のりものの絵本

いつの時代も、のりものは、子どもたちに大人気!! 動いて、音がでて、いろんな仕事をしている自動車、電車、飛行機、船……は、重要なキャラクターとしてたくさんの絵本に登場しています。
DVD付きも増え、親子いっしょに楽しめます。

  • 新幹線500

    のりものアルバム

    「かっこよさ」にこだわった走行写真を数多く紹介しています。「わかりやすさ」をメインに据えた普段のアルバムシリーズでは見られない、思わず息を呑むような広田親子の芸術性の高い写真を、心ゆくまで楽しむことができるのです。  
    また、鉄道ファンにはたまらない、歴代の新幹線すべての写真シールがたくさんついていて、子どもも大人も楽しめる、新たな鉄道写真集です。

    広田泉/写真
    広田尚敬/写真

  • のりもののすべてがこの一冊に! 1000点の写真と60分のDVDがセットになった、究極ののりもの図鑑!

    講談社/編

  • 全国の私鉄特急から、代表的な車両を100点集めた2012年2月刊行の『新訂版 私鉄特急100点』に、鉄道写真の神様・広田尚敬氏が撮り下ろした約60分の鉄道動画が入ったDVDがつきました! 本で紹介されている車両以外にも、同じ路線を走る違う車両が登場したり、同じ車両でも、さまざまな視点から撮影された動画を見ることで違う面白さを発見したりと、続けて見ても飽きない作りになっています。

    広田泉/写真・映像
    広田尚敬/写真
    坂 正博/文・構成

  • 全国で活躍する、さまざまな鉄道車両を一挙に紹介した鉄道写真絵本の決定版! 登場する車両は、新幹線・特急・在来線・路面電車・モノレールなど、多種多彩。子鉄もママ鉄も、もちろん大人の鉄道ファンも必携の鉄道写真集です。 

    広田泉/写真
    広田尚敬/写真
    坂 正博/文・構成

  • 語りかけ絵本 1さいの本 のりもの

    講談社の年齢で選ぶ知育絵本

    のりものの遊びや歌もいっぱい! 親子で楽しむ初めてののりもの図鑑

    今泉岳雄/監修

  • 語りかけ絵本 2さいの本 のりもの

    講談社の年齢で選ぶ知育絵本

    汐見稔幸/監修

    乗り物を見ながら、ちえあそびや、コミュニケーションを!

  • 語りかけ絵本 3さいの本 のりもの

    講談社の年齢で選ぶ知育絵本

    沢井佳子/監修

    電車も車も飛行機も船も! 楽しいのりものを大きな写真とワクワクするイラストで大紹介!

  • 新訂版 飛行機100点

    のりものアルバム

    グループ・コロンブス/文・構成

    大型旅客機や貨物旅客機、ヘリコプターなど、さまざまな飛行機を紹介しています。全日空の整備工場の様子や、空港ではたらく車も紹介するなど、飛行機にまつわる情報を網羅しています。

  • 市瀬義雄(スタジオ シーサイド)/監修

    子どもが大好きな乗り物を、種類別にわけてわかりやすく写真で説明しています。新幹線では、E5系やE6系、人気のドクターイエロー、特急では新型成田エクスプレスやカシオペアなどで、そのほか全国の在来線も紹介。自動車では、ショベルカー・ダンプカーなどの工事車両、はしご車や、スーパーアンビュランスなどの緊急車両や、乗用車などを紹介、また、客船、深海調査船などの船やジェット機、気球、ヘリコプターなど空の乗り物、ソユーズロケットや宇宙船などの宇宙の乗り物もあり、バリエーション豊かなラインナップ。 

  • よねづゆうすけ/作

    つみきで乗り物、何つくる? 四角く積み上げられたカラフルな積み木が、「つみきでのりものなにつくる?」とページをめくると、車やロケットに早変わり! とっても美しい穴あき絵本。

  • コマヤスカン/作

    朝、6時15分。まだ明けきらない新青森駅のホームから新幹線『はやぶさ』にのって、はるかちゃんとお父さんの旅は始まります。これから3つの新幹線を乗りついで、鹿児島のおじいちゃんの家まで行くのです! さて、どんな風景が二人をまっているでしょう。1日のなかで、季節が冬から春へと移ろっていく、こんな美しい国土にわたしたちは住んでいたのだと改めて気付きます。びっしり描き込まれた、建物や山。またこっそりひそんでいる変なものを探すのも楽しい本です。

  • みんな のせて

    講談社の創作絵本

    あべ弘士/作

    北極、アフリカ、地球上のあちこちから動物たちが列車にのってきます。どこへいくのかな? 特急「旭山動物園号」の絵本化です。

  • のぶみ/作

    かんたろうは、お父さんに傘を届けようと、はじめて一人でバスに乗ります。 ところが、そのバスはなぜか、パンの国や、恐竜の駅や、おばけの森へ……。 楽しいよみきかせにぴったりの絵本!

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本