「なんと!ようひんてん」アイデア大募集
受賞者発表!

2019年11月26日~2020年5月25日まで「なんと!ようひんてんアイデア大募集!」が開催されました。多くの方からご応募いただいたアイデアの中から、「優秀賞」の受賞者が決定しました! ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。


優秀賞 3名
賞品 石川基子先生による応募作描き下ろし原画 + サイン入り絵本『ほしじいたけ ほしばあたけ』


■ミーイさん 「からすのくつ」

~てんちょうからのひとこと~
「シンデレラさん、あなたの落としたのは、この靴ですか?」と差し出したのは、「ガラスの靴」ではなくて、「カラスの靴」! 物語が生まれそうなアイデアですう。




■渡辺 真一さん 「くもスク うにわ」

~てんちょうからのひとこと~
ウニの浮き輪が「うにわ」ってダジャレかかっていますが、その観点からいうと「くもスク」ではなく、「マスくも」ではないでしょうか。でも、やっぱり「くもスク」の方がわかりやすいですね。さすがですう。




■なぎさん 「チーターブーツ+チーターしっぽ」

~てんちょうからのひとこと~
これはもう♡わたくしめをかっこよく描いてくださって、ポイントぐーんとアップ! しかも、安定感を考え、しっぽも一緒に売りつける、もとい、ご用意するという配慮。脱帽ですう。




次点
賞品 サイン入り絵本『ほしじいたけ ほしばあたけ』

■おとめざさん 「カラスウェット」

~てんちょうからのひとこと~
ネーミングもクチバシのマスクも、5時になったら帰りますという細かい設定もベリーナイスですう。

このたびは、なんと!ようひんてんの新商品の開発にご協力いただき、まことにありがとうございます。審査は非常に難航いたしましたが、編集部との協議の結果、上記の3点+次点の受賞が決定いたしました。おめでとうございますう!

他にもすばらしいアイデアがいっぱいありました!
「はなゆびわ」「イカツラ」「きのこま」・・・・・・・名前を聞くだけでわくわくいたしますう。「タートルマスク」は、お子さまの好き嫌いに悩むママを救う、ヒット商品になりそう。眠くなったら布団みずから歩いてきてくれる「ふとんくん」は、「なんと!ふとんてん」開業の折には、ぜひともラインナップに加えさせていただきたい。「ぞうせんしゃ」(洗車機の絵がすばらしいですう!)は、「なんと!ガソリンスタンド」オープンの際はぜひ!

大人の方からも渾身のアイデア&イラストをお寄せくださり、感激ですう。
むむむ、これはプロの方々ですね。賞に選ばれて当然の作品!・・・なのですが、当店従業員のイシカワが、こんなにすばらしい絵を新たに描き起こすことなどできないと怖じ気づき、選外ということに。ごめんなさい! 新商品の参考にさせていただきたく存じますう。

みなさま、今後とも「なんと!ようひんてん」をどうぞごひいきに。よろしくお願いいたしますう。

関連書籍

  • ほしじいたけ ほしばあたけ

    石川 基子/作

    タマゴタケやキヌガサダケ……いろいろなきのこが暮らすきのこ村は、いつもにぎやか。そんなみんなから敬愛されているのが、ほしじいたけと、ほしばあたけ。ある日、村の子どもが谷から落ちてしまい、それを聞いたほしじいたけは、体を張って助けようとするのですが……。 個性ゆたかに描かれたきのこたちの魅力も満点の、ユーモアと驚きたっぷりの楽しいお話。 講談社絵本新人賞を受賞した著者デビュー作。

  • ほしじいたけ ほしばあたけ じめじめ谷でききいっぱつ

    石川 基子/作

    きょうもなかよく、ほしばあたけと日向ぼっこしていた、ほしじいたけ。大風が吹いて、カラカラに乾いた体は遠くへ飛ばされてしまいます。降り着いたほしじいたけに、大きな危険がふりかかり……どうする、ほしじいたけ! 個性ゆたかに描かれたきのこたちの魅力が満点の、ユーモアと驚きたっぷりの楽しいお話。 大人気作『ほしじいたけ ほしばあたけ』のシリーズ第二弾。

