『ブーちゃん』の読者の声

美しい影絵で人々を魅了する、藤城清治さん。
今回は、繊細な線画で描かれた、仔猫のブーちゃんを主役としたこちらの絵本に寄せられた感想をご紹介いたします。

  • 藤城清治が「絵本木馬」に連載していたお話が絵本になりました。
    モノクロの線画に、ほどよく着彩された、「最初に出合った猫を描いた、ぼくの最初の猫の絵だから、ぼくの猫の原点となった絵といってもいいだろう」と語る、著者にとっても思いの深い作品です。

    藤城清治/作

  • 表紙にひとめで釘づけに

    もともと著者の影絵のファンでした。
    書店で偶然見つけ、表紙にひとめで釘づけになり購入しました。
    猫への愛情や慈しみに満ちていて、すばらしくてほんのり哀しくなります。
    表紙が汚れやすそうなのでカバーを付けています。
    ブーちゃんや他の猫を扱った続編があったらぜひ読みたいです。
    (30代・女性)

  • スケッチ風の猫ちゃんの日々の文章が光っている

    子供(赤ちゃん~低学年)に読み聞かせをしています。
    絵本は大好きなので、又、猫好きなので、飛びつきました。
    藤城さんのいつもの影絵の緻密さと違い、
    スケッチ風の猫ちゃんの日々の文章が光っている。
    30才と若い時の作品なので原点なのかな!
    (60代・女性)

  • 仔猫への愛情が感じられてとても素敵な本

    藤城清治さんの影絵が好きで、手に取りました。
    淡々とした内容の中に、仔猫への愛情が感じられて、とても素敵な本だと思いました。
    (30代・女性)

  • 装丁のデザインが好き

    装丁のデザインが好き。
    私も猫と暮らして20余年。
    猫のかわいいしぐさが手にとるようにわかります。
    子ども達と遊ぶ時、家族と関わる姿等、なつかしいです。
    作者の直筆の文も画面の空間の意味をより一層、語りかけてくれています。
    一枚一枚ページをめくる毎にしっとり伝わる紙の感触も心穏やかになります。
    (60代・女性)

  • かわいらしさが余すところなく伝わってきました

    ブーちゃんのイラストのタッチが弱々しいながらも力強くいきいきとしていて、 子ねこのかわいらしさがあますところなく伝わってきました。 途中、飼い主がかわってしまったりと心配しましたがすてきなご夫婦のところに落ち着けてよかったです。 よい子で末永く幸せにと願わずにいられません。 (20代・女性)

  • 本当に可愛い猫です

    本当に可愛い猫です。 途中からこの病気で寝ているお兄さんが作者かなと思って読んでいったら、やっぱりそうでした。 作者に飼われてブーちゃんは幸せだったけど、あの女の子はどうしたのかな? (30代・女性)

  • お人柄が感じられる温かい一冊

    藤城先生のお人柄が感じられる温かい一冊と思います。 (50代・女性)

おすすめの絵本

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

  • おじいちゃんちの たうえ

    おじいちゃんちの たうえ

    作:さこ ももみ

    今日は「田植え」の日! 
    一家総出で行う田植えのようすと、春の田んぼの気持ちよさを描きます。

季節の絵本