講談社の年齢で選ぶ知育絵本(うたとおはなし)

年齢で選ぶ「うたとおはなし」絵本の決定版

  • 年齢で選ぶ「うたとおはなし」絵本の決定版
    1歳は、親子の「ふれあい」が最も重要な時期。お母さんのひざの上で手あそび歌で遊んだり、短いお話を聞いて、安心感を得ながら、ことばへの興味を養います。

  • 語彙力が伸びる2歳児向けのうたとおはなし
    自我が芽生え、自分の世界を広げていこうとする2歳児に、表現する楽しさを伝えます。ことばのリズムを重視し、くり返しの多いうたやおはなしを多く掲載。

  • 3歳児にぴったりの「うたとおはなし」絵本
    喜び、哀しみなどの感情表現や想像力が豊かになる3歳児。ストーリー性のあるうたや、少し長めのお話、行事や自然に関するコラムなど、バラエティーに富む1冊。

  • 4歳児にぴったりの「うたとおはなし」絵本
    ひとり遊びからグループ遊びへ。社会性の芽生える4歳児向けに「はたらくくるま」「やぎさんゆうびん」や、「マッチ売りの少女」などのうたとおはなしを掲載。

  • しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

    人気絵本作家による豪華描き下ろし!
    荒井良二・木坂涼・まるやまあやこ・浅倉田美子・ななもりさちこ・
    長谷川義史・まつながあき・さこももみ・及川賢治/竹内繭子(100%ORANGE)・
    大塚いちお・矢部美智代・岡田千晶・松成真理子

    ●1日の「生活リズム」をおはなしで疑似体験
    1日の生活リズムを、生活シーンごとにおはなしにしています。おはなしを読んでいるうちに、子どももおとなも、しぜんと生活リズムが身につくようになります。

    ●ゆったりとした時間をうみだすおはなしの世界
    1日のしめくくりに、気持ちのよい眠りへと誘う、おはなしの世界が繰り広げられます。読んでもらう子どもも、読んであげるおとなも、ゆったりとした心地になれる世界です。

    ●生活シーンごとに具体的なアドバイス
    おはなしの内容に合わせて、1日の生活リズムと体温リズムを楽しくととのえる、具体的な方法をアドバイスしています。

    ●睡眠の知識が深まる「ねんねノート」と「ねんね日誌」
    寝つきと生活リズム、睡眠と脳の関係を理論的な背景もふくめて、わかりやすく紹介しています。また、巻末に気楽につけることができる睡眠日誌を設け、子どもの睡眠リズムを把握し、眠りを客観的に見ることによって、日々の気持ちに余裕が生まれるよう、おすすめしています。

    前橋明/監修

おすすめの絵本

  • どしゃぶり

    どしゃぶり

    おーなり 由子/文 はた こうしろう/絵

    どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

  • 新版 星空キャンプ

    新版 星空キャンプ

    村上 康成/作

    月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

  • ぼんちゃんのぼんやすみ

    ぼんちゃんのぼんやすみ

    あおき ひろえ/作

    子どもに伝えたい日本の風習
    ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • きもだめし

    きもだめし

    新井 洋行/作

    『きもだめし』は、その名の通り、夏の風物詩である肝試しがテーマの、縦開きのしかけ絵本です。
     不気味な日本人形の、おどろおどろしい肝試しへの案内から、本作は始まります。幽霊や、一つ目お化け、ろくろっくび、のっぺらぼうなど、定番のお化けや妖怪が次々に登場します。 おはなし会や、親子でドキドキしながら楽しめる1冊です。

  • ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    庄野 ナホコ/作

    マグロのおさしみに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。
    ある日、庭になったおおきなスイカで、ひともうけしてマグロのおさしみを食べようと、売りにでかけますが……。

季節の絵本