『ぬいぐるみの ミュー』の読者の声

いもとようこさんが描き出す、かわいらしくあたたかい絵本。
実際のエピソードをきっかけとして、いもとさんが絵本として作品に仕上げたものです。
たくさんの方に愛されるいもとさんの絵本の中から、今回はこちらの作品に届いたおたよりをご紹介いたします。

  • たいせつにしたいのは…こころ。たったひとつのクマのぬいぐるみをめぐる、心あたたまるものがたり。

    いもとようこ/作

  • これからも素敵な本を待っています

    可愛らしい絵とやさしい気持ち。
    いつまでも孫たちに持っていて欲しい心です。
    これからも素敵な本を待っています。
    (60代・女性)

  • 私の心をとらえて離れません

    まず一番に飛び込んでくるのが、ミューの切ない瞳です。
    まみちゃんに抱かれているときは笑っているように見え、まみちゃんとはぐれて独りぼっちの時はとても悲しく泣いているように見えます。
    ぬいぐるみだから表情は変わらないはずなのに……。
    いもとさんの絵は例えるなら“目は口ほどに物を言う“のように言葉以上の心を語りかけてきます。
    読み終えた後も胸の中に残り私の心をとらえて離れません。
    (40代・女性)

  • 5歳の娘が初めて読んで泣いた本

    うさぎの絵が気に入って娘に買って頂いた本でしたが、5歳の娘が初めて読んで泣いた本です。
    (マッチ売りの少女でも泣かなかった娘ですが……)
    「私も子どもの頃からずっともっているぬいぐるみがあるよ。」と娘に話すと、「見せてほしい。」と言って、それ以来、自分のぬいぐるみとして大事にしています。
    (40代・女性)

  • ステキな絵本をありがとう

    私は、いもとようこさんの絵本が大好きで何冊も持っています。
    娘2人も私の影響で大好きになりました。
    今回買ったのは、表紙の絵がとてもかわいかったから。
    去年亡くなった長女の遺影に向かって、読み聞かせをしてあげました。
    長女も、何年も大事にしているぬいぐるみがあって、これからも、長女のかわりに、私たち家族が大事にしていこうと、ますます思いました。
    ステキな絵本をありがとう。
    (30代・女性)

  • ささやかだけど大事にしてほしい思い

    身近のどこにでもあるなにげないお話だけど、同情でもなく、おしつけでもない。 ささやかだけど大事にしてほしい思いの希望があったかく、心にひびきます。 (50代・女性)

  • ハッピーエンドでよかった

    途中どうなるかと思ったけどハッピーエンドでよかったです。 ぬいぐるみが好きなので、ぬいぐるみのいい話が読めてよかったです。 (50代・女性)

  • ミューの表情が何とも切ない

    最初は書店の絵本コーナーで、絵にひかれて娘に読んで聞かせました。 ミューの表情が何とも切なくて、すっかり気になってしまい、結局購入を決めました。 著者の他の作品も、ぜひ探して読んでみたいと思っています。 (30代・女性)

  • 大事なことを学ぶことができる

    物を大切にすること。 この本で、大事なことを学ぶことができると思います。 (30代・女性)

  • 心があたたかくなる本

    3歳と1歳の孫にと思い書店で手にしたこの本を購入しました。 家に帰り、声を出し読んでみました。 涙が止まりませんでした。 こんなに感動する、心があたたかくなる本を届けてくれてありがとうございます。 孫達がどんな反応をするか今から楽しみです。 (50代・女性)

  • こころの大切さを思い起こす素晴らしい絵本

    私も幼少の頃、ミー子という猫のぬいぐるみを持っていて、この話と重なりました。 残念ながらミー子は私の元に戻って来ず、この絵本を見て思いだし涙が止まりませんでした。 こころの大切さを思い起こす素晴らしい絵本です。 (20代・女性)

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

季節の絵本