おやすみなさいの絵本

「おはなしをひとつ読んだら、おやすみ」
ふとんに入ってから眠るまでのひとときは、親にも子にもとっても幸福な時間です。
なかなかふとんに入りたくないお子さんでも、こんな就寝習慣ができると、眠りにつきやすくなります。

  • しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

    前橋明/監修

  • おやすみなさいの おと

    講談社の創作絵本

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

    いりやまさとし/作

  • ねんね

    講談社の幼児えほん

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

    さこももみ/作

  • こわいものが こないわけ

    講談社の創作絵本

    寝る前に読んだ、こわ~い怪物が出てくる絵本。そんな怪物が本当におうちにやってきたとしたら……?子どもたちの想像力を刺激する、寝かしつけの絵本。

    新井洋行/作

  • とんとんとんのこもりうた

    講談社の創作絵本

    生きた化石といわれるアマミノクロウサギ。そのめずらしい子育てのようすを、いもとようこさんのあたたかい絵と文で描きます。親子で読めば、とんとんとん、というやさしい子守歌のひびきに、心がなごむことでしょう。

    いもとようこ/作

  • おつきさまとあそんだよる

    講談社の創作絵本

    神山ますみ/作

    ゆうぐれどき、みんながかえってしまったこうえんで、だれかがくまのこを、じっとみつめています。いちにちのおわりがあたたかくなるお話です。

  • オレ・ダレ

    講談社の創作絵本

    越野民雄/文
    高畠 純/絵

    夜の闇にうかびあがるシルエット。動物たちが問いかけます。「オレ、ダレだ?」お話し会で読み聞かせたときの、子どもたちの食いつきは抜群。おきまりのフレーズ、「オレ、ダレ?」をいう前から、「キリンー!」「ゾウー!」と答えてくれる子たちがたくさんいました。艶のある黒、マットな黒、鮮やかなイエロー、深みのあるブルー。色にもこだわって仕上げた、美しい夜の絵本です。

  • おつきさまはきっと

    世界の絵本

    ケイト・バンクス/文
    ゲオルク・ハレンスレーベン/絵
    さくまゆみこ/訳

    遠くの森も村も海も山も、それぞれ眠りにつこうとしているようすを、寝るしたくをはじめた女の子に、お月さまがやさしく語りかけます。 ボストングローブ賞を受賞した、読み聞かせにぴったりの傑作絵本。

  • おやすみのキッス

    講談社の翻訳絵本

    カレン・カッツ/作
    石津ちひろ/訳

    ちっちゃなゆびに10回、そーっと。ぱたぱたうごくあしに9回、わらいながら……。 キッスの数を数えていって、最後は「おやすみなさい」。おやすみのキッスのかわりに、ベッドの横で読んであげたい絵本です。

  • ずーっといっしょ

    世界の絵本

    マリアン・クシマノ/文
    市川里美/絵
    森山 京/訳

    ぬいぐるみそのままの、クマの小さな男の子とお父さんの一日が描かれています。なんでも自分でやりたがったり、甘えてみたり、ちょっぴりわがままな男の子に、大きな愛をもって接するお父さん。やさしい気持ちになれる絵本です。続編『ようこそクリスマス』もぜひ読んでみてください。

  • ミシェル・レミュー/作
    森 絵都/訳

    「人生って最初からきめられているものなの?」「愛されなくなるのが、不安……。」「死ぬときがきたら、自分でわかるのかな……。」眠れぬ夜の、とりとめのない気持ちを描きだした、哲学的絵本です。シンプルで確かな言葉は、直木賞作家・森絵都さんの訳によるもの。秋の夜長の、ベッドサイドの常備本にぜひ。

  • アンドレ・ダーハン/作
    きたやまようこ/文

    フランスの絵本作家、アンドレ・ダーハンを日本で広く知らしめた作品です。夜のまんなかで出会った「きみ」と「ぼく」。楽しい語らいに時間を忘れ、やがて夜明けがやってきます。子どもの頃、夜通し起きている、というのは憧れでしたよね。今じゃつらいだけですが……。そんな子ども時代の、夜に対する神秘的、幻想的なイメージが、改めて掻き立てられるのは、やはり、ダーハンの絵の魅力でしょう。読者を夜の世界へいざない、そして大切な人へのメッセージをそっと伝える絵本。秋の夜長の読み聞かせに、そしてプレゼントにも最適です。

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本