パンダの絵本

愛らしい動きとキャラクターで大人気のパンダ。
上野動物園ではパンダのあかちゃんも誕生し、ますます注目したいパンダです。
かわいい、楽しい、ためになる、いろいろなパンダの絵本をご紹介します。

  • パンダ ともだちたいそう

    講談社の幼児えほん

    ピーッ! という笛の音とともにはじまる、パンダたちのたのしいたいそう。
    ふたりでおにぎり、3人でめがね、4にんでだるまさん……。
    さあ、つぎはなにに変身するのかな?

    いりやまさとし/作

  • パンダ なりきりたいそう

    講談社の幼児えほん

    「パンダなりきりたいそう はじめ!」
    何かになりきるのって、たのしい!
    さあ、絵本を見ながら、パンダといっしょに、おもいっきり体をうごかそう!

    いりやまさとし/作

  • ころころパンダ

    講談社の幼児えほん

    あるくなって眠るうち、ころころころと坂道をころがって!?
    ふわふわの質感を生かした、自然なパンダの様子がかわいい動物絵本です。

    いりやまさとし/作

  • ゆらゆらパンダ

    講談社の幼児えほん

    パンダのあかちゃんが丸太のブランコでゆらゆら。
    木の枝の上でゆらゆら。「ころころ パンダ」とつながるラストが楽しい!

    いりやまさとし/作

  • 森のパンダ

    講談社の翻訳絵本

    山あいに生まれた赤ちゃんパンダと、育てるおかあさんパンダ。やがて独り立ちを迎え……。野生パンダの生態を描いた貴重な絵物語。

    唐亜明/文
    木下晋/絵

  • のぶみ/作

    「パンダちゃん」を通してお子さんに語りかけると、その言葉に反応して、子どもたちは、まるでお友だちと遊んでいるように自然に声をだし、身体を動かしだします。 楽しく話して、いっしょに遊ぶ しかけのない、しかけ絵本!

たべものの絵本

  • うどん対ラーメン

    うどん対ラーメン

    田中六大/作

    日本人なら、誰もがなじみのある国民食の「うどん」と「ラーメン」。
    どちらがおいしいのか、ついに決着がつくのか、それともつかないのか!?
    「バカバカしさ」を骨の髄まで追求した、ユーモア絵本です。

  • いもいも ほりほり

    いもいも ほりほり

    西村敏雄/作

    秋の行楽のいちばん人気は、なんといっても、いもほり!
    「あの くも いもに みえるぞ~。」
    ぶたのきょうだいは、はりきっていもほりに出かけます。さあ、どんなおいもが ほれたかな?

  • もったいないばあさんの いただきます

    もったいないばあさんの いただきます

    真珠まりこ/作・絵

    好ききらいをしていたら、もったいないばあさんがやってきた。いろいろな食べ物の役割を、楽しく教えてくれるよ。

  • いただきますの おつきさま

    いただきますの おつきさま

    鈴木真実/作

    ある夜、お月さまが落ちてきた! たいへん、たいへん、とうさぎがみんなを集めて落ちたところに向かうと……。そこには大きな○○○が! あま~いにおいのする○○○につられて、うっかりみんなで食べてしまいました。今夜の月はどうなるの?

  • スープに なりました

    スープに なりました

    彦坂有紀・もりといずみ/作

    にんじんが、スープになりました。ごくん。
    じゃがいもが、とろんとろんのスープになりました。ごくごく。
    親子の食卓が楽しくなる、野菜とスープの、おいしい木版画絵本。

  • まないたに りょうりを あげないこと

    まないたに りょうりを あげないこと

    シゲタサヤカ/作

    「ぼく、このレストランの料理をたべてみたいな~」食いしんぼのまな板に、気のやさしいコックはこっそり料理をあげます。まな板がしゃべる楽しい絵本。

季節の絵本