おやすみなさいの絵本

「おはなしをひとつ読んだら、おやすみ」
ふとんに入ってから眠るまでのひとときは、親にも子にもとっても幸福な時間です。
なかなかふとんに入りたくないお子さんでも、こんな就寝習慣ができると、眠りにつきやすくなります。

  • しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

    前橋明/監修

  • おやすみなさいの おと

    講談社の創作絵本

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

    いりやまさとし/作

  • ねんね

    講談社の幼児えほん

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

    さこももみ/作

  • こわいものが こないわけ

    講談社の創作絵本

    寝る前に読んだ、こわ~い怪物が出てくる絵本。そんな怪物が本当におうちにやってきたとしたら……?子どもたちの想像力を刺激する、寝かしつけの絵本。

    新井洋行/作

  • とんとんとんのこもりうた

    講談社の創作絵本

    生きた化石といわれるアマミノクロウサギ。そのめずらしい子育てのようすを、いもとようこさんのあたたかい絵と文で描きます。親子で読めば、とんとんとん、というやさしい子守歌のひびきに、心がなごむことでしょう。

    いもとようこ/作

  • おつきさまとあそんだよる

    講談社の創作絵本

    神山ますみ/作

    ゆうぐれどき、みんながかえってしまったこうえんで、だれかがくまのこを、じっとみつめています。いちにちのおわりがあたたかくなるお話です。

  • オレ・ダレ

    講談社の創作絵本

    越野民雄/文
    高畠 純/絵

    夜の闇にうかびあがるシルエット。動物たちが問いかけます。「オレ、ダレだ?」お話し会で読み聞かせたときの、子どもたちの食いつきは抜群。おきまりのフレーズ、「オレ、ダレ?」をいう前から、「キリンー!」「ゾウー!」と答えてくれる子たちがたくさんいました。艶のある黒、マットな黒、鮮やかなイエロー、深みのあるブルー。色にもこだわって仕上げた、美しい夜の絵本です。

  • おつきさまはきっと

    世界の絵本

    ケイト・バンクス/文
    ゲオルク・ハレンスレーベン/絵
    さくまゆみこ/訳

    遠くの森も村も海も山も、それぞれ眠りにつこうとしているようすを、寝るしたくをはじめた女の子に、お月さまがやさしく語りかけます。 ボストングローブ賞を受賞した、読み聞かせにぴったりの傑作絵本。

  • おやすみのキッス

    講談社の翻訳絵本

    カレン・カッツ/作
    石津ちひろ/訳

    ちっちゃなゆびに10回、そーっと。ぱたぱたうごくあしに9回、わらいながら……。 キッスの数を数えていって、最後は「おやすみなさい」。おやすみのキッスのかわりに、ベッドの横で読んであげたい絵本です。

  • ずーっといっしょ

    世界の絵本

    マリアン・クシマノ/文
    市川里美/絵
    森山 京/訳

    ぬいぐるみそのままの、クマの小さな男の子とお父さんの一日が描かれています。なんでも自分でやりたがったり、甘えてみたり、ちょっぴりわがままな男の子に、大きな愛をもって接するお父さん。やさしい気持ちになれる絵本です。続編『ようこそクリスマス』もぜひ読んでみてください。

  • ミシェル・レミュー/作
    森 絵都/訳

    「人生って最初からきめられているものなの?」「愛されなくなるのが、不安……。」「死ぬときがきたら、自分でわかるのかな……。」眠れぬ夜の、とりとめのない気持ちを描きだした、哲学的絵本です。シンプルで確かな言葉は、直木賞作家・森絵都さんの訳によるもの。秋の夜長の、ベッドサイドの常備本にぜひ。

  • アンドレ・ダーハン/作
    きたやまようこ/文

    フランスの絵本作家、アンドレ・ダーハンを日本で広く知らしめた作品です。夜のまんなかで出会った「きみ」と「ぼく」。楽しい語らいに時間を忘れ、やがて夜明けがやってきます。子どもの頃、夜通し起きている、というのは憧れでしたよね。今じゃつらいだけですが……。そんな子ども時代の、夜に対する神秘的、幻想的なイメージが、改めて掻き立てられるのは、やはり、ダーハンの絵の魅力でしょう。読者を夜の世界へいざない、そして大切な人へのメッセージをそっと伝える絵本。秋の夜長の読み聞かせに、そしてプレゼントにも最適です。

母の日・父の日におすすめの絵本

  • おかあちゃんがつくったる

    おかあちゃんがつくったる

    長谷川義史/作

    ぼくが欲しいものは、なんでもミシンで作ってしまうお母ちゃん。でも、ちょっとかっこわるい。ある日ぼくは……。すべての“おかあちゃん”と、その子どもたちへおくる温かい親子の物語。

  • てんごくの おとうちゃん

    てんごくの おとうちゃん

    長谷川義史/作

    天国のおとうちゃん、元気にしてますか。 幼いころに亡くした父との、少ないけれど大切な思い出。人気絵本作家、長谷川義史が描く、温かいユーモアで包み込まれた父と子の交流が、心にしみ渡る一冊です。

  • ずーっといっしょ

    ずーっといっしょ

    マリアン・クシマノ/文
    市川里美/絵
    森山 京/訳

    おおきな父親くまの、おおきな愛情につつまれて、のびのびと遊ぶ小さな子どもくまの一日のお話。何気ない日常のしあわせを気づかせてくれる、パパと一緒に読んでもらいたい絵本です!

あかちゃん絵本