『おばあさんの しんぶん』の読者の声

けんぶち絵本の里大賞アルパカ賞にかがやき、
テレビ番組でも取り上げられた感動作『おばあさんの しんぶん』。
既に、戦後の苦しい時代を知る方は少なくなってきていますが、
この絵本の伝えるやさしい思いに、心を揺さぶられた方も多いことでしょう。
今回は、こちらの絵本に届いた感想の一部を、ご紹介いたします。

  • 新聞少年のてっちゃんに新聞を読ませてくれていた老夫婦。
    その、おばあさんが亡くなり、てっちゃんがはじめて知った事実は……。

    松本春野/文・絵
    岩國哲人/原作

  • 本当に内容が充実した本

    新聞の広告で本誌を見ました。
    早速買って読みましたが、私が小学3年生から中学2年迄新聞配達をしていた時の事を思い出し、思わずナミダが出ました。
    本当に内容が充実した本でした。
    私は現在66歳ですが、死んでも墓の中まで持って行きたいと思いました。
    本当に本当にありがとうございました。
    私の宝物です。
    (60代・男性)

  • この本に出会ってよかった

    現代では、なかなか伝えられない戦後の苦しい時代のお話を、今の子供たちによんで欲しいと思いました。
    小学校でよみきかせを月に2回していますが、なかなか高学年向けの絵本がなく、この本に出会えてよかったです。さっそくよみきかせで読みます。
    (40代・女性)

  • よみやすく、わかりやすかった

    よみやすく、わかりやすかった。
    (70代・女性)

  • 思いがけず内容に感動

    地域の小学校で、絵本の読みきかせをしています。
    そのため、書店が目立つ置き方をしている本は気になって手に取ってしまう週間がついており、この本も何気なく手に取り、目を通していたら、思いがけず内容に感動して、ぜひ、子ども達にも読んでやりたいと思い購入しました。
    おばあさんの優しさ、そしてそれに応えて一生懸命勉強して本当にえらい人になられた岩國さんの姿勢に、感動して書店で涙ぐんでしまいました。
    (40代・女性)

  • 感動しました

    人の気持ちの温かさ、家族愛、そのために頑張る力。 感動しました。 (80代・女性)

  • 絵はとてもあったかくて感動した

    絵はとてもあったかくて感動した。 (70代・女性)

  • 心にしっくりと来ました

    今、読み聞かせのボランティアをしています。 高学年用に探していたときに、この絵本に出会いました。 内容はもちろん、この絵本の絵のやわらかさ、色、間合等、すべて心にしっくりと来ました。 さっそく5年生に読んでみます。 (70代・女性)

  • 感動の一言です

    さっそく買いました。 感動の一言です。山陽新聞・地元紙の滴一滴に紹介されていましたので、すぐ手に入れました。 新聞友の会も読んで、泣けたと云う様に書いてありました。 大切にして思い出したら、又よんでみることにします。 素敵な本ありがとうございました。 (70代・女性)

たべものの絵本

  • うどん対ラーメン

    うどん対ラーメン

    田中六大/作

    日本人なら、誰もがなじみのある国民食の「うどん」と「ラーメン」。
    どちらがおいしいのか、ついに決着がつくのか、それともつかないのか!?
    「バカバカしさ」を骨の髄まで追求した、ユーモア絵本です。

  • いもいも ほりほり

    いもいも ほりほり

    西村敏雄/作

    秋の行楽のいちばん人気は、なんといっても、いもほり!
    「あの くも いもに みえるぞ~。」
    ぶたのきょうだいは、はりきっていもほりに出かけます。さあ、どんなおいもが ほれたかな?

  • もったいないばあさんの いただきます

    もったいないばあさんの いただきます

    真珠まりこ/作・絵

    好ききらいをしていたら、もったいないばあさんがやってきた。いろいろな食べ物の役割を、楽しく教えてくれるよ。

  • いただきますの おつきさま

    いただきますの おつきさま

    鈴木真実/作

    ある夜、お月さまが落ちてきた! たいへん、たいへん、とうさぎがみんなを集めて落ちたところに向かうと……。そこには大きな○○○が! あま~いにおいのする○○○につられて、うっかりみんなで食べてしまいました。今夜の月はどうなるの?

  • スープに なりました

    スープに なりました

    彦坂有紀・もりといずみ/作

    にんじんが、スープになりました。ごくん。
    じゃがいもが、とろんとろんのスープになりました。ごくごく。
    親子の食卓が楽しくなる、野菜とスープの、おいしい木版画絵本。

  • まないたに りょうりを あげないこと

    まないたに りょうりを あげないこと

    シゲタサヤカ/作

    「ぼく、このレストランの料理をたべてみたいな~」食いしんぼのまな板に、気のやさしいコックはこっそり料理をあげます。まな板がしゃべる楽しい絵本。

季節の絵本