「名作絵本」シリーズ

日本と世界の名作、昔話を、美しい絵とわかりやすい文でお楽しみください。

  • はじめて触れるおはなしの感動は、本物だからこそ!
    現代人気作家による究極の日本の名作

    初めての読み聞かせは、お父さんやお母さんがよく知っている、好きなお話から始めましょう。たのしそうな声をとおして、感動が伝わっていきます。世代を越えて読み継がれた名作は、何度読んでも、また新たな発見があるもの。一流の作家と画家による美しい文と絵が豊かな想像力を育てます。

  • はじめて触れる絵本だからこそ、美しい絵と文を!
    一流の画家と作家による究極の世界の名作

    幼いころに読んでもらったお話は、大人になっても忘れないもの。お父さんやお母さんのやさしい息づかいや、ひざの温もりの記憶といっしょだからでしょうか?子どもが初めて触れる絵本の世界が、より豊かなものになるよう、不朽の名作を、一流の作家と画家が美しい文と絵で表現しました。

  • 2005年 生誕200年記念
    美しいアンデルセンのお話がいっぱい!
    一流の絵と文章で描くアンデルセンの世界

    1875年、70歳で亡くなったアンデルセンは国葬で葬られましたが、彼の生家や記念館は今も多くの観光客でにぎわっています。修学旅行の子どもたちもいました。『すずのへいたい』を読んで勇気をもらい、『にんぎょひめ』を知ることでやさしさを抱いた子どもたちは、アンデルセンの心を受け継ぐのです。――(童話作家 立原えりか/解説より)

    マッチうりの少女/はだかの王さま/イーダちゃんの花/おやゆびひめ/みにくいあひるの子/すずのへいたい/にんぎょひめ

  • 親子で楽しめるグリムのお話がいっぱい!
    一流の絵と文章で描くグリムの世界

    子どもにとっては、『赤ずきん』も『ヘンゼルとグレーテル』も『しらゆきひめ』も『おおかみと七ひきの子やぎ』も、こわい話です。(中略)こわいけど、聞きたい。この気持ちは、子どもの成長にとって、とても大事だと思います。そうやって、慎重に、慎重に、子どもは人生のなかのこわいことに慣れていくのです。――(筑波大学名誉教授 小澤俊夫/解説より)

    赤ずきん/ヘンゼルとグレーテル/おおかみと七ひきの子やぎ/金のがちょう/ブレーメンのおんがくたい/しらゆきひめ

  • いまほんとうに必要な生きる知恵を育てる本
    村上勉描き下ろしの、美しいイソップ絵本です!

    イソップ物語には、おもしろくてためになるお話がいっぱいあります。
    短いお話ばかりだから幼児だって充分に聞けます、わかります。小学生にもなれば深い意味がしっかりわかり、「なーるほど」「そうか」と感心し、生きる力をもらいます。そう、本は子どもに生きる力をくれるのです。すばらしいですね。イソップ物語は子どものものだけにしておくのはもったいない。お父さん、お母さん、おじいちゃんにもおばあちゃんにも役にたつお話がいっぱい。はっと気づくことがあります。――劇団天童 主宰 浜島代志子<解説より>

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本