「日本子どもの本研究会」第2回作品賞に『ながいながい骨の旅』が選ばれました!

骨をたどることによって、私たちとたくさんの生きもののつながりを見つけなおす旅を描く絵本『ながいながい骨の旅』が読書推進運動などの活動をしている「日本子どもの本研究会」の第2回作品賞に選ばれました! この絵本を監修した群馬県立自然史博物館とともに上毛新聞さんに取材いただいています。ぜひ『ながいながい骨の旅』をお手にとってみてください!

ーー骨を見ると、それぞれの生きものが、それぞれの環境の中で生きぬいてきた秘密や工夫が、
  たくさんみつかります。
  もしも、環境や暮らし方が変われば、骨の形は、これからも、少しずつ変わっていくでしょう。
  骨は、いまも、旅をつづけているのです。(本文抜粋)





上毛新聞サイト記事→ https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/77044

おすすめの絵本

  • ねんねん どっち?

    ねんねん どっち?

    宮野聡子/作

    どっち? という楽しい質問につぎつぎ答えていくうちに、自然に眠りの世界へといざなっていきます。おやすみ前のひととき、「どっちあそび」で親子の豊かな時間をすごしませんか?

  • ねんね

    ねんね

    さこももみ/作

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

  • ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。親子の愛情を感じさせる一冊。手に取りやすいミニサイズの年少版もおすすめです。

  • 0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    前橋明/監修

    おふとんみたいに表紙がふわふわ! しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

  • おやすみなさいの おと

    おやすみなさいの おと

    いりやまさとし/作

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

絵本通信 Facebookページ