水の絵本

冬はキーンと冷たくて、夏はひんやりきもちいい。
みんなにかかせない身近な存在の”水”! 
今回は水を扱った絵本の特集をしてみました!

  • 「地球は水の星。人はみな水の星の子ども」と語っていた長田弘の『水の絵本』への思い。哲学的でもあり、やわらかなユーモアがちりばめられたことば。そのことばが表現するかけがえのない水の美しさ、かがやきを荒井良二が瑞々しく描いた新たなる名作。

    長田弘/作 荒井良二/絵

  • 暑い夏の午後、ホースで水まきをする女の子
    庭中のいきものに水を浴びせかけ、しまいに自分もずぶぬれ。生命力あふれると定評のある独得の絵が、水というテーマを得てさらに豪快に勢いよく画面にはじけます

    木葉井悦子/作・絵

  • 砂遊びセット、スニーカー、ぺっとの子犬、甘酸っぱいいちご、みんなじゃぶじゃぶ洗っちゃおう。手洗いでバイキンさんもやっつけて!

    新井洋行/作

  • ぬまは、ずっとひとりぼっちでした。あるとき、森にちょうがやってくると、ぬまは、さようならをしたくないあまりに、ちょうを飲みこんでしまいます……
    ひとりのさびしさ、ふり向いてもらえないさびしさ、たのしい時間がおわるさびしさ、別れるさびしさ……そんな気持ちが、ひとつの出会いによって変わっていきます。
    絵本デビュー作『わたしドーナツこ』で注目を浴びる、新人作家・井上コトリさんの第2作です。ちょっぴりこわさものぞく個性的な「物語」と、軽快でカラフルなイラストレーションが魅力。「沼」を主役に据えて「さびしさ」というテーマを描き出した、意外性に富んだファンタジックなお話です。

    井上コトリ/作

  • 大人気さがしもの絵本
    写真のなかから、さがしてみつけて!
    子どもはじっくり、おとなはうっとり!さがしながら、ふしぎなせかいにまよいこむ!

    みずたまりの なかに あったのは、さがしもの いっぱいの、ふしぎな まち。
    ムクは どこ?
    さがしものは、ここに あそこに。さあ、さがして、みつけて、どんどん すすめ!
    ここに あるのは、ふしぎな まちからの おくりもの。どの ページで であった ものか、みつけてね。
    どこ?

    山形明美/作

  • 山形明美/作

    まんげつの よる、 クロを おって はじまった、 ふしぎな さがしものの たび。 クロは どこ? さがしものは、ほかにも、たくさん。 さあ、さがして、みつけて、おいかけて! ここに あるのは、 ぼくが もちかえった、ふしぎな おみやげ。 どの ページから もって きた ものか、 わかるかな。 どこ?

  • アネット・チゾン/作 タラス・テイラー/作 山下明生/訳

    小麦の実る季節。バーバたちは刈り取った小麦を水車小屋に運んで粉にします。その粉で1年分のパンやお菓子ができるんです。ところが、水車をこわしちゃった!

おすすめの絵本

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

  • おじいちゃんちの たうえ

    おじいちゃんちの たうえ

    作:さこ ももみ

    今日は「田植え」の日! 
    一家総出で行う田植えのようすと、春の田んぼの気持ちよさを描きます。

季節の絵本