『ブーちゃん』の読者の声

美しい影絵で人々を魅了する、藤城清治さん。
今回は、繊細な線画で描かれた、仔猫のブーちゃんを主役としたこちらの絵本に寄せられた感想をご紹介いたします。

  • 藤城清治が「絵本木馬」に連載していたお話が絵本になりました。
    モノクロの線画に、ほどよく着彩された、「最初に出合った猫を描いた、ぼくの最初の猫の絵だから、ぼくの猫の原点となった絵といってもいいだろう」と語る、著者にとっても思いの深い作品です。

    藤城清治/作

  • 表紙にひとめで釘づけに

    もともと著者の影絵のファンでした。
    書店で偶然見つけ、表紙にひとめで釘づけになり購入しました。
    猫への愛情や慈しみに満ちていて、すばらしくてほんのり哀しくなります。
    表紙が汚れやすそうなのでカバーを付けています。
    ブーちゃんや他の猫を扱った続編があったらぜひ読みたいです。
    (30代・女性)

  • スケッチ風の猫ちゃんの日々の文章が光っている

    子供(赤ちゃん~低学年)に読み聞かせをしています。
    絵本は大好きなので、又、猫好きなので、飛びつきました。
    藤城さんのいつもの影絵の緻密さと違い、
    スケッチ風の猫ちゃんの日々の文章が光っている。
    30才と若い時の作品なので原点なのかな!
    (60代・女性)

  • 仔猫への愛情が感じられてとても素敵な本

    藤城清治さんの影絵が好きで、手に取りました。
    淡々とした内容の中に、仔猫への愛情が感じられて、とても素敵な本だと思いました。
    (30代・女性)

  • 装丁のデザインが好き

    装丁のデザインが好き。
    私も猫と暮らして20余年。
    猫のかわいいしぐさが手にとるようにわかります。
    子ども達と遊ぶ時、家族と関わる姿等、なつかしいです。
    作者の直筆の文も画面の空間の意味をより一層、語りかけてくれています。
    一枚一枚ページをめくる毎にしっとり伝わる紙の感触も心穏やかになります。
    (60代・女性)

  • かわいらしさが余すところなく伝わってきました

    ブーちゃんのイラストのタッチが弱々しいながらも力強くいきいきとしていて、 子ねこのかわいらしさがあますところなく伝わってきました。 途中、飼い主がかわってしまったりと心配しましたがすてきなご夫婦のところに落ち着けてよかったです。 よい子で末永く幸せにと願わずにいられません。 (20代・女性)

  • 本当に可愛い猫です

    本当に可愛い猫です。 途中からこの病気で寝ているお兄さんが作者かなと思って読んでいったら、やっぱりそうでした。 作者に飼われてブーちゃんは幸せだったけど、あの女の子はどうしたのかな? (30代・女性)

  • お人柄が感じられる温かい一冊

    藤城先生のお人柄が感じられる温かい一冊と思います。 (50代・女性)

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本