おやすみなさいの絵本

「おはなしをひとつ読んだら、おやすみ」
ふとんに入ってから眠るまでのひとときは、親にも子にもとっても幸福な時間です。
なかなかふとんに入りたくないお子さんでも、こんな就寝習慣ができると、眠りにつきやすくなります。

  • ねんねん どっち?

    講談社の創作絵本

    「もしも、どうぶつがかえるとしたら、いぬとねこ、どーっち?」
    「どびきりたべたいばんごはんは?」
    どっち? という楽しい質問につぎつぎ答えていくうちに、自然に眠りの世界へといざなっていきます。おやすみ前のひととき、「どっちあそび」で親子の豊かな時間をすごしませんか?

    宮野聡子/作

  • ねんね

    講談社の幼児えほん

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

    さこももみ/作

  • 眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。親子の愛情を感じさせる一冊。手に取りやすいミニサイズの年少版もおすすめです。

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

  • ゆうくんの くまパジャマ

    講談社の創作絵本

    ある日、ゆうくんに、素敵な「くまパジャマ」が届きました。さっそく着がえたゆうくんは、「ぼく、くまだぞー」とおおはしゃぎ。ところが、その後、ゆうくんに不思議なことがおこります。心温まる、おやすみ絵本の新定番。

    中谷靖彦/絵
    カザ敬子/作

  • おふとんみたいに表紙がふわふわ! しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

    前橋明/監修

  • おやすみなさいの おと

    講談社の創作絵本

    いりやまさとし/作

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

  • こわいものが こないわけ

    講談社の創作絵本

    新井洋行/作

    寝る前に読んだ、こわ~い怪物が出てくる絵本。そんな怪物が本当におうちにやってきたとしたら……? 子どもたちの想像力を刺激する、寝かしつけの絵本。

  • とんとんとんのこもりうた

    講談社の創作絵本

    いもとようこ/作

    生きた化石といわれるアマミノクロウサギ。そのめずらしい子育てのようすを、いもとようこさんのあたたかい絵と文で描きます。親子で読めば、とんとんとん、というやさしい子守歌のひびきに、心がなごむことでしょう。

  • オレ・ダレ

    講談社の創作絵本

    越野民雄/文
    高畠 純/絵

    夜の闇にうかびあがるシルエット。動物たちが問いかけます。「オレ、ダレだ?」お話し会で読み聞かせたときの、子どもたちの食いつきは抜群。おきまりのフレーズ、「オレ、ダレ?」をいう前から、「キリンー!」「ゾウー!」と答えてくれる子たちがたくさんいました。艶のある黒、マットな黒、鮮やかなイエロー、深みのあるブルー。色にもこだわって仕上げた、美しい夜の絵本です。

  • よねづゆうすけ/作

    猫ののらちゃんは、そろそろねるじかん。 きがえは? トイレは? はみがきは? おやすみ前にぴったりの、とっておき仕掛け絵本。

  • アンドレ・ダーハン/作
    きたやまようこ/文

    フランスの絵本作家、アンドレ・ダーハンを日本で広く知らしめた作品です。夜のまんなかで出会った「きみ」と「ぼく」。楽しい語らいに時間を忘れ、やがて夜明けがやってきます。読者を夜の世界へいざない、そして大切な人へのメッセージをそっと伝える絵本です。

  • ミシェル・レミュー/作
    森 絵都/訳

    「人生って最初からきめられているものなの?」「愛されなくなるのが、不安……。」「死ぬときがきたら、自分でわかるのかな……。」眠れぬ夜の、とりとめのない気持ちを描きだした、哲学的絵本です。シンプルで確かな言葉は、直木賞作家・森絵都さんの訳によるもの。秋の夜長の、ベッドサイドの常備本にぜひ。

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

季節の絵本