「名作絵本」シリーズ

日本と世界の名作、昔話を、美しい絵とわかりやすい文でお楽しみください。

  • はじめて触れるおはなしの感動は、本物だからこそ!
    現代人気作家による究極の日本の名作

    初めての読み聞かせは、お父さんやお母さんがよく知っている、好きなお話から始めましょう。たのしそうな声をとおして、感動が伝わっていきます。世代を越えて読み継がれた名作は、何度読んでも、また新たな発見があるもの。一流の作家と画家による美しい文と絵が豊かな想像力を育てます。

  • はじめて触れる絵本だからこそ、美しい絵と文を!
    一流の画家と作家による究極の世界の名作

    幼いころに読んでもらったお話は、大人になっても忘れないもの。お父さんやお母さんのやさしい息づかいや、ひざの温もりの記憶といっしょだからでしょうか?子どもが初めて触れる絵本の世界が、より豊かなものになるよう、不朽の名作を、一流の作家と画家が美しい文と絵で表現しました。

  • 2005年 生誕200年記念
    美しいアンデルセンのお話がいっぱい!
    一流の絵と文章で描くアンデルセンの世界

    1875年、70歳で亡くなったアンデルセンは国葬で葬られましたが、彼の生家や記念館は今も多くの観光客でにぎわっています。修学旅行の子どもたちもいました。『すずのへいたい』を読んで勇気をもらい、『にんぎょひめ』を知ることでやさしさを抱いた子どもたちは、アンデルセンの心を受け継ぐのです。――(童話作家 立原えりか/解説より)

    マッチうりの少女/はだかの王さま/イーダちゃんの花/おやゆびひめ/みにくいあひるの子/すずのへいたい/にんぎょひめ

  • 親子で楽しめるグリムのお話がいっぱい!
    一流の絵と文章で描くグリムの世界

    子どもにとっては、『赤ずきん』も『ヘンゼルとグレーテル』も『しらゆきひめ』も『おおかみと七ひきの子やぎ』も、こわい話です。(中略)こわいけど、聞きたい。この気持ちは、子どもの成長にとって、とても大事だと思います。そうやって、慎重に、慎重に、子どもは人生のなかのこわいことに慣れていくのです。――(筑波大学名誉教授 小澤俊夫/解説より)

    赤ずきん/ヘンゼルとグレーテル/おおかみと七ひきの子やぎ/金のがちょう/ブレーメンのおんがくたい/しらゆきひめ

  • いまほんとうに必要な生きる知恵を育てる本
    村上勉描き下ろしの、美しいイソップ絵本です!

    イソップ物語には、おもしろくてためになるお話がいっぱいあります。
    短いお話ばかりだから幼児だって充分に聞けます、わかります。小学生にもなれば深い意味がしっかりわかり、「なーるほど」「そうか」と感心し、生きる力をもらいます。そう、本は子どもに生きる力をくれるのです。すばらしいですね。イソップ物語は子どものものだけにしておくのはもったいない。お父さん、お母さん、おじいちゃんにもおばあちゃんにも役にたつお話がいっぱい。はっと気づくことがあります。――劇団天童 主宰 浜島代志子<解説より>

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

季節の絵本