『うめじいのたんじょうび』の読者の声

2005年に講談社絵本新人賞受賞作『おもちのきもち』でデビューをして、またたく間に人気絵本作家となりつつも、2009年に急逝したかがくいひろしさん。
この本は、デビュー以前に講談社絵本新人賞佳作を受賞した作品で、“かがくいひろし絵本”に特有の、あらゆるものへのあたたかい目線があふれています。子どもも大人も笑顔になれる、ゆかいな絵本。読者の皆様の声をご紹介します。


  • うめじいのたんじょうび

    講談社の創作絵本

    今日はうめじいのたんじょうび。ところで、うめじいって、いくつなんだろ? 100さい? 200さい?? 1000さい!? 
    浅漬けきゅうりや、たくあんや、らっきょう漬けや千枚漬けが梅干しのうめじいをかこんで、たんじょうびを祝います。

    かがくいひろし/作

  • うめじいの手がかわいくてお話がおもしろかった

    うめじいの手がかわいくてお話がおもしろかった。
    つけものいしのじっちゃんとうめじいが話をしているところがかわいかった。
    (6歳・女の子)

  • ただただ表紙をみて手にとりました

    ただただ表紙をみて手にとりました。
    著者も内容も知らないままでしたが、かわいらしくやわらかいイラストや内容で、子供(4歳、0歳)より母親の私の方がすきになりました。
    (4歳・男の子のお母さん)

  • 1ページめくるごとにいやされます。

    かがくいひろしさんが大好きで、見つけてすぐに購入しました。
    独特な絵と擬音語の使い方など、1ページめくるごとにいやされます。
    出会えてよかった。
    (10代・女性)

  • かがくいひろしワールド全開で、くすっと笑えて最後にほっこり

    まさかまさか、かがくいさんの新刊が読めるとは!! 刊行してくれてありがとうございます。
    あさづけきゅうりにたくあん、らっきょうにせんまいづけ。かがくいひろしワールド全開で、くすっと笑えて最後にほっこり。読んでてうれしくて、変わらなくて涙があふれてきました。心が疲れてしまった時、この本を読んだら心の底から笑えると思います。
    (30代・女性)

  • ウメ語がおもしろいようでマネっこしています

    かがくいさんのファンで、新刊が出たことがとてもうれしいです。5歳の娘と2歳の息子がよろこんで、毎日保育園に行く前と帰ってきてから、何回も読んでいます。 ウメ語がおもしろいようでマネっこしています。 結局、うめじいは何歳なのか、すごーく気になります!! (30代・女性)

  • うめじいのしわしわ感がおいしそうです

    かがくいひろしさんの独特なタッチが好きで、何冊か絵本を持ってます。 うめじいのしわしわ感がおいしそうです。 (40代・女性)

  • とても楽しかったです

    新刊は、もう出版されないと思っていたので、とても嬉しいです。 うめじいのじいさま感がとてもいいです。 また、元気な若いものたちが車いすを押している絵は、子どもたちにも印象的に残るのではないかと思いますし、優しい心持ちになりました。 (50代・女性)

  • 子ども達にぜひ読んであげたいと思う本です

    かがくいさんの本を出版していただいてありがとうございます。大ファンなのでとってもうれしいです。 登場人物の表情が何より大好きで、話の内容もフォワーンとあたたかさが感じられ、子ども達にぜひ読んであげたいと思う本です。 (50代・女性)

  • かがくいさんに興味を持ち、他の本も読みたくなりました

    ここ数年、うめぼし、らっきょう、ぬか漬けを自分でつけており、タイトルと絵を見て、自分が欲しくて買いました。小中学校で読み聞かせのボランティアもしてますので、新学期に読むのを楽しみにしています。 (50代・女性)

  • 孫に見せるのが楽しみです

    かがくいさんらしい楽しいほのぼのとした絵本だと思います。 オノマトペも楽しいです。 孫に見せるのが楽しみです。 (60代・女性)

  • 若いつけものたちの心づかいがとても微笑ましい

    かがくいひろしさんの作品は、もう新しいものは出版されないと思っていました。 『うめじい』のようなホロリとさせられるお話が出版されたので迷わず購入しました。 若いつけものたちの心づかいがとても微笑ましく、ラストシーンの記念写真をポストカードにしてほしいです。 (50代・女性)

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本