「卒園・入園・入学」におすすめの絵本

卒園、入園、入学のシーズンも目前。子どもにとっても、親にとっても、楽しみでありながらも不安な気持ちがいっぱいの季節ですね。この時期に、ぜひ親子で読んでいただきたい絵本をまとめてみました。幼稚園や小学校の生活をテーマにした絵本から、子どものあんぜんに関する絵本まで、親子で読んで新生活の準備ができる本がたくさんあります。楽しい新生活をスタートできますように!

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいの1年間

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。
    小学1年生の行事と生活、心の成長を描く「いちねんせいの1年間」シリーズ第1弾。胸のどきどきが伝わってくる入学式のおはなしです。

    ★入学におすすめ
     「いちねんせいの1年間」シリーズはこちら
     http://ehon.kodansha.co.jp/search/3/16/

    くすのきしげのり/作
    田中六大/絵

  • 登下校時、戸外で遊ぶとき、ひとりで家にいる時間など、子どもが親から離れている時間に交通事故、災害、犯罪に遭わないようにするには、また起きてしまったときにどう対処したらいいかを、ケース別にわかりやすく説明しています。子ども向けで、すべての漢字にふりがなをつけています。

    ★入学におすすめ
     生きる力を育てるワークシートがダウンロードできます
     http://ehon.kodansha.co.jp/anzen

    国崎信江/監修
    講談社/編

  • 「いってまいります」「はじめまして」などの<あいさつのことば>、「どうぞ」「だいじょうぶ?」などの<おもいやりのことば>、「ごめんなさい」「ありがとう」などの<きもちをつたえることば>を学ぶおはなし集。日常のあいさつから小学校で必要な基本のことばまで、コミュニケーションの力を育みます。ことばの入学準備に最適な一冊です。

    ★入学におすすめ

    木坂 涼/監修
    講談社/編

  • お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

    ★入園におすすめ

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

  • 1年生のえほん百科

    講談社の年齢で選ぶ知育絵本

    『1年生のえほん百科』は、このシリーズ(『1歳のえほん百科』~『4歳のえほん百科』)のいわば、総仕上げ。導入では小学校での生活や行事を紹介し、それから学科の内容に入っていく構成です。あくまで「えほん百科」なので、ビジュアルは楽しく、わかりやすいのが特徴。とりあげるジャンルは低学年の全教科にわたり、幅広く、しかも発展的な内容です。1年生の1年間だけでなく、2~3年生まで使える充実した1冊。まさに入学祝いにぴったりの本です。

    ★入学におすすめ

    講談社/編

  • さこももみ/作

    卒園を迎える幼稚園の子どもたちを、ひとりひとりの個性を大切に、だれもが主役になれるんだよ、というメッセージをこめて描きます。卒園の記念に贈りたい絵本です。 ★卒園におすすめ

  • イヴォンヌ・ヤハテンベルフ/作
    野坂悦子/訳

    はじめて学校に行く日。特別な日。 どきどきしながら教室に向かうアルノ。初めての友だち、初めての授業。なかなかすぐには慣れないけれど……。アルノの一日は、どんな日になるのでしょうか? ★入学におすすめ

  • 種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。子どもたちは、また大好きなお姫さまに会えるように、ある作戦を思いつきます。 ★入園におすすめ

  • 斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。 ★入学におすすめ

  • 3歳のえほん百科

    講談社の年齢で選ぶ知育絵本

    講談社/編

    単なる知識だけじゃない、考えるヒントがいっぱいつまっている図鑑絵本です。どんどん新しい情報を吸収するこの時期、きっと目が輝くに違いありません。 ★入園におすすめ

  • きたやまようこ/文
    アンドレ・ダーハン/絵

    小学校に入学したおつきさま。 すぐに友だちができるかと思っていたのにそうはならなくて……がっかり。 でも、ある日、おつきさまはすてきなことを思いつきます――。 ★入学におすすめ

  • L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    せんをたどって学校へいこう! 朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。 ★入学におすすめ

  • アネット・チゾン タラス・テイラー/作
    山下明生/訳

    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。 ★入学におすすめ

  • B.ク-ニ-/文 
    L.キングマン/絵
    三木卓/訳

    5歳になったピーターは、おともだちをくださいという願い事を自分でかなえるために、遠い道をひとりで学校にいきました。 ★入学におすすめ

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

季節の絵本