「名作絵本」シリーズ

日本と世界の名作、昔話を、美しい絵とわかりやすい文でお楽しみください。

  • はじめて触れるおはなしの感動は、本物だからこそ!
    現代人気作家による究極の日本の名作

    初めての読み聞かせは、お父さんやお母さんがよく知っている、好きなお話から始めましょう。たのしそうな声をとおして、感動が伝わっていきます。世代を越えて読み継がれた名作は、何度読んでも、また新たな発見があるもの。一流の作家と画家による美しい文と絵が豊かな想像力を育てます。

  • はじめて触れる絵本だからこそ、美しい絵と文を!
    一流の画家と作家による究極の世界の名作

    幼いころに読んでもらったお話は、大人になっても忘れないもの。お父さんやお母さんのやさしい息づかいや、ひざの温もりの記憶といっしょだからでしょうか?子どもが初めて触れる絵本の世界が、より豊かなものになるよう、不朽の名作を、一流の作家と画家が美しい文と絵で表現しました。

  • 2005年 生誕200年記念
    美しいアンデルセンのお話がいっぱい!
    一流の絵と文章で描くアンデルセンの世界

    1875年、70歳で亡くなったアンデルセンは国葬で葬られましたが、彼の生家や記念館は今も多くの観光客でにぎわっています。修学旅行の子どもたちもいました。『すずのへいたい』を読んで勇気をもらい、『にんぎょひめ』を知ることでやさしさを抱いた子どもたちは、アンデルセンの心を受け継ぐのです。――(童話作家 立原えりか/解説より)

    マッチうりの少女/はだかの王さま/イーダちゃんの花/おやゆびひめ/みにくいあひるの子/すずのへいたい/にんぎょひめ

  • 親子で楽しめるグリムのお話がいっぱい!
    一流の絵と文章で描くグリムの世界

    子どもにとっては、『赤ずきん』も『ヘンゼルとグレーテル』も『しらゆきひめ』も『おおかみと七ひきの子やぎ』も、こわい話です。(中略)こわいけど、聞きたい。この気持ちは、子どもの成長にとって、とても大事だと思います。そうやって、慎重に、慎重に、子どもは人生のなかのこわいことに慣れていくのです。――(筑波大学名誉教授 小澤俊夫/解説より)

    赤ずきん/ヘンゼルとグレーテル/おおかみと七ひきの子やぎ/金のがちょう/ブレーメンのおんがくたい/しらゆきひめ

  • いまほんとうに必要な生きる知恵を育てる本
    村上勉描き下ろしの、美しいイソップ絵本です!

    イソップ物語には、おもしろくてためになるお話がいっぱいあります。
    短いお話ばかりだから幼児だって充分に聞けます、わかります。小学生にもなれば深い意味がしっかりわかり、「なーるほど」「そうか」と感心し、生きる力をもらいます。そう、本は子どもに生きる力をくれるのです。すばらしいですね。イソップ物語は子どものものだけにしておくのはもったいない。お父さん、お母さん、おじいちゃんにもおばあちゃんにも役にたつお話がいっぱい。はっと気づくことがあります。――劇団天童 主宰 浜島代志子<解説より>

おすすめの絵本

  • パンダ なりきりたいそう

    パンダ なりきりたいそう

    いりやまさとし/作

    「パンダなりきりたいそう はじめ!」
    何かになりきるのって、たのしい!
    さあ、絵本を見ながら、パンダといっしょに、おもいっきり体をうごかそう!

  • くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    講談社/編
    久保田 競/監

    巻頭口絵の100項目のチェックシートにしたがって、すこしずつトレーニングを積んでいきましょう。しぜんと手先が器用になり、脳がきたえられる一冊です。

  • もったいないばあさんかるた

    もったいないばあさんかるた

    真珠 まりこ/著

    生活の中のいろいろな「もったいない」を題材とした読み札・絵札46組。楽しく遊びながら、「もったいない」を感じる心が自然にそだちます。

  • 遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    シゲタ サヤカ/作・絵

    「あつぎで シロコロ 食べてみた」
    「いせはらの とうふのおいしさ つたえたい」
    神奈川県のジモト民ならおなじみのネタや意外な話題が盛りだくさん。横浜、川崎、相模原から三浦半島、湘南、箱根まで、ジモト自慢が満載です。神奈川県の地理を遊びながら学べる、ジモト愛100パーセントのかるた!

  • 決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    あきやま かぜさぶろう/作

    もののかたちをとらえ、○、△、□などかんたんな形をつかって、いろいろな絵が描ける、魔法のメソッドを1日10分でたのしもう!

  • くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    講談社/編
    久保田競・久保田カヨ子/監修

    直線や曲線、ジグザグ、らせんなどの線を書く「運筆」の訓練をつづけると、文字を書くときに、手指をやわららかく 思いどおりに動かせるようになります。 100のトレーニングを積んでいけば、しぜんと「ひらがな」を書けるようになり、脳がきたえられます。

  • どこ? もりの なかの さがしもの

    どこ? もりの なかの さがしもの

    山形 明美/作
    大畑 俊男/撮影

    1冊の本がつれていってくれたのは、不思議なさがしものの森。動物たちの歓迎会、妖精のピクニック、洞窟の先の奇妙な屋敷。さあ、さがして見つけて追いかけて!

季節の絵本