『ブーちゃん』の読者の声

美しい影絵で人々を魅了する、藤城清治さん。
今回は、繊細な線画で描かれた、仔猫のブーちゃんを主役としたこちらの絵本に寄せられた感想をご紹介いたします。

  • 藤城清治が「絵本木馬」に連載していたお話が絵本になりました。
    モノクロの線画に、ほどよく着彩された、「最初に出合った猫を描いた、ぼくの最初の猫の絵だから、ぼくの猫の原点となった絵といってもいいだろう」と語る、著者にとっても思いの深い作品です。

    藤城清治/作

  • 表紙にひとめで釘づけに

    もともと著者の影絵のファンでした。
    書店で偶然見つけ、表紙にひとめで釘づけになり購入しました。
    猫への愛情や慈しみに満ちていて、すばらしくてほんのり哀しくなります。
    表紙が汚れやすそうなのでカバーを付けています。
    ブーちゃんや他の猫を扱った続編があったらぜひ読みたいです。
    (30代・女性)

  • スケッチ風の猫ちゃんの日々の文章が光っている

    子供(赤ちゃん~低学年)に読み聞かせをしています。
    絵本は大好きなので、又、猫好きなので、飛びつきました。
    藤城さんのいつもの影絵の緻密さと違い、
    スケッチ風の猫ちゃんの日々の文章が光っている。
    30才と若い時の作品なので原点なのかな!
    (60代・女性)

  • 仔猫への愛情が感じられてとても素敵な本

    藤城清治さんの影絵が好きで、手に取りました。
    淡々とした内容の中に、仔猫への愛情が感じられて、とても素敵な本だと思いました。
    (30代・女性)

  • 装丁のデザインが好き

    装丁のデザインが好き。
    私も猫と暮らして20余年。
    猫のかわいいしぐさが手にとるようにわかります。
    子ども達と遊ぶ時、家族と関わる姿等、なつかしいです。
    作者の直筆の文も画面の空間の意味をより一層、語りかけてくれています。
    一枚一枚ページをめくる毎にしっとり伝わる紙の感触も心穏やかになります。
    (60代・女性)

  • かわいらしさが余すところなく伝わってきました

    ブーちゃんのイラストのタッチが弱々しいながらも力強くいきいきとしていて、 子ねこのかわいらしさがあますところなく伝わってきました。 途中、飼い主がかわってしまったりと心配しましたがすてきなご夫婦のところに落ち着けてよかったです。 よい子で末永く幸せにと願わずにいられません。 (20代・女性)

  • 本当に可愛い猫です

    本当に可愛い猫です。 途中からこの病気で寝ているお兄さんが作者かなと思って読んでいったら、やっぱりそうでした。 作者に飼われてブーちゃんは幸せだったけど、あの女の子はどうしたのかな? (30代・女性)

  • お人柄が感じられる温かい一冊

    藤城先生のお人柄が感じられる温かい一冊と思います。 (50代・女性)

おやすみなさいの絵本

  • ゆうくんの くまパジャマ

    ゆうくんの くまパジャマ

    中谷靖彦/絵
    カザ敬子/作

    ある日、ゆうくんに、素敵な「くまパジャマ」が届きました。さっそく着がえたゆうくんは、「ぼく、くまだぞー」とおおはしゃぎ。ところが、その後、ゆうくんに不思議なことがおこります。心温まる、おやすみ絵本の新定番。

  • ねんねん どっち?

    ねんねん どっち?

    宮野聡子/作

    どっち? という楽しい質問につぎつぎ答えていくうちに、自然に眠りの世界へといざなっていきます。おやすみ前のひととき、「どっちあそび」で親子の豊かな時間をすごしませんか?

  • ねんね

    ねんね

    さこももみ/作

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

  • ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。親子の愛情を感じさせる一冊。手に取りやすいミニサイズの年少版もおすすめです。

  • 0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    前橋明/監修

    おふとんみたいに表紙がふわふわ! しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

  • おやすみなさいの おと

    おやすみなさいの おと

    いりやまさとし/作

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

  • おやすみ のらちゃん

    おやすみ のらちゃん

    よねづゆうすけ/作

    猫ののらちゃんは、そろそろねるじかん。 きがえは? トイレは? はみがきは? おやすみ前にぴったりの、とっておき仕掛け絵本。

あかちゃん絵本