「なんと!ようひんてん」アイデア大募集
受賞者発表!

2019年11月26日~2020年5月25日まで「なんと!ようひんてんアイデア大募集!」が開催されました。多くの方からご応募いただいたアイデアの中から、「優秀賞」の受賞者が決定しました! ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。


優秀賞 3名
賞品 石川基子先生による応募作描き下ろし原画 + サイン入り絵本『ほしじいたけ ほしばあたけ』


■ミーイさん 「からすのくつ」

~てんちょうからのひとこと~
「シンデレラさん、あなたの落としたのは、この靴ですか?」と差し出したのは、「ガラスの靴」ではなくて、「カラスの靴」! 物語が生まれそうなアイデアですう。




■渡辺 真一さん 「くもスク うにわ」

~てんちょうからのひとこと~
ウニの浮き輪が「うにわ」ってダジャレかかっていますが、その観点からいうと「くもスク」ではなく、「マスくも」ではないでしょうか。でも、やっぱり「くもスク」の方がわかりやすいですね。さすがですう。




■なぎさん 「チーターブーツ+チーターしっぽ」

~てんちょうからのひとこと~
これはもう♡わたくしめをかっこよく描いてくださって、ポイントぐーんとアップ! しかも、安定感を考え、しっぽも一緒に売りつける、もとい、ご用意するという配慮。脱帽ですう。




次点
賞品 サイン入り絵本『ほしじいたけ ほしばあたけ』

■おとめざさん 「カラスウェット」

~てんちょうからのひとこと~
ネーミングもクチバシのマスクも、5時になったら帰りますという細かい設定もベリーナイスですう。

このたびは、なんと!ようひんてんの新商品の開発にご協力いただき、まことにありがとうございます。審査は非常に難航いたしましたが、編集部との協議の結果、上記の3点+次点の受賞が決定いたしました。おめでとうございますう!

他にもすばらしいアイデアがいっぱいありました!
「はなゆびわ」「イカツラ」「きのこま」・・・・・・・名前を聞くだけでわくわくいたしますう。「タートルマスク」は、お子さまの好き嫌いに悩むママを救う、ヒット商品になりそう。眠くなったら布団みずから歩いてきてくれる「ふとんくん」は、「なんと!ふとんてん」開業の折には、ぜひともラインナップに加えさせていただきたい。「ぞうせんしゃ」(洗車機の絵がすばらしいですう!)は、「なんと!ガソリンスタンド」オープンの際はぜひ!

大人の方からも渾身のアイデア&イラストをお寄せくださり、感激ですう。
むむむ、これはプロの方々ですね。賞に選ばれて当然の作品!・・・なのですが、当店従業員のイシカワが、こんなにすばらしい絵を新たに描き起こすことなどできないと怖じ気づき、選外ということに。ごめんなさい! 新商品の参考にさせていただきたく存じますう。

みなさま、今後とも「なんと!ようひんてん」をどうぞごひいきに。よろしくお願いいたしますう。

関連書籍

  • ほしじいたけ ほしばあたけ

    石川 基子/作

    タマゴタケやキヌガサダケ……いろいろなきのこが暮らすきのこ村は、いつもにぎやか。そんなみんなから敬愛されているのが、ほしじいたけと、ほしばあたけ。ある日、村の子どもが谷から落ちてしまい、それを聞いたほしじいたけは、体を張って助けようとするのですが……。 個性ゆたかに描かれたきのこたちの魅力も満点の、ユーモアと驚きたっぷりの楽しいお話。 講談社絵本新人賞を受賞した著者デビュー作。

  • ほしじいたけ ほしばあたけ じめじめ谷でききいっぱつ

    石川 基子/作

    きょうもなかよく、ほしばあたけと日向ぼっこしていた、ほしじいたけ。大風が吹いて、カラカラに乾いた体は遠くへ飛ばされてしまいます。降り着いたほしじいたけに、大きな危険がふりかかり……どうする、ほしじいたけ! 個性ゆたかに描かれたきのこたちの魅力が満点の、ユーモアと驚きたっぷりの楽しいお話。 大人気作『ほしじいたけ ほしばあたけ』のシリーズ第二弾。

  • ほしじいたけ ほしばあたけ カエンタケにごようじん

    石川 基子/作

    ほしばあたけと、いつの間にか森ではぐれてしまったほしじいたけは、あやしい歌声を聞きつけます。そこでは真っ赤なきのこたちが宴会をしていました。とらわれの身となったほしじいたけは、光るきのこたちとともに、脱出をくわだてるのですが……。 個性ゆたかに描かれたきのこたちの魅力が満点の、ユーモアたっぷり驚きいっぱいの楽しいお話。 人気シリーズ「ほしじいたけ ほしばあたけ」のシリーズ第三弾。

  • ほしじいたけ ほしばあたけ いざ、せんにんやまへ

    石川 基子/作

    村のこどもたちが病にかかり、ほしじいたけとほしばあたけは、薬作りの名人、きのこせんにんのすむ山へ向かいます。けわしい道のりをへて、たどりついた二人の前で、きのこせんにんは眠り込んでしまい……! 個性ゆたかに描かれたきのこたちの魅力が満点の、ユーモアたっぷり驚きいっぱいの楽しいお話。 人気シリーズ「ほしじいたけ ほしばあたけ」のシリーズ第4弾。

  • なんと!ようひんてん

    石川 基子/作

    おじいさんといっしょに新規開店の洋品店へいってみると、ふしぎな商品がいっぱい。試着室へ案内されると次々に困難がふりかかります。それをきりぬけるには、そうだ、試着だ!  「ほしじいたけ ほしばあたけ」シリーズでおなじみの著者が、講談社絵本新人賞佳作受賞作をもとに全面改稿しました。冒険あり、スリルあり、だじゃれあり、の楽しい絵本です。

おすすめの絵本

  • ひみつ ひみつの ひなまつり

    ひみつ ひみつの ひなまつり

    鈴木真実/作

    押し入れの中の箱から出てきたひな人形たちと、えいちゃんの華やかな交流を描きます。親子で楽しむひな祭り絵本。

  • ひなまつりの ちらしずし

    ひなまつりの ちらしずし

    宮野聡子/作

    ひなまつりの日、きみちゃんは、お母さんといっしょにちらしずしを作り、どの材料にも大切な意味がこめられていることを知りました。

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

季節の絵本