海の絵本

暑い季節、海に行くまえにぜひ一冊、海の絵本を! 自分で感じてい海とは違う海が感じられるかもしれません。

  • うみとモモちゃん

    講談社の創作絵本

    モモちゃんは、お母さんといっしょに海に行きました。
    前は波がこわかったけど、もう平気です。海とじゃんけんしちゃうくらい。でも、翌日、嵐になると海は、まったく別の顔をしています。おこっちゃったのかな? 

    松谷みよ子/文
    武田美穂/絵

  • 新装版 うみのいろのバケツ

    講談社の創作絵本

    夏の浜辺に すわったら、あなたにも 小さな声が 聞こえるかもしれない……。
    夏休み、海にやってきた少女。ひっくりかえしたバケツの中から、ある日、声が聞こえてきます。
    「わたしに、この バケツを かしてね。」
    海と同じ色のバケツは、ほんのりと光っていました──。
    いつまでも心に残る、夏のものがたり。 

    立原えりか/文
    永田萠/絵

  • なみ

    講談社の翻訳絵本

    ある晴れた日、波と追いかけっこをして遊ぶ、ちいさな女の子。波の音、太陽の輝き、白い砂、カモメの声、お母さんのパラソル……。だれの心にもありそうな夏の日。
    文がなくても、この絵本に物語がいっぱいうまっています。子どもたちは、この余白に自分の心の物語を思い描くことでしょう。

    スージー・リー/作

  • うみべのいちにち

    講談社の翻訳絵本

    貝ひろい、砂の城、波あそび……夏ならではの遊びに夢中になる2人のきょうだい。
    砂のお城は消えてしまっても、思い出はポケットのなかに。きらきらかがやく夏の1日をそのままとじこめたような絵本。

    ナタリー・テュアル/作
    イリヤ・グリーン/絵
    ときありえ/訳

  • バーバパパうみにでる

    バーバパパのちいさなおはなし

    海へ遊びにいったバーバパパたちは、ボートに変身して島へ渡り、古い海賊船を発見します。港まで運ぼうと乗り込んだところへ、あらしがやってきて……!?

    アネット=チゾン、タラス=テイラー/作
    やましたはるお/訳

  • バーバパパのしんじゅとり

    バーバパパのちいさなおはなし

    アネット=チゾン、タラス=テイラー/作
    やましたはるお/訳

    おしゃれなバーバベルのためにしんじゅをとろうと、バーバパパたちは南の海へ。海にもぐって、しんじゅやさんごなど、きれいなものをいっぱいもってかえります。

  • らっちさん

    講談社の創作絵本

    杉田比呂美/作

    北の海のアザラシ・らっちさん。南の島のモンさんから招待状を受け取り、出発。ですが南の島は遠くてくじけそう。そんならっちさんを海の生物たちが励まして……。

  • 武田正倫/監修

    海辺から近くの海、遠くの海、あたたかい海、深い海、冷たい海と、場面に分けて、海の生き物を紹介します。実際に生息している様子の絵は、子どもたちの想像力をかきたてます。磯遊びや潮干狩りなどの海の遊びや水族館に行く前に、ぜひ親子で開いてほしい図鑑絵本です。

  • 高円宮妃久子/作
    飛鳥童/絵

    この物語の主人公は、ルリという名の氷山です。2万年も氷床の中にいたルリは、やっと氷山になりました。さあ、ルリの大航海がはじまります!

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本