『うめじいのたんじょうび』の読者の声

2005年に講談社絵本新人賞受賞作『おもちのきもち』でデビューをして、またたく間に人気絵本作家となりつつも、2009年に急逝したかがくいひろしさん。
この本は、デビュー以前に講談社絵本新人賞佳作を受賞した作品で、“かがくいひろし絵本”に特有の、あらゆるものへのあたたかい目線があふれています。子どもも大人も笑顔になれる、ゆかいな絵本。読者の皆様の声をご紹介します。


  • うめじいのたんじょうび

    講談社の創作絵本

    今日はうめじいのたんじょうび。ところで、うめじいって、いくつなんだろ? 100さい? 200さい?? 1000さい!? 
    浅漬けきゅうりや、たくあんや、らっきょう漬けや千枚漬けが梅干しのうめじいをかこんで、たんじょうびを祝います。

    かがくいひろし/作

  • うめじいの手がかわいくてお話がおもしろかった

    うめじいの手がかわいくてお話がおもしろかった。
    つけものいしのじっちゃんとうめじいが話をしているところがかわいかった。
    (6歳・女の子)

  • ただただ表紙をみて手にとりました

    ただただ表紙をみて手にとりました。
    著者も内容も知らないままでしたが、かわいらしくやわらかいイラストや内容で、子供(4歳、0歳)より母親の私の方がすきになりました。
    (4歳・男の子のお母さん)

  • 1ページめくるごとにいやされます。

    かがくいひろしさんが大好きで、見つけてすぐに購入しました。
    独特な絵と擬音語の使い方など、1ページめくるごとにいやされます。
    出会えてよかった。
    (10代・女性)

  • かがくいひろしワールド全開で、くすっと笑えて最後にほっこり

    まさかまさか、かがくいさんの新刊が読めるとは!! 刊行してくれてありがとうございます。
    あさづけきゅうりにたくあん、らっきょうにせんまいづけ。かがくいひろしワールド全開で、くすっと笑えて最後にほっこり。読んでてうれしくて、変わらなくて涙があふれてきました。心が疲れてしまった時、この本を読んだら心の底から笑えると思います。
    (30代・女性)

  • ウメ語がおもしろいようでマネっこしています

    かがくいさんのファンで、新刊が出たことがとてもうれしいです。5歳の娘と2歳の息子がよろこんで、毎日保育園に行く前と帰ってきてから、何回も読んでいます。 ウメ語がおもしろいようでマネっこしています。 結局、うめじいは何歳なのか、すごーく気になります!! (30代・女性)

  • うめじいのしわしわ感がおいしそうです

    かがくいひろしさんの独特なタッチが好きで、何冊か絵本を持ってます。 うめじいのしわしわ感がおいしそうです。 (40代・女性)

  • とても楽しかったです

    新刊は、もう出版されないと思っていたので、とても嬉しいです。 うめじいのじいさま感がとてもいいです。 また、元気な若いものたちが車いすを押している絵は、子どもたちにも印象的に残るのではないかと思いますし、優しい心持ちになりました。 (50代・女性)

  • 子ども達にぜひ読んであげたいと思う本です

    かがくいさんの本を出版していただいてありがとうございます。大ファンなのでとってもうれしいです。 登場人物の表情が何より大好きで、話の内容もフォワーンとあたたかさが感じられ、子ども達にぜひ読んであげたいと思う本です。 (50代・女性)

  • かがくいさんに興味を持ち、他の本も読みたくなりました

    ここ数年、うめぼし、らっきょう、ぬか漬けを自分でつけており、タイトルと絵を見て、自分が欲しくて買いました。小中学校で読み聞かせのボランティアもしてますので、新学期に読むのを楽しみにしています。 (50代・女性)

  • 孫に見せるのが楽しみです

    かがくいさんらしい楽しいほのぼのとした絵本だと思います。 オノマトペも楽しいです。 孫に見せるのが楽しみです。 (60代・女性)

  • 若いつけものたちの心づかいがとても微笑ましい

    かがくいひろしさんの作品は、もう新しいものは出版されないと思っていました。 『うめじい』のようなホロリとさせられるお話が出版されたので迷わず購入しました。 若いつけものたちの心づかいがとても微笑ましく、ラストシーンの記念写真をポストカードにしてほしいです。 (50代・女性)

おすすめの絵本

  • パンダ なりきりたいそう

    パンダ なりきりたいそう

    いりやまさとし/作

    「パンダなりきりたいそう はじめ!」
    何かになりきるのって、たのしい!
    さあ、絵本を見ながら、パンダといっしょに、おもいっきり体をうごかそう!

  • くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    講談社/編
    久保田 競/監

    巻頭口絵の100項目のチェックシートにしたがって、すこしずつトレーニングを積んでいきましょう。しぜんと手先が器用になり、脳がきたえられる一冊です。

  • もったいないばあさんかるた

    もったいないばあさんかるた

    真珠 まりこ/著

    生活の中のいろいろな「もったいない」を題材とした読み札・絵札46組。楽しく遊びながら、「もったいない」を感じる心が自然にそだちます。

  • 遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    シゲタ サヤカ/作・絵

    「あつぎで シロコロ 食べてみた」
    「いせはらの とうふのおいしさ つたえたい」
    神奈川県のジモト民ならおなじみのネタや意外な話題が盛りだくさん。横浜、川崎、相模原から三浦半島、湘南、箱根まで、ジモト自慢が満載です。神奈川県の地理を遊びながら学べる、ジモト愛100パーセントのかるた!

  • 決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    あきやま かぜさぶろう/作

    もののかたちをとらえ、○、△、□などかんたんな形をつかって、いろいろな絵が描ける、魔法のメソッドを1日10分でたのしもう!

  • くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    講談社/編
    久保田競・久保田カヨ子/監修

    直線や曲線、ジグザグ、らせんなどの線を書く「運筆」の訓練をつづけると、文字を書くときに、手指をやわららかく 思いどおりに動かせるようになります。 100のトレーニングを積んでいけば、しぜんと「ひらがな」を書けるようになり、脳がきたえられます。

  • どこ? もりの なかの さがしもの

    どこ? もりの なかの さがしもの

    山形 明美/作
    大畑 俊男/撮影

    1冊の本がつれていってくれたのは、不思議なさがしものの森。動物たちの歓迎会、妖精のピクニック、洞窟の先の奇妙な屋敷。さあ、さがして見つけて追いかけて!

季節の絵本