海の絵本

暑い季節、海に行くまえにぜひ一冊、海の絵本を! 自分で感じてい海とは違う海が感じられるかもしれません。

  • うみとモモちゃん

    講談社の創作絵本

    モモちゃんは、お母さんといっしょに海に行きました。
    前は波がこわかったけど、もう平気です。海とじゃんけんしちゃうくらい。でも、翌日、嵐になると海は、まったく別の顔をしています。おこっちゃったのかな? 

    松谷みよ子/文
    武田美穂/絵

  • 新装版 うみのいろのバケツ

    講談社の創作絵本

    夏の浜辺に すわったら、あなたにも 小さな声が 聞こえるかもしれない……。
    夏休み、海にやってきた少女。ひっくりかえしたバケツの中から、ある日、声が聞こえてきます。
    「わたしに、この バケツを かしてね。」
    海と同じ色のバケツは、ほんのりと光っていました──。
    いつまでも心に残る、夏のものがたり。 

    立原えりか/文
    永田萠/絵

  • なみ

    講談社の翻訳絵本

    ある晴れた日、波と追いかけっこをして遊ぶ、ちいさな女の子。波の音、太陽の輝き、白い砂、カモメの声、お母さんのパラソル……。だれの心にもありそうな夏の日。
    文がなくても、この絵本に物語がいっぱいうまっています。子どもたちは、この余白に自分の心の物語を思い描くことでしょう。

    スージー・リー/作

  • うみべのいちにち

    講談社の翻訳絵本

    貝ひろい、砂の城、波あそび……夏ならではの遊びに夢中になる2人のきょうだい。
    砂のお城は消えてしまっても、思い出はポケットのなかに。きらきらかがやく夏の1日をそのままとじこめたような絵本。

    ナタリー・テュアル/作
    イリヤ・グリーン/絵
    ときありえ/訳

  • バーバパパうみにでる

    バーバパパのちいさなおはなし

    海へ遊びにいったバーバパパたちは、ボートに変身して島へ渡り、古い海賊船を発見します。港まで運ぼうと乗り込んだところへ、あらしがやってきて……!?

    アネット=チゾン、タラス=テイラー/作
    やましたはるお/訳

  • バーバパパのしんじゅとり

    バーバパパのちいさなおはなし

    アネット=チゾン、タラス=テイラー/作
    やましたはるお/訳

    おしゃれなバーバベルのためにしんじゅをとろうと、バーバパパたちは南の海へ。海にもぐって、しんじゅやさんごなど、きれいなものをいっぱいもってかえります。

  • らっちさん

    講談社の創作絵本

    杉田比呂美/作

    北の海のアザラシ・らっちさん。南の島のモンさんから招待状を受け取り、出発。ですが南の島は遠くてくじけそう。そんならっちさんを海の生物たちが励まして……。

  • 武田正倫/監修

    海辺から近くの海、遠くの海、あたたかい海、深い海、冷たい海と、場面に分けて、海の生き物を紹介します。実際に生息している様子の絵は、子どもたちの想像力をかきたてます。磯遊びや潮干狩りなどの海の遊びや水族館に行く前に、ぜひ親子で開いてほしい図鑑絵本です。

  • 高円宮妃久子/作
    飛鳥童/絵

    この物語の主人公は、ルリという名の氷山です。2万年も氷床の中にいたルリは、やっと氷山になりました。さあ、ルリの大航海がはじまります!

おすすめの絵本

  • どしゃぶり

    どしゃぶり

    おーなり 由子/文 はた こうしろう/絵

    どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

  • 新版 星空キャンプ

    新版 星空キャンプ

    村上 康成/作

    月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

  • ぼんちゃんのぼんやすみ

    ぼんちゃんのぼんやすみ

    あおき ひろえ/作

    子どもに伝えたい日本の風習
    ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • きもだめし

    きもだめし

    新井 洋行/作

    『きもだめし』は、その名の通り、夏の風物詩である肝試しがテーマの、縦開きのしかけ絵本です。
     不気味な日本人形の、おどろおどろしい肝試しへの案内から、本作は始まります。幽霊や、一つ目お化け、ろくろっくび、のっぺらぼうなど、定番のお化けや妖怪が次々に登場します。 おはなし会や、親子でドキドキしながら楽しめる1冊です。

  • ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    庄野 ナホコ/作

    マグロのおさしみに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。
    ある日、庭になったおおきなスイカで、ひともうけしてマグロのおさしみを食べようと、売りにでかけますが……。

季節の絵本