしまいました。今夜の月はどうなるの? 月を眺めるのが楽しくなるお月見食べ物絵本。

    鈴木真実/作

  • うどん対ラーメン

    講談社の創作絵本

    日本人なら、誰もがなじみのある国民食の「うどん」と「ラーメン」。
    どちらがおいしいのか、ついに決着がつくのか、それともつかないのか!?
    「バカバカしさ」を骨の髄まで追求した、ユーモア絵本です。

    田中六大/作

  • いもいも ほりほり

    講談社の創作絵本

    秋の行楽のいちばん人気は、なんといっても、いもほり!
    「あの くも いもに みえるぞ~。」
    ぶたのきょうだいは、はりきっていもほりに出かけます。さあ、どんなおいもが ほれたかな?

    西村敏雄/作

  • イカタコつるつる

    講談社の創作絵本

    イカがラーメンを食べてたら、足とラーメンがつるつるまざって、さあたいへん! みんなもいっしょにこんがらかっちゃおう。

    長 新太/作

  • パン どうぞ

    講談社の創作絵本

    彦坂有紀・もりといずみ/作

    木版画で摺られた本物以上においしそうなパンのオンパレード。ロールパン、あんパン、カレーパン、そして最後にできあがるのは……?

  • ケーキ やけました

    講談社の創作絵本

    彦坂有紀・もりといずみ/作

    木版画で摺られた、焼きたてのケーキたち。チーズケーキ、バウムクーヘン、アップルパイ……。「ひときれどうぞ」「あーん」。

  • コロッケ できました

    講談社の創作絵本

    彦坂有紀・もりといずみ/作

    からあげは、マヨネーズをつけて、ぱくっ。 ハンバーグは、チーズをのせて、がぶっ。 エビフライは、タルタルソースをつけて、ぱくりっ。 さあ、さくさくのコロッケは……?

  • ふしぎなでまえ

    講談社の創作絵本

    かがくいひろし/作

    ものぐさな、じゃがさんとさつまさん。おなかがすいて、出前を取ることにしたのですが、やってきたのは……ふしぎなでまえ!

  • 真珠まりこ/作・絵

    好ききらいをしていたら、もったいないばあさんがやってきた。いろいろな食べ物の役割を、楽しく教えてくれるよ。

  • シゲタサヤカ/作

    「ぼく、このレストランの料理をたべてみたいな~」食いしんぼのまな板に、気のやさしいコックはこっそり料理をあげます。まな板がしゃべる楽しい絵本。

  • たこやきかぞく

    講談社の創作絵本

    にしもとやすこ/作

    同じ鉄板で焼かれるたこやき5人家族のお話。たこやきとはどんなものなのかを家族に語るパパ。極上のたこやきになるために……。

  • おもちのきもち

    講談社の創作絵本

    かがくいひろし/作

    お正月につきものの鏡餅。「食べられるのは嫌だ!」と逃げ出しました。走って逃げていくうちにビロ~ンと伸びてしまい……。

  • はっきよい畑場所

    講談社の創作絵本

    かがくいひろし/作

    はっきよ~い、のこった、のこった! 野菜たちの大相撲がはじまります。結びの一番は手に汗にぎる、大勝負。さて、優勝はだれの手に!?

  • おこめようちえん

    食べるのだいすき よみきかせ絵本

    苅田澄子/文
    陣崎草子/絵

    おこめようちえんに通う、ちっちゃなおこめたち。かえるやどじょうの先生たちに教わって、りっぱなお米になって卒園するまでの日々。

  • なっとうかあちゃん

    食べるのだいすき よみきかせ絵本

    苅田澄子/文
    マスリラ/絵

    わらのお腹でなっとうの子どもを100粒育てるなっとうかあちゃん。かあちゃんがサーカスの会場にやってくると・・・。

  • 山本省三/作
    はせがわかこ/絵

    てっくんのお父さんは、パン屋さん。毎日朝早くから夜遅くまで、おいしいパンを作るため忙しく働いています。パン屋さんを営む家族の1日を描いたハートフルストーリー!

  • 三浦太郎/作

    ぞうさんのお鼻からすべり落ちたりんごが、コロコロ転がって、きりんさん、かばさん、らくださん、やまあらしさん……いろいろな動物たちの背中の上を通っていきます。りんごは、どこへいくのかな?

  • りんご畑の12か月

    講談社の創作絵本

    松本 猛/文
    中武ひでみつ/絵

    冬、やすおじさんは、夜明け前から畑で働き始めます。暗くて、とても寒いなか、パチン、パチンと枝の剪定です。秋、おいしいりんごが実りますように。さあ、畑の一年が始まります。

  • ショコラちゃんのレストラン

    講談社の幼児えほん

    中川ひろたか/作
    はたこうしろう/絵

    お料理上手なショコラちゃん。シチュー、ホットケーキ……あれ? 作りすぎたかな? じゃあ、レストランを開店しちゃおう!

  • サトシン/作
    よしながこうたく/絵

    突然空から降ってきたあんまんを巣に持ち帰るため、アリたちは知力と勇気をつくした冒険に挑む。絵本界の風雲児、サトシン×よしながこうたくの初コンビ作品!

  • あいはらひろゆき/作
    あだちなみ/絵

    フラニーとメラニーが作るスープは、森の仲間たちの評判です。そんなふたりに、今日はある出来事が……。

  • あいはらひろゆき/作
    あだちなみ/絵

    フラニーとメラニーの姉妹ふたりが、手づくりスープで、森のみんなに幸せをとどけるおはなしです。おっちょこちょいの妹メラニーは、おねえちゃんのように、みんなが喜んでくれるおいしいスープがつくりたかったのですが、なかなかうまくできませんでした。牛のフィービーおばさんが、メラニーにおいしいものを作るひみつを……?

  • 萩原信介/監修

    いつも食べている野菜やくだもの、いつごろ実がなるのかな? 4~6歳のお子さんが出合う花や野菜、果物など植物を細密な絵や写真で紹介します。季節感を豊かに育て、食育にも役立つ1冊です。

  • まついのりこ/作

    「アイスクリームだ! あいうえお」 子どもの大好きな食べ物をモチーフにした「あいうえお」を楽しみながら、「ひらがな」の基本が自然に身につく絵本。

  • どこミニ たべもの どこ?

    講談社の幼児えほん

    山形明美/作
    大畑俊男/撮影

    すいか、とうもろこし、オムライス……、どこ? さがしものあそびをしながら、たべものの名まえがおぼえられます!

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

季節の絵本