講談社の年齢で選ぶ知育絵本(うたとおはなし)

年齢で選ぶ「うたとおはなし」絵本の決定版

  • 年齢で選ぶ「うたとおはなし」絵本の決定版
    1歳は、親子の「ふれあい」が最も重要な時期。お母さんのひざの上で手あそび歌で遊んだり、短いお話を聞いて、安心感を得ながら、ことばへの興味を養います。

  • 語彙力が伸びる2歳児向けのうたとおはなし
    自我が芽生え、自分の世界を広げていこうとする2歳児に、表現する楽しさを伝えます。ことばのリズムを重視し、くり返しの多いうたやおはなしを多く掲載。

  • 3歳児にぴったりの「うたとおはなし」絵本
    喜び、哀しみなどの感情表現や想像力が豊かになる3歳児。ストーリー性のあるうたや、少し長めのお話、行事や自然に関するコラムなど、バラエティーに富む1冊。

  • 4歳児にぴったりの「うたとおはなし」絵本
    ひとり遊びからグループ遊びへ。社会性の芽生える4歳児向けに「はたらくくるま」「やぎさんゆうびん」や、「マッチ売りの少女」などのうたとおはなしを掲載。

  • しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

    人気絵本作家による豪華描き下ろし!
    荒井良二・木坂涼・まるやまあやこ・浅倉田美子・ななもりさちこ・
    長谷川義史・まつながあき・さこももみ・及川賢治/竹内繭子(100%ORANGE)・
    大塚いちお・矢部美智代・岡田千晶・松成真理子

    ●1日の「生活リズム」をおはなしで疑似体験
    1日の生活リズムを、生活シーンごとにおはなしにしています。おはなしを読んでいるうちに、子どももおとなも、しぜんと生活リズムが身につくようになります。

    ●ゆったりとした時間をうみだすおはなしの世界
    1日のしめくくりに、気持ちのよい眠りへと誘う、おはなしの世界が繰り広げられます。読んでもらう子どもも、読んであげるおとなも、ゆったりとした心地になれる世界です。

    ●生活シーンごとに具体的なアドバイス
    おはなしの内容に合わせて、1日の生活リズムと体温リズムを楽しくととのえる、具体的な方法をアドバイスしています。

    ●睡眠の知識が深まる「ねんねノート」と「ねんね日誌」
    寝つきと生活リズム、睡眠と脳の関係を理論的な背景もふくめて、わかりやすく紹介しています。また、巻末に気楽につけることができる睡眠日誌を設け、子どもの睡眠リズムを把握し、眠りを客観的に見ることによって、日々の気持ちに余裕が生まれるよう、おすすめしています。

    前橋明/監修

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本