『おばあさんの しんぶん』の読者の声

けんぶち絵本の里大賞アルパカ賞にかがやき、
テレビ番組でも取り上げられた感動作『おばあさんの しんぶん』。
既に、戦後の苦しい時代を知る方は少なくなってきていますが、
この絵本の伝えるやさしい思いに、心を揺さぶられた方も多いことでしょう。
今回は、こちらの絵本に届いた感想の一部を、ご紹介いたします。

  • 新聞少年のてっちゃんに新聞を読ませてくれていた老夫婦。
    その、おばあさんが亡くなり、てっちゃんがはじめて知った事実は……。

    松本春野/文・絵
    岩國哲人/原作

  • 本当に内容が充実した本

    新聞の広告で本誌を見ました。
    早速買って読みましたが、私が小学3年生から中学2年迄新聞配達をしていた時の事を思い出し、思わずナミダが出ました。
    本当に内容が充実した本でした。
    私は現在66歳ですが、死んでも墓の中まで持って行きたいと思いました。
    本当に本当にありがとうございました。
    私の宝物です。
    (60代・男性)

  • この本に出会ってよかった

    現代では、なかなか伝えられない戦後の苦しい時代のお話を、今の子供たちによんで欲しいと思いました。
    小学校でよみきかせを月に2回していますが、なかなか高学年向けの絵本がなく、この本に出会えてよかったです。さっそくよみきかせで読みます。
    (40代・女性)

  • よみやすく、わかりやすかった

    よみやすく、わかりやすかった。
    (70代・女性)

  • 思いがけず内容に感動

    地域の小学校で、絵本の読みきかせをしています。
    そのため、書店が目立つ置き方をしている本は気になって手に取ってしまう週間がついており、この本も何気なく手に取り、目を通していたら、思いがけず内容に感動して、ぜひ、子ども達にも読んでやりたいと思い購入しました。
    おばあさんの優しさ、そしてそれに応えて一生懸命勉強して本当にえらい人になられた岩國さんの姿勢に、感動して書店で涙ぐんでしまいました。
    (40代・女性)

  • 感動しました

    人の気持ちの温かさ、家族愛、そのために頑張る力。 感動しました。 (80代・女性)

  • 絵はとてもあったかくて感動した

    絵はとてもあったかくて感動した。 (70代・女性)

  • 心にしっくりと来ました

    今、読み聞かせのボランティアをしています。 高学年用に探していたときに、この絵本に出会いました。 内容はもちろん、この絵本の絵のやわらかさ、色、間合等、すべて心にしっくりと来ました。 さっそく5年生に読んでみます。 (70代・女性)

  • 感動の一言です

    さっそく買いました。 感動の一言です。山陽新聞・地元紙の滴一滴に紹介されていましたので、すぐ手に入れました。 新聞友の会も読んで、泣けたと云う様に書いてありました。 大切にして思い出したら、又よんでみることにします。 素敵な本ありがとうございました。 (70代・女性)

クリスマスの絵本

  • ツリーさん

    ツリーさん

    新井洋行/作

    キラキラカバーのクリスマス絵本!「ツリーさん」のもとに、かわいいオーナメントたちがたくさん集まってきた! どんどんにぎやかになり、やがて……。赤ちゃんから楽しめるクリスマス絵本!

  • クリスマスのおかいもの

    クリスマスのおかいもの

    たしろちさと/作

    うさぎのはなちゃんは、お友だちとクリスマスのお買い物に行きます。細部まで描きこまれた商店街の様子が楽しく、クリスマスのわくわくする気持ちが伝わってくる美しい絵本です。巻末に「クリスマスの由来」も掲載。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • イーノとダイジョブのクリスマス サンタさんになったよ

    イーノとダイジョブのクリスマス サンタさんになったよ

    さこももみ/作

    イーノとダイジョブはふたごの兄妹。ふたりはなかよしの森の友だちにプレゼントを届けようと一生懸命になりますが……!?  クリスマスは、「大切な人の幸せを願う日」ということを、子どもたちに楽しくおもしろく伝える絵本です。

  • みまわりこびと

    みまわりこびと

    アストリッド・リンドグレーン/作
    キティ・クローサー/絵
    ふしみみさを/訳

    北欧ではおなじみのこびとはスウェーデンのサンタクロースともいわれる農家を守る妖精。そのこびとについてうたった古い詩をもとに、アストリッド・リンドグレーンが1960年代初頭に書いたお話に、アストリッド・リンドグレーン記念文学賞受賞作家であるキティ・クローザーが絵を添えてできた絵本です。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本