『ちっちゃいさん』の読者の声

刊行後、ラジオ番組で紹介されるなど、日本でも注目されている『ちっちゃいさん』。
新しい「あかちゃん取扱説明書」とも呼べそうなこの絵本に頂いたご感想を、いくつかご紹介します。

  • ちっちゃいさん

    講談社の創作絵本

    あかちゃんがやってくると、世界がまるごと変わります。その「大事件」を、世界で注目の絵本作家・イソールが、子どもの目線やユーモアをふまえた視点で、ゆかいに、おおらかに表現した絵本です。
    子ども自身が自分の存在を確認するだけでなく、あかちゃんを迎えたばかりのご両親、これからあかちゃんを迎える人たちにも、たくさんの喜びをあたえてくれます。
    読めばかならず、あかちゃん、そして人間存在が愛おしくなる絵本。お誕生日やご出産のプレゼントにもおすすめです。

    イソール/作 
    宇野和美/訳

  • ちっちゃいさんのイラストも大好き

    ちっちゃいさん……この題からして、もう面白そうだと感じました。
    絵本は、小さな子どもたちだけのものではなく、私たち大人が読んでも、大変面白くて心が優しくなります。
    (孫がいたら読んであげたいくらいです。)
    ちっちゃいさんのイラストも大好きです。
    外国の方のユニークな表現がいいですね。
    最後まで、ユーモアたっぷり、楽しんで読ませて頂きました。
    (60代・女性)

  • これからお母さんになる方へのプレゼントにピッタリ!

    赤ちゃんのことが非常にわかりやすく淡々と描かれ、でも、感動的。
    これからお母さんになる方へのプレゼントにピッタリ! と思いました。
    「目」のことを説明しているページが大好きです。
    (40代・女性)

  • 読み終わった後にとても幸せな気持ちになる

    個性的な絵だけれど、赤ちゃんの絵にはとても赤ちゃんらしい可愛さがある。
    泣き声を“サイレン“としたり、“うんち妖精“などの独特の表現が面白かった。
    読み終わった後にとても幸せな気持ちになる。
    何度も読み返している。
    とてもいい絵本だと思う。
    (30代・女性)

  • 発想の転換ができました!!

    淡々と、ユーモラスに、育児へのおどろき、大変さ、そしてすばらしさを表現されていて、とてもステキな本です。
    大変でストレスに感じがちなことも、おもしろおかしく楽しめるように発想の転換ができました!!
    わが家のちっちゃいさんの、かけがえのないはじめの1年、しっかり楽しもうと思います。
    (30代・女性)

  • 「ちっちゃいさん」がやってきてまわりの大人が感じること

    帯のコメントにもありましたが、「ちっちゃいさん」がやってきてまわりの大人が感じることは、外国でも同じなんだなーと再確認できました。 それから、あかちゃんの育ち方は、どこでも同じなんだなと思いました。 (50代・女性)

  • よい本にめぐり会えてよかった

    今年2人目の孫が生まれて、赤ちゃんとは……と考えることが多くなりました。 そんな時に書評にこの本が載っており、おもしろそう……と購入しました。 産んだ娘に見せましたところ、とても気に入って、わたしが書きたかったことを表してくれてる~と、感激しておりました。 よい本にめぐり会えてよかったです。 (50代・女性)

  • 楽しい本でした

    もうすぐ孫が生まれます。 タイムリーに新聞に広告があり購入しました。 この作者の絵本を初めて読みましたがとても楽しい本でした。 購入して良かったです。 (50代・女性)

  • 面白い視線で、かつ優しさに溢れている

    生まれたばかりの赤ん坊を連れてブラジルへ転勤した息子夫婦にプレゼントしたくて買いました。 次、一時帰国したら渡してやります。 面白い視線で、かつ優しさに溢れ、自分の子育てを思い出しました。 (50代・女性)

  • 友人にも勧めたい

    とても面白く、友人にも勧めたいと思います。 (30代・男性)

  • クスクスッと笑いながら読みました。

    購入して良かったです。 クスクスッと笑いながら読みました。 今8か月の娘もちっちゃいさんなんだなぁ……とほっこりしました。 イライラしたり、疲れた時に読みたいと思います。 (20代・女性)

  • たくさんあいしてもらったんだと思いました

    わたしがあかちゃんだったころも、たくさんあいしてもらったんだと思いました。 わたしがじょさんいんでうまれたときの話もパパ、ママ、お姉ちゃんに聞いてみたいです。 (8歳・女の子)

  • 日本での発売を記念して、訳者の宇野和美さんからメッセージを寄せていただきました。

入園・入学の絵本

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    たかてらかよ/文
    鴨下 潤/絵

    お弁当、遠足、運動会にいもほり、クリスマス、雪遊び……楽しい幼稚園での1年間を描く絵本です。入園まえに親子で読んで、幼稚園への期待が高まる1冊。不安がいっぱいだった主人公・あやちゃんが、1年後ひとまわりお姉さんになる姿が印象的です。

  • ようちえんの おひめさま

    ようちえんの おひめさま

    種村有希子/作

    きのみ幼稚園の園庭には、小さな時計台のお城に、お姫さまが住んでいます。9時になると、扉が開いて、出てきてくれるのです。幼稚園の子どもたちは、みんなお姫さまのことが大好き。ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、時計が壊れてしまいました……。

  • せんをたどって がっこうへいこう

    せんをたどって がっこうへいこう

    L.ユンクヴィスト/作
    ふしみみさを/訳

    朝のあいさつをして、教室から理科室へ、図書室へ、音楽室へ。ひるごはんのあとは、校庭であそんで……。学校のいちにちを、せんをたどりながら体験できるこの絵本は、表紙から背表紙まで、すべてがひとふで描きの線でつながっています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作
    田中六大/絵

    新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」。幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

春の絵本