『ちっちゃいさん』の読者の声

刊行後、ラジオ番組で紹介されるなど、日本でも注目されている『ちっちゃいさん』。
新しい「あかちゃん取扱説明書」とも呼べそうなこの絵本に頂いたご感想を、いくつかご紹介します。

  • ちっちゃいさん

    講談社の創作絵本

    あかちゃんがやってくると、世界がまるごと変わります。その「大事件」を、世界で注目の絵本作家・イソールが、子どもの目線やユーモアをふまえた視点で、ゆかいに、おおらかに表現した絵本です。
    子ども自身が自分の存在を確認するだけでなく、あかちゃんを迎えたばかりのご両親、これからあかちゃんを迎える人たちにも、たくさんの喜びをあたえてくれます。
    読めばかならず、あかちゃん、そして人間存在が愛おしくなる絵本。お誕生日やご出産のプレゼントにもおすすめです。

    イソール/作 
    宇野和美/訳

  • ちっちゃいさんのイラストも大好き

    ちっちゃいさん……この題からして、もう面白そうだと感じました。
    絵本は、小さな子どもたちだけのものではなく、私たち大人が読んでも、大変面白くて心が優しくなります。
    (孫がいたら読んであげたいくらいです。)
    ちっちゃいさんのイラストも大好きです。
    外国の方のユニークな表現がいいですね。
    最後まで、ユーモアたっぷり、楽しんで読ませて頂きました。
    (60代・女性)

  • これからお母さんになる方へのプレゼントにピッタリ!

    赤ちゃんのことが非常にわかりやすく淡々と描かれ、でも、感動的。
    これからお母さんになる方へのプレゼントにピッタリ! と思いました。
    「目」のことを説明しているページが大好きです。
    (40代・女性)

  • 読み終わった後にとても幸せな気持ちになる

    個性的な絵だけれど、赤ちゃんの絵にはとても赤ちゃんらしい可愛さがある。
    泣き声を“サイレン“としたり、“うんち妖精“などの独特の表現が面白かった。
    読み終わった後にとても幸せな気持ちになる。
    何度も読み返している。
    とてもいい絵本だと思う。
    (30代・女性)

  • 発想の転換ができました!!

    淡々と、ユーモラスに、育児へのおどろき、大変さ、そしてすばらしさを表現されていて、とてもステキな本です。
    大変でストレスに感じがちなことも、おもしろおかしく楽しめるように発想の転換ができました!!
    わが家のちっちゃいさんの、かけがえのないはじめの1年、しっかり楽しもうと思います。
    (30代・女性)

  • 「ちっちゃいさん」がやってきてまわりの大人が感じること

    帯のコメントにもありましたが、「ちっちゃいさん」がやってきてまわりの大人が感じることは、外国でも同じなんだなーと再確認できました。 それから、あかちゃんの育ち方は、どこでも同じなんだなと思いました。 (50代・女性)

  • よい本にめぐり会えてよかった

    今年2人目の孫が生まれて、赤ちゃんとは……と考えることが多くなりました。 そんな時に書評にこの本が載っており、おもしろそう……と購入しました。 産んだ娘に見せましたところ、とても気に入って、わたしが書きたかったことを表してくれてる~と、感激しておりました。 よい本にめぐり会えてよかったです。 (50代・女性)

  • 楽しい本でした

    もうすぐ孫が生まれます。 タイムリーに新聞に広告があり購入しました。 この作者の絵本を初めて読みましたがとても楽しい本でした。 購入して良かったです。 (50代・女性)

  • 面白い視線で、かつ優しさに溢れている

    生まれたばかりの赤ん坊を連れてブラジルへ転勤した息子夫婦にプレゼントしたくて買いました。 次、一時帰国したら渡してやります。 面白い視線で、かつ優しさに溢れ、自分の子育てを思い出しました。 (50代・女性)

  • 友人にも勧めたい

    とても面白く、友人にも勧めたいと思います。 (30代・男性)

  • クスクスッと笑いながら読みました。

    購入して良かったです。 クスクスッと笑いながら読みました。 今8か月の娘もちっちゃいさんなんだなぁ……とほっこりしました。 イライラしたり、疲れた時に読みたいと思います。 (20代・女性)

  • たくさんあいしてもらったんだと思いました

    わたしがあかちゃんだったころも、たくさんあいしてもらったんだと思いました。 わたしがじょさんいんでうまれたときの話もパパ、ママ、お姉ちゃんに聞いてみたいです。 (8歳・女の子)

  • 日本での発売を記念して、訳者の宇野和美さんからメッセージを寄せていただきました。

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

季節の絵本