  • ほしじいたけ ほしばあたけ カエンタケにごようじん

    石川 基子/作

    ほしばあたけと、いつの間にか森ではぐれてしまったほしじいたけは、あやしい歌声を聞きつけます。そこでは真っ赤なきのこたちが宴会をしていました。とらわれの身となったほしじいたけは、光るきのこたちとともに、脱出をくわだてるのですが……。 個性ゆたかに描かれたきのこたちの魅力が満点の、ユーモアたっぷり驚きいっぱいの楽しいお話。 人気シリーズ「ほしじいたけ ほしばあたけ」のシリーズ第三弾。

  • ほしじいたけ ほしばあたけ いざ、せんにんやまへ

    石川 基子/作

    村のこどもたちが病にかかり、ほしじいたけとほしばあたけは、薬作りの名人、きのこせんにんのすむ山へ向かいます。けわしい道のりをへて、たどりついた二人の前で、きのこせんにんは眠り込んでしまい……! 個性ゆたかに描かれたきのこたちの魅力が満点の、ユーモアたっぷり驚きいっぱいの楽しいお話。 人気シリーズ「ほしじいたけ ほしばあたけ」のシリーズ第4弾。

  • なんと!ようひんてん

    石川 基子/作

    おじいさんといっしょに新規開店の洋品店へいってみると、ふしぎな商品がいっぱい。試着室へ案内されると次々に困難がふりかかります。それをきりぬけるには、そうだ、試着だ!  「ほしじいたけ ほしばあたけ」シリーズでおなじみの著者が、講談社絵本新人賞佳作受賞作をもとに全面改稿しました。冒険あり、スリルあり、だじゃれあり、の楽しい絵本です。

おすすめの絵本

  • パンダ なりきりたいそう

    パンダ なりきりたいそう

    いりやまさとし/作

    「パンダなりきりたいそう はじめ!」
    何かになりきるのって、たのしい!
    さあ、絵本を見ながら、パンダといっしょに、おもいっきり体をうごかそう!

  • くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    講談社/編
    久保田 競/監

    巻頭口絵の100項目のチェックシートにしたがって、すこしずつトレーニングを積んでいきましょう。しぜんと手先が器用になり、脳がきたえられる一冊です。

  • もったいないばあさんかるた

    もったいないばあさんかるた

    真珠 まりこ/著

    生活の中のいろいろな「もったいない」を題材とした読み札・絵札46組。楽しく遊びながら、「もったいない」を感じる心が自然にそだちます。

  • 遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    シゲタ サヤカ/作・絵

    「あつぎで シロコロ 食べてみた」
    「いせはらの とうふのおいしさ つたえたい」
    神奈川県のジモト民ならおなじみのネタや意外な話題が盛りだくさん。横浜、川崎、相模原から三浦半島、湘南、箱根まで、ジモト自慢が満載です。神奈川県の地理を遊びながら学べる、ジモト愛100パーセントのかるた!

  • 決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    あきやま かぜさぶろう/作

    もののかたちをとらえ、○、△、□などかんたんな形をつかって、いろいろな絵が描ける、魔法のメソッドを1日10分でたのしもう!

  • くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    講談社/編
    久保田競・久保田カヨ子/監修

    直線や曲線、ジグザグ、らせんなどの線を書く「運筆」の訓練をつづけると、文字を書くときに、手指をやわららかく 思いどおりに動かせるようになります。 100のトレーニングを積んでいけば、しぜんと「ひらがな」を書けるようになり、脳がきたえられます。

  • どこ? もりの なかの さがしもの

    どこ? もりの なかの さがしもの

    山形 明美/作
    大畑 俊男/撮影

    1冊の本がつれていってくれたのは、不思議なさがしものの森。動物たちの歓迎会、妖精のピクニック、洞窟の先の奇妙な屋敷。さあ、さがして見つけて追いかけて!

季節の絵